【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

秋田県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 秋田県の交通事故に強い弁護士に相談
  • 1
110件を表示(全10件)
  • 1
110件を表示(全10件)

秋田県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

秋田県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、秋田県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

合川町 琴浜村 八幡平村
秋田市 金浦町 八森町
阿仁町 五城目町 八竜町
飯田川町 山内村 八郎潟町
井川町 昭和町 八峰町
井川村 十文字町 花輪町
稲川町 仙南村 東成瀬村
岩城町 千畑町 東由利町
羽後町 千畑村 東由利村
大内町 仙北市 比内町
大潟村 仙北町 平鹿町
太田町 仙北村 藤里町
大館市 大雄村 二ツ井町
大曲市 鷹巣町 本荘市
大森町 田沢湖町 増田町
男鹿市 田代町 美郷町
雄勝町 大仙市 三種町
尾去沢町 鳥海町 皆瀬村
雄物川町 鳥海村 峰浜村
角館町 天王町 森吉町
潟上市 十和田町 矢島町
鹿角市 中仙町 山本町
神岡町 南外村 雄和町
上小阿仁村 にかほ市 雄和村
河辺町 仁賀保町 湯沢市
象潟町 西木村 由利本荘市
北秋田市 西仙北町 由利町
協和町 西目町 横手市
小坂町 西目村 六郷町
琴丘町 能代市 若美町

秋田県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

秋田県の交通事故センターへの相談件数は東北地方の平均レベル

東北弁護士会連合会(東北弁連)に属する秋田弁護士会では、法律相談の普及に力を入れています。なかでも費用を気にせず利用できる無料の法律相談が県民に活用されていますが、そのうち交通事故に関する相談を専門に受け付ける交通事故センターには2013年に年間114件の相談が寄せられていましたが、2014年度には150件までわずかに増しています。この値は、東北弁連に属する6つの弁護士会のなかでは、青森県弁護士会84件、岩手弁護士会106件、福島県弁護士会135件に次ぐ少なさです。東北弁連内では仙台弁護士の1,297件が最多ですが、ほとんどの県において秋田県の相談件数とあまり差がありません。

秋田県では無料法律相談の件数が増加している

日弁連が発表している「弁護士白書」によると、秋田県における有料の法律相談件数は2013年には年間741件でしたが2014年には年間727件まで減少しています。その一方で、法テラス、弁護士会の法律相談センターなどで実施している無料法律相談の総数はこの間3,520件から3,815件まで増加していました。内容を見ると、日本司法支援センター(法テラス)で実施している無料法律相談の件数が1年で約300件増えていました。これらのことから秋田県においては、無料で法律相談ができるシステムが県民にしっかり活用されつつあると言えるでしょう。

秋田県では無料法律相談を中心に弁護士への需要が高まっていますが、そのニーズに充分に応えるための法曹環境は整っているのでしょうか。「弁護士白書」において秋田県内で活動する弁護士の人数を調べてみました。秋田県の人口1万人当たりの弁護士数は0.73人(2014年時点)と1人を割っているため2014年の時点でも弁護士不足の状態が改善されていないと言えます。同じ東北地方の他県に関しては、宮城県は1.85人と比較的恵まれていますが、それを除けば、福島県0.96人、青森県0.89人、山形県0.83人、岩手県0.79人、などほとんどの県において1人以下となっていました。福島県は東日本大震災の影響もあり、弁護士数が増えつつありますが、秋田県においても県民のニーズに応えることができるよう、弁護士数の増加が期待されています。

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 76人
弁護士法人会員 58法人
外国特別会員 0人

秋田弁護士会では、交通事故に関する法律相談を無料で行っています。面談相談は1回30分で、相談を受ける際は事前予約が必要です。秋田弁護士会018-896-5599まで電話で平日の9:00~17:00の間に予約を入れるか、秋田弁護士会のホームページ上のWeb予約にて予約をすることが出来ます。相談場所は秋田弁護士会館(秋田県秋田市山王6丁目2−7)です。相談日時は毎週水・金曜日の9:30〜12:00となっています。ただし、予約が入っていない場合は、当日でも相談することが可能です。また、有料となりますが、以下の法律相談センターおよび秋田県内各地の法律事務所でも交通事故に関する法律相談をすることが出来ます。予約方法は上記と同じです。相談費用は30分以内で5,000円(税別)です。

名称 相談日時
秋田弁護士会法律相談センター 平日 午後1時から4時
大仙市・大仙市大曲交流センター 毎週火曜日 午後1時~4時
湯沢市・湯沢雄勝広域交流センター 毎週月曜日 午後1時~4時

秋田県の交通事故の加害者・被害者事情

秋田県警察が発表した「平成27年中交通事故発生状況」によると、この年、秋田県内では2,151件の交通事故(人身事故)が発生しています。前年比は-119件です。負傷者数もそれに比例して前年より251人減少しており2,568人となっています。一方、死者数に関しては残念なことに前年から1人増え年間38人でした。死者数38人のうち24人が65歳以上の高齢者で、このように全死者数の半数以上を高齢者が占める状況は平成14年から14年連続となっています。

秋田県では交通事故発生件数および負傷者数は減少していますが、死者数が増加に転じています。過去に遡って交通事故の発生状況をみると、以下の表のとおりとなっています。交通事故の発生件数は順調に減少して来ていますが、死者数は平成24年以降増減を繰り返しています。全体としてみれば減少傾向と言えますが、高齢者の死者数が増えているため、油断はできません。

年度 発生件数 死者数
平成18年 4,720 74
平成19年 4,365 71
平成20年 3,928 61
平成21年 3,710 64
平成22年 3,206 60
平成23年 2,996 57
平成24年 2,830 42
平成25年 2,518 48
平成26年 2,270 37
平成27年 2,151 38

秋田県警察の統計データから県内で発生した交通事故による高齢死者数の推移を調べてみました。平成27年には全体で38人の方が交通事故の犠牲となっていますが、前述のとおりそのうち65歳以上の高齢者が24人というデータがあります。秋田県では交通事故の発生件数は順調に減少していますが、このまま高齢者が犠牲となる重大な交通事故が増えてしまえば、死者数を減少させることが難しくなるでしょう。

年度 全死者数 高齢死者数 構成率
平成18年 74 39 52.7%
平成19年 71 38 53.5%
平成20年 61 31 50.8%
平成21年 64 46 71.9%
平成22年 60 33 55.0%
平成23年 57 30 52.6%
平成24年 42 25 59.5%
平成25年 48 29 60.4%
平成26年 37 30 81.1%
平成27年 38 24 63.2%

このように秋田県では高齢者が犠牲となる事故が多く、平成26年には全死者数の8割以上が65歳以上の高齢者という忌々しき状態となっています。全死者数はこの10年間で半数まで減少していますが、高齢者の死者数はさほど減っていません。この問題を解決しなければ、秋田県の交通事故死者数0(ゼロ)という目標は実現されないでしょう。

秋田県の交通事故 発生状況

秋田県の平成27年中の交通事故発生件数は2,151件で、14年連続で減少しています。一方で死者数は1人増加しているというのが、秋田県の交通事故事情です。死者数38人という値は都道府県別でみれば第42位と非常に低いランクとなっており、東北地方では最少ですが、増減率で調査すると2.7%でワースト21位になります。続いては、秋田県の交通事故発生状況をさらに詳しく調査していきます。

秋田県の交通事故発生状況を詳しく調査

平成27年に秋田県内で発生した交通事故を事故の類型別で調査してみると、車両相互の事故が最多件数で全体の7割以上を占めています。件数としては1,688件で前年より80件以上増加しています。次に多いのは自転車対車両の261件、人対車両の250件となっており、車両単独の事故は70件と比較的少なめです。また、月別死者数を調査すると12月の死者数が圧倒的に多く、9人となっています。前年は3人だったため大きく増加させています。次に多いのは6月と9月の5人です。12月に死亡事故が多いのは、気候的に雪が多く、気温が低いため路面の凍結が起こりやすいことや繁忙期で交通量が多くなることが要因として考えられます。

秋田県の交通事故の発生要因を分類したデータを見ると、前方不注意、安全不確認など漫然運転によるものが最も多くそれぞれ812件、512件となっています。次に多いのは操作不適の175件です。酒酔い、追い越し違反、速度違反など重大な法令違反による事故は比較的少なく、秋田県民は交通ルールを守る意識に関しては高いと言えますが、ちょっとした油断や運転操作ミスによって事故を起こしてしまっているようです。

秋田県の交通事故 発生の背景

秋田県では前方不注意、安全不確認、運転操作ミスなど自動車を運転する際の注意不足、小さな油断などが多くの事故の原因となっています。続いては、秋田県において交通事故が発生する背景を探って行きます。

秋田県の人口は減少し高齢化が進んでいます

秋田県の人口は2016年10月の時点で1,022,839人でした。都道府県別では全国第38位と下位に位置しています。2010年の国勢調査では1,085,878人だったため秋田県の人口は減少傾向となっています。また、ピーク時の昭和60年の1,254,032人と比較すると20万人以上と大幅に減少していることがわかります。減少率は年々大きくなり、それと同時に地域の高齢化が加速しています。年齢別人口分布を見ると、全国平均に比べて40歳以下の人口割合が非常に低く、65歳以上の高齢者の割合が高くなっています。地域別にみても、すべてのエリアで人口が減少しており、秋田県が抱える深刻な問題として捉えられています。

高齢ドライバーによる事故が多発している秋田県

秋田県で発生する交通事故の原因として運転操作ミスというものがありましたが、
その多くは高齢ドライバーによるものと思われます。平成27年に発生した交通事故を年齢別発生状況で分類したデータによると、65歳以上の高齢ドライバーによる事故がもっとも多く、508件となっています。前年は535件だったため減少していることは良いことですが、依然として大きな割合を占めています。一方で、若者人口が少ないこともあり、16歳~30歳までのドライバーが起こす事故件数は比較的少なめです。以下の表は、全事故に占める高齢ドライバーが起こした事故の割合の年別推移です。

年度 全事故数 高齢ドライバー事故の割合
平成16年 5,197 14.2%
平成17年 4,961 14.1%
平成18年 4,720 14.8%
平成19年 4,365 16.0%
平成20年 3,928 18.6%
平成21年 3,710 20.2%
平成22年 3,206 19.1%
平成23年 2,996 19.1%
平成24年 2,830 20.3%
平成25年 2,518 21.2%

秋田県の交通事故の問題点

ここまで、秋田県の交通事故の特徴を詳しく見て来ました。秋田県では高齢化が加速していることもあり、高齢者が加害者・被害者となる事故が多発しています。特に、高齢者が犠牲となる事故が増えていることが秋田県にとって大きな問題と言えます。続いては、秋田県の交通事故の問題点を探っていきます。

秋田県では夜間に歩行者が事故に遭いやすい

秋田県警察の調査によると、県内で過去5年間に夜間に歩行者が自動車に撥ねられて死亡した事故59件のうち94・9%を占める56件において自動車のライトが下向きになっていたことがわかりました。特に日没の早い秋から冬にかけては事故が多発し、ドライバーが早めにライトを点灯し、道路の状況に合わせて上向きと下向きをうまく切り替え、安全に運転することが事故の予防につながります。

秋田県の交通事故問題の背景

秋田県では夜間に歩行者が事故に遭い亡くなるケースが多く、ドライバー側が早めのライト点灯・上向きライトへの切り替えなど歩行者を早めに発見できるよう努める必要があります。高齢者が犠牲となる事故が多発する背景には歩行者事故の多さが考えられます。続いては、交通事故問題の背景を調べて行きます。

歩行者側の交通ルール違反も事故の要因に

秋田県で発生した歩行者が死傷する交通事故のうち、歩行者側に法令違反がある事故における死傷者数を調査しました。平成26年の時点で最も事故要因として死者数が多かった法令違反はその他を合計した6件を除けば直前直後横断、酩酊・徘徊のそれぞれ2件でした。平成27年になると、横断歩道外横断、酩酊・徘徊、信号無視、左側通行などがあります。秋田県では夜間に歩行者が事故に遭い亡くなるケースが多いのですが、歩行者側が交通ルール違反をすることで、死亡事故に巻き込まれるリスクを高めてしまっています。特に、高齢者の場合は横断歩道まで歩くのが億劫でつい目の前の道を横断してしまいがちです。自分では急いで横断できると思っていても、身体機能の低下によって走ってくる車と接触してしまうことも考えられます。面倒でも時間をかけて信号のある横断歩道まで歩くことが自分自身を事故に遭う危険から守ることになるのです。

秋田県は交通事故防止に尽力しています

秋田県では「ストップ!ザ高齢者死亡事故」と題して、高齢者が加害者・被害者となる交通事故の防止に力を注いでいます。高齢ドライバーに対しては、安全確認の徹底、早めのライト点灯と全席シートベルト着用の推進、漫然運転の禁止を呼びかけ、ドライバーの体力などによっては免許の自主返納をすすめています。また、高齢歩行者に対しては、反射材の着用および明るい色の衣類の着用、信号機や横断歩道の利用をすすめるなど、安全に道路を歩行してもらうための交通安全指導を強化しています。運転免許証を自主返納するとバス回数券の割引、県内の全タクシーが1割引で利用できるなど、様々な特典があります。

このように、秋田県では高齢者事故を中心に、交通事故防止のため尽力しています。今後ますます高齢化が加速していくと考えられるため、秋田県民はさらに交通事故防止に努める必要があるでしょう。しかしながら、平和な日常を奪うように交通事故は予期せず起こってしまいます。もしあなたが運転中に交通事故を起してしまったら、また、不幸にも交通事故に巻き込まれてしまったら、秋田県の交通事故に関する実態を理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善の事故処理を行う地域密着型の弁護士のサポートが大切です。交通事故による様々な問題を一人で抱えず、信頼できる弁護士の力を借りて解決しましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所