【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

佐賀県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 佐賀県の交通事故に強い弁護士に相談
  • 1
11件を表示(全1件)
  • 東京・神奈川・埼玉・愛知・大阪・山口・福岡
    • 示談交渉
    • 過失割合
    • 物損事故
    • 死亡事故
    • 後遺障害
    • 土日対応
    弁護士法人サリュ

    事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!

    交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

    料金体系

    【完全後払い対応】
    24万円+賠償金の14%+実費 *初回相談料 無料 *着手金0円

    相談料
    初回無料
    着手金
    0
    報酬金
    回収額から
  • 1
11件を表示(全1件)

佐賀県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

佐賀県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、佐賀県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

芦刈町 北茂安町 七山村
有明町 北波多村 西有田町
有田町 基山町 浜玉町
伊万里市 厳木町 東脊振村
牛津町 久保田町 東与賀町
嬉野市 玄海町 肥前町
嬉野町 江北町 福富町
相知町 佐賀市 富士町
大町町 塩田町 三日月町
小城市 白石町 三田川町
小城町 脊振村 三瀬村
鹿島市 多久市 三根町
上峰町 武雄市 みやき町
上峰村 太良町 諸富町
唐津市 千代田町 山内町
川副町 鎮西町 大和町
神埼市 鳥栖市 吉野ヶ里町
神埼町 中原町 呼子町
北方町 中原村

佐賀県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

減少している佐賀県の交通事故の法律相談件数

九州弁護士会連合会(九弁連)に所属する佐賀県弁護士会では、県民の生活に役立ててもらえるよう無料法律相談に力を入れています。そのうち、交通事故センターにおいて対応している交通事故関連の法律相談の件数を調査すると、2013年度は年間586件でしたが2014年度には574件まで減少しています。この相談件数を九州地方にある8つの弁護士会の実績と比較すると、福岡県1,957件、長崎県108件、大分県97件、熊本県1,171件、鹿児島県991件、宮崎県422件、沖縄県500件となっているため、佐賀県は九州地方の平均的なランクにいることになります。

佐賀県では法テラスを中心に無料法律相談が普及

日弁連による「弁護士白書」のデータを見ると、佐賀県における有料法律相談件数は2013年には年間278件でしたが2014年も年間275件とほとんど変化がありませんでした。一方、無料法律相談の件数をみると、この間で3,426件から3,746件へと増加していました。その内訳をみると、日本司法支援センター(法テラス)が対応している法律相談の件数がもっとも増加しており、弁護士費用の扶助制度がしっかりと活用されていることがわかります。

 

佐賀県では無料法律相談の件数が増加傾向にあり、弁護士へのニーズが高まっていますが、県内で活動する弁護士数は充分なのでしょうか。「弁護士白書」で佐賀県の人口1万人当たりの弁護士数を調べると1.17人という実態でした。九州地方の他県をみると、福岡県2.25人、熊本県1.43人、宮崎県1.16人、鹿児島県1.14人、大分県1.28人、長崎県1.13人となっているため、佐賀県の弁護士数は九州地方のなかでも少ない部類に入っており、現状のままでは、けっして充分な環境と言えないでしょう。

佐賀県の交通事故死者数は全国ワースト33位

佐賀県警察による平成27年中の交通事故発生状況データを見ると、この年の交通事故による死者数は48人となっており、前年の56人から8人の減少となります。この人数を都道府県別で見ると、ワースト33位に位置しています。交通事故(人身事故)の発生件数を調べると、平成26年には8,870件だったものが平成27年になって8,561件まで減少させています。減少件数は309件、増減率は-3.5%です。負傷者数も事故件数の減少に比例して前年を下回っていますが、物損事故の件数を見てみると、平成26年から27年で116件増加し、18,129件発生しています。増加要因としては、車両単独事故の増加があります。

佐賀県弁護士会では交通事故の無料法律相談を実施しています

佐賀県弁護士会では、交通事故に関する法律相談を弁護士会内の専用部署にて実施しています。相談料は30分まで無料です。相談をする際には事前にTEL:0952-24-3411まで電話で予約を入れる必要があります。また、お電話での相談にも無料で対応しています。相談電話は毎週月曜日~金曜日10:00~15:30の時間帯で対応していますが、祝日はお休みです。電話番号は0570-078325です。お電話での相談の場合は予約不要です。お近くの弁護士会の窓口にお電話が繋がります。相談時間は10分程度です。そのほか、有料となりますが、以下の総合法律相談の窓口でも交通事故に関する法律相談が可能です。すべて要予約で、相談申込みの際は最寄りの弁護士会までお電話下さい。佐賀・鳥栖・武雄:TEL0952-24-3411/唐津:TEL0955-73-2985。相談料は約30分間で5,000円(税別)となります。

地区 相談場所
佐賀 佐賀市中の小路7番19号 佐賀県弁護士会館内
鳥栖 各弁護士の事務所
武雄 各弁護士の事務所
唐津 唐津市中町1513-3 牟田ビル1階

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 98人
弁護士法人会員 61法人
外国特別会員 0人

佐賀県の交通事故の加害者・被害者事情

交通事故発生件数の増減を繰り返す佐賀県

佐賀県警察が公表している「平成27年中の交通事故発生状況」を見ると、平成27年の人身事故発生件数は年間8,561件でした。前年比は-309件となるため減少傾向にあると言えます。死者数に関しても減少しており前年比-8人の48人となっています。佐賀県の交通事故発生件数、死者数の年別推移を調査すると以下の表のとおりとなっていました。全国的な傾向としてはこの10年間で半数近くまで交通事故の発生件数を減少させていますが、佐賀県では増減を繰り返し現在に至っています。平成18年の発生件数を指数100とすると、平成27年は96となるため減少傾向にあるとは言えますが、安定して減少し続けているわけではないため依然として油断できない状況です。

年度 事故発生件数 死者数
平成18年 8,932 69
平成19年 8,906 50
平成20年 8,740 68
平成21年 8,548 37
平成22年 9,038 58
平成23年 9,291 49
平成24年 9,090 46
平成25年 9,364 46
平成26年 8,870 56
平成27年 8,561 48

上記のように、佐賀県では交通事故発生件数は減少傾向にあるものの、過去10年間の減少率が低く、わずか4%程度となっています。死者数に関しても表のとおり10年前と比較すれば減少しているものの、何度も増減を繰り返しています。事故の発生件数が減少しているにも関わらず、死者数のみ増加している年があることが注目すべき点です。

佐賀県の人口10万人当たりの交通事故件数は全国ワースト1位

平成27年の交通事故関連の統計データを見ると佐賀県の人口10万人あたりの交通事故発生件数は1,025件となっており、都道府県別でワースト1位に位置しています。ワースト2位は静岡県(877件)、ワースト3位は宮崎県(849件)となっています。この2県のデータでわかるように人口10万人あたりの交通事故発生件数が1,000件を超えているのは佐賀県だけです。さらに、全国ワースト1位が4年連続となっており、交通事故発生件数に関しては佐賀県にとって非常に不名誉な状態が続いています。

佐賀県の交通事故 発生状況

佐賀県の人口10万人当たりの交通事故件数は全国ワースト1位となっており、人口が少ないわりに交通事故による死者数が多い県と言える状況にあります。また、交通事故の件数は減少していますが、その減少率は緩やかで交通事故がなかなか減って行かないことが大きな課題です。

佐賀県では高齢ドライバーの事故率が高い

佐賀県警察による「平成27年交通事故発生状況」を詳しく見ていくと、県内でこの年に発生した8,561件の交通事故(人身事故)のうち、65歳以上の高齢者が第1当事者となる事故は1,685件発生しており、その構成率は19.7%になります。この値は全年齢層のなかでダントツの1位です。また、死亡事故を見て行くと、年間48件発生した事故のうち13件は高齢ドライバーによるもので、構成率は27.1%に上ります。過去5年間の高齢者事故の推移を調べると、以下の表のとおり発生件数、死者数ともに増加しています。

年度 高齢者事故発生件数 死者数
平成23年 2,622 26
平成24年 2,588 30
平成25年 2,736 26
平成26年 2,712 34
平成27年 2,761 32

平成27年は高齢者による事故の発生件数および負傷者数は増加していますが、死者数が減少していることがわずかな救いです。高齢者事故が増える要因としては高齢者人口の増加が大きなものと考えられますが、それに伴い免許を保有する高齢者の人数も増え、この5年間で約3万人増となっています。

佐賀県では若者が関わる交通事故は減少

平成27年に佐賀県で発生した8,561件の交通事故(人身事故)のうち、16歳から24歳までの若者が関係する事故の件数は2,420件でした。5年前の平成23年には2,605件だったため、その差は大きくありませんが減少傾向にあるようです。死者数を見ると、平成23年は年間5人の若者が交通事故で亡くなっていましたが、平成27年には喜ばしいことに0人となっています。その背景としては少子高齢化によって若者人口が減少していることもありますが、安全運転を心がける若いドライバーが増えたこともあるのではないでしょうか。

佐賀県の交通事故 発生の背景

佐賀県では若者が関係する事故が減っている一方で、高齢者が加害者・被害者となる事故が増加しており、佐賀県の交通事故死者数が人口10万人当たりで見て全国ワースト1位となる大きな要因となっています。人口が少ない県であるにも関わらず交通事故による死者が多いということは平和に暮らしていきたい県民にとって大きな不安材料となります。続いては、佐賀県で交通事故が発生する背景について探っていきます。

佐賀県民は車を運転する機会が他県よりも多い

佐賀県には電車やバスなどの公共交通機関が他県に比べて少ないため、自動車や2輪車を運転する機会が多いと言われています。軽自動車の100世帯当たり普及台数は102.2台と平成24年から3年連続全国トップとなっています。当然のことながら、運転する機会が多くなれば交通事故を起こす、または巻き込まれるリスクは高まります。それに加えて、佐賀県民の運転マナーの悪さを指摘するデータもあります。通勤などに車を利用するひとが多くなると、時間を守るためつい思いやりやゆとりのない自分本位の運転をしがちです。そのようなことが交通事故の原因となってしまうことは非常に残念です。

 

交通事故第1当事者の法令違反別発生状況

佐賀県警察による「平成27年中 交通事故発生状況」から第1当事者の法令違反について見て行くと、全事故数8,561件で最も数が多い法令違反は前方不注意の3,112件でした。続いては安全不確認の1,202件、優先通行妨害927件となっています。酒酔い運転、最高速度違反などの悪質な事故原因はかなり少ないのですが、前方不注意など漫然とした運転によって発生する事故の多さが目立ちます。また、優先通行妨害によって交通事故が発生しているということは、ドライバーのマナーの悪さを感じさせます。

佐賀県の交通事故の問題点

ここまで佐賀県で発生する交通事故の特徴を見て来ました。佐賀県が人口10万人当たりの死者数において全国ワースト1位を連続で獲得してしまう背景にはどのような問題点があるのでしょうか。佐賀県警察がまとめた交通事故に関する様々な統計データから、問題点と言えるものを調べて行きます。

佐賀県では圧倒的に追突事故が多い

佐賀県の交通事故を類型別に分析したデータを見ると、平成27年に発生した交通事故では追突事故が圧倒的に多く、全事故8,561件中3,809件となっています。構成率は44.5%と非常に高く、佐賀県の交通事故の半数近くが追突事故なのです。次に多いのは車両相互の出合い頭の事故2,029件です。死者数を見ると、人対車両における死者数が合計23人と最も多いのですが、追突事故で3人、出合い頭の事故で9人亡くなっており、車両相互、車両単独を合わせると25人になります。他県のデータを見ると、人対車両の事故による死者数が多く、特に歩行者が事故に巻き込まれて亡くなるケースが目立つのですが、佐賀県においては車両相互の事故の方が犠牲者の数が多く、特徴的なデータとなっています。

佐賀県の交通事故問題の背景

佐賀県では追突事故が多いことがわかりました。ではなぜ追突事故が発生してしまうのでしょうか。ドライバーが前方をしっかりと見ていれば追突事故は防ぐことが出来ます。車を運転するわたしたちは、ほんのちょっとの油断が原因で死者を出す重大な事故を起こしてしまうことがあるということを忘れてはいけません。

追突事故が発生する原因

佐賀県で交通事故が多発する要因として公共交通機関の少なさがあると言われていますが、追突事故が多くなる原因は何なのでしょうか。県警の調査によると佐賀県では通勤に車を利用する人が多く、また営業車など業務に伴う運転が多いこともあり、運転中に携帯電話を使用するドライバーが増えています。事故原因に前方不注意というものがありましたが、携帯電話で通話やメール、SNSなどをしていては、前の車が渋滞などで停止したことを見逃すことも考えられます。また、仕事で車を運転していると待ち合わせなどに遅刻しないよう焦ってしまいます。そのため、自然と車間距離が近くなってしまい、とっさの時にブレーキが間に合わず、前の車に追突してしまうのではないでしょうか。

佐賀県は交通事故を減らすため努力しています

佐賀県警察では、県内で多発する追突事故をなくすため、「追突事故防止のためのみっつの3運動」を推進しています。1つ目は3秒間の車間距離確保(後続車)です。2つ目は3秒30メートルルールの徹底(先行車)。3つ目は3分前の出発(全車)です。ゆとりのある運転をすることが、追突事故を起こさないために最も大切なことです。また、携帯電話使用等の交通違反の取締りを強化するなど、追突事故につながる法令違反をなくすことで、事故が防止できるよう努力しています。

ここまで様々な観点から佐賀県の交通事故を調べて来ました。県民ひとり一人が交通ルールを守り、絶対に交通事故を起こさない、事故に遭わないよう努力することが大切ですが、交通事故は予期せずわが身に降りかかります。もしあなたが不幸にも事故を起こしたり、事故に巻き込まれてしまったら、佐賀県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善となる事故処理を行う、地域に密着した弁護士のサポートが必要となってきます。交通事故は加害者・被害者いずれにとっても悲しい出来事です。平和な日常を取り戻すためにも交通事故によって発生する問題は自分だけで抱え込まず、信頼できる専門家の力を借りて最善の解決方法を見つけましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所