【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

広島県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 広島県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全99件)
115件を表示(全99件)

広島県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

広島県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、広島県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

安芸太田町 呉市 豊浜町
安芸高田市 黒瀬町 豊平町
安芸町 芸北町 豊松村
安芸津町 甲山町 沼隈町
安佐町 甲田町 沼田町
芦田町 河内町 能美町
五日市町 甲奴町 八本松町
因島市 高陽町 廿日市市
内海町 佐伯町 廿日市町
駅家町 西条町 東野町
江田島市 西城町 東広島市
江田島町 佐伯町 広島市
大朝町 坂町 広島市
大柿町 作木村 比和町
大崎上島町 佐東町 福富町
大崎町 三和町 福山市
大竹市 下蒲刈町 府中市
大野町 庄原市 府中町
沖美町 白木町 船越町
尾道市 志和町 布野村
音戸町 新市町 本郷町
海田町 上下町 御調町
加計町 神石高原町 美土里町
可部町 神石町 三原市
蒲刈町 瀬戸田町 宮島町
加茂町 瀬野川町 三次市
川尻町 世羅町 三良坂町
神辺町 世羅西町 三和町
吉舎町 総領町 向島町
北広島町 高野町 向原町
木江町 高宮町 安浦町
君田村 高屋町 安古市町
協和村 竹原市 八千代町
祇園町 大和町 矢野町
久井町 千代田町 湯来町
口和町 筒賀村 油木町
熊野跡村 東城町 豊町
熊野町 戸河内町 吉田町
倉橋町 豊栄町 吉和村

広島県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

●広島県の交通事故に関する相談件数は中国地方で第1位

中国地方弁連に属する広島弁護士会がまとめた無料法律相談のうち交通事故センターに寄せられた相談件数は、2013年度は年間1,214件、2014年度は1,120件でした。近年、相談件数は減少傾向を見せていますが、この件数の多さは中国地方にある5つの弁護士会のなかで第1位となります。因みに、山口県は585件、島根県は41件です。

広島県では弁護士への法律相談件数が減少しています

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、広島県における有料の法律相談件数は減少しており、2013年に1,829件だったものが2014年には1,709件となっています。また、様々な形態の無料法律相談の件数を調べると、こちらも19,694件から17,958件まで減少している状況です。このように広島県では、有料・無料いずれにおいても法律相談の件数が減少傾向にあります。

広島県では法律相談の件数は減少していますが、人口が全国で12番目に多い県であるため、弁護士へのニーズも高くなっています。「弁護士白書」によると、広島県の人口1万人当たりの弁護士数は1.93人(2014年時点)と比較的充実した環境にあります。しかし、人口規模が近しい京都府の2.66人と比べると劣っています。広島県は県内総生産が増加傾向にあり、平成25年度の実質県内総生産は11兆6,528億円と経済的にとても発展しています。県民の経済活動が盛んであるため、今後さらに弁護士数が増え、県民が安心できる環境を整備することが期待されます。

広島県は交通事故を減らすことに成功しています

広島県警察が発表している平成27年の交通事故発生状況を見ると、交通事故の発生件数、死者数ともに前年を下回っています。特に、死者数に関しては平成26年の117人から95人にまで減少させており、増減率は18.8%となります。全国的に増加している65歳以上の高齢者の交通事故、死亡事故も同様に減少しており、死者数は前年より18人少なくなっています。

ここ10年の推移を見てみても、平成18年から27年の間で交通事故の発生件数を9,808件、46.8%減少させています。このように広島県では交通事故を着実に減らしており、県として交通安全対策に注力していることがわかります。

広島弁護士会では交通事故サポート相談に力を入れています

広島弁護士会では日弁連交通事故相談センターによる交通事故の無料相談を県内5か所の法律相談センターで実施しています。法律相談を受ける場合はあらかじめそれぞれのセンターに予約を入れる必要があります。そのほか、無料の電話相談を実施するなど、交通事故の加害者・被害者の問題解決をサポートしています。電話相談は、毎月10日の13時~16時となっています。

紙屋町法律相談センター 福山法律相談センター
呉法律相談センター 東広島法律相談センター
備北弁護士センター

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 546人
弁護士法人会員 289法人
外国特別会員 0人

広島県の交通事故の加害者・被害者事情

広島県の交通事故による死者数は全国ワースト15位

広島県では交通事故発生件数、死傷者数ともに減少傾向を見せていますが、依然として交通事故の犠牲となった方は年間95人という状況で、全国的にみるとワースト15位に位置しています。同じ中国地方の他県の交通事故死者数は、岡山県87人、山口県64人、鳥取県38人、島根県27人となっています。また、過去5年間の推移を調べると、以下の表のとおり平成24年に一時的に増加したものの平成27年に大きく減少させていることがわかります。

年度 死者数
平成23年 113人
平成24年 125人
平成25年 116人
平成26年 117人
平成27年 95人

人口が集中する広島市では交通事故発生件数が最多

広島県警察がまとめた平成27年交通事故発生状況を見ると、県内で発生した交通事故の件数は11,152件となっており、前年の12,479件から1,327件減少させています。負傷者数は13,865人、死者数は95人で、いずれも前年を下回っています。県内の交通事故の地域別にみると、最も事故が多いのは県庁所在地の広島市で4,513件でした。死者数に関しては22人となっています。続いては福山市2,353件、呉市891件、東広島市817件です。当然と言えますが、人口が集中している地域において交通事故が多く発生しています。また、高速道路上では平成27年に190件の交通事故が発生しており、死者数は7人となっています。

広島県の交通事故の発生件数は全国第14位

広島県では交通事故の発生件数を減少させることに成功していますが、都道府県別では第14位という比較的高いランクにあります(平成26年度)。一方、人口10万人当たりの交通事故死者数は4.1人で、全国平均レベルとなっています。平成18年の時点では県内で年間20,960件もの交通事故が起きていました。犠牲者も165人と非常に多く、大きな社会問題でした。そのため広島県では、交通事故をなくすため官民が一体となって様々な対策を行って来ました。その努力が実り、年々交通事故の件数自体は減少しており、平成27年には平成18年の半数に近い11,152件まで交通事故を減らしています。

広島県の交通事故 発生状況

広島県の交通事故発生件数は平成26年の時点で全国ワースト14位という上位グループに属していました。しかし、平成27年には事故の発生件数、死傷者数ともに前年を大きく下回っており、交通安全対策が確実に効果を上げていると判断できます。また、全国的に増加傾向が顕著な65歳以上の高齢者が関係する交通事故に関しても、広島県では前年より161件減少させることに成功しています。死者数に関しても64人から46人にまで減らしています。同じく、自転車事故に関するデータを見ても、発生件数、死者数ともに減少しており、交通安全に対する県民の日々の努力をうかがわせます。

歩行者が巻き込まれる死亡事故は減少していない

平成27年に発生した交通事故のうち、歩行者の事故発生状況を調べてみました。この年、歩行者が第1当事者、第2当事者となった事故の件数は1,150件でした。前年には1,193件だったため、全事故の件数に比例し減少しています。しかし、歩行中に交通事故に遭い亡くなられた方の人数は35人となっており、前年と変わりません。ここ5年間の推移をみても、事故の件数自体は300件以上減っているのですが、死者数に関しては平成23年の時点で36人だったため、ほとんど変化していないことになります。このことは、歩行者が交通事故に巻き込まれた場合、不幸にも亡くなるケースが多く、リスクの高さをうかがわせます。また、さらに詳しく調べると、時間帯としては18時~20時がもっとも事故が多く、続いて16時~18時の夕暮れ時となっています。このことからわかることは、日が落ちて暗くなりドライバーが歩行者を発見しにくくなったときに事故が発生しやすいということでしょう。

歩行者が交通事故に遭う状況を事故の類型別データから見ると、横断中が最も多く、そのほとんどが歩行者対車の事故です。35人の死者のうち21人が横断中の事故で亡くなられています。また、年齢別では65歳以上の高齢者が多く、特に75歳以上に至っては全死者の約半数を占めています。歩行者が巻き込まれる交通事故において歩行者側の交通ルール違反はほとんどなく、一部に飛び出しや信号無視があるものの1,150件の事故のうち894件は違反なしとなっています。

広島県の交通事故 発生の背景

広島県では交通事故発生件数が全国ワースト14位で、歩行者が巻き込まれる交通事故においては75歳以上の高齢者が多数亡くなられています。また、飲酒運転による事故の件数もけっして少なくはない状況で、これからもより一層交通安全に対する取り組みを強化していく必要があります。

広島県は全国で12番目に県の総人口が多い

福岡県の人口は平成28年4月1日の時点で2,844,963人でした。この値は全国で第12位という上位のランクとなりますが、平成22年には2,860,769人であったため緩やかながら減少傾向にあります。県の人口は都市部への局所集中が顕著で、広島市、福山市を中心に発展しています。また、全国平均に比べて全人口に占める高齢者の割合が高く、65歳以上の人口比率は24.3%となっています。このように高齢化が進んでいる地域であるため、おのずと高齢者が交通事故に遭うリスクが高くなります。

広島県の「自動車保有台数」は全国第12位

2015年の統計データによると、広島県の自動車保有台数は1,880,066台となっており、全国で第12位に位置しています。広島県には自動車メーカーのマツダ株式会社があり、大正9年の創業以来、県民に長く愛されています。県内の自動車保有台数は20年前の1995年には1,564,213台であったため、人口増加に比例して増えている状況です。また、運転免許証の取得者も増加し続けています。高齢者が第1当事者となる交通事故も少なくないため、県では運転免許証の自主返納制度の普及に尽力していますが、なかなか広がっていかない状況のようです。

広島県の交通事故の問題点

ここまで、広島県の交通事故の実態、リスクの高さを詳しく調べて来ました。広島県では県民の努力によって交通事故の件数を減らすことに成功していますが、未だに年間95人も事故の犠牲となっている現実があります。

広島県の高齢者の免許保有率は54.9%

広島県は全国平均よりも全人口に占める高齢者の割合が高く、高齢化が進んでいる地域と言えます。65歳以上の高齢者の免許保有率は全体の54.9%と非常に高く、免許の自主返納制度もさほど浸透していません。平成27年には高齢者が第1当事者となる交通事故が2,295件発生しています。死者数は25人となっており、過去10年をみても交通事故の件数自体は減少傾向にありますが、高齢者の事故の件数、死者数ともに大きく変化していません。高齢者事故を年齢別にみると、件数としては65歳~69歳が最も高いのですが、免許を所持している人と事故発生件数の割合でみると、80歳以上のドライバーが交通事故を起こすリスクが最も高くなります。

広島県の交通事故問題の背景

広島県では高齢者が第1当事者となる交通事故が多数発生しています。県としては交通事故を減らし続けていますが、高齢化が加速していく将来を考えると大きなリスクを抱えていると言えるでしょう。

交通事故の全死者の約半数が65歳以上の高齢者

平成27年に広島県で発生した交通事故によって95人の尊い命が失われています。そのうち、65歳以上の高齢者が占める割合は約半数で、46人となっています。広島県の高齢化率をみると、平成27年には26.6%まで上昇していました。平成12年の時点では18.2%だったため、いかに高齢化が加速しているかがわかります。死者数の推移を調査すると、以下の表のとおり減少はしていますが、年度によっては増加に転じているところもあり、決して楽観視できません。

年度 死者数
平成18年 72人
平成19年 62人
平成20年 50人
平成21年 69人
平成22年 46人
平成23年 58人
平成24年 64人
平成25年 67人
平成26年 64人
平成27年 46人

広島県は交通事故をなくして行くため努力し続けます

広島県は県民の努力によって、経済的な発展、人口の多さのわりに交通事故が多くない地域と言えるまで事故を減らして来ました。しかしながら、高齢化が加速していることもあり、今後に大きな課題を残しています。広島県では交通安全対策の一環として「マイカー乗るまぁデー」を設け、毎月2、12、22日には県民が出来る限り公共交通機関を利用するなど、クルマに依存するライフスタイルを見直すこと、交通渋滞の緩和、交通事故リスクの低下を目指し努力しています。また、歩行者に反射材の着用を薦め、歩行中の事故を防止するなど草の根運動のような活動にも力を入れています。

このように、行政、警察、市民が一体となって交通事故削減のため努力している広島県ですが、不幸にもあなたが事故を起こしてしまったら、また予期せず事故に巻き込まれてしまったら、広島県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善となる事故処理を行うことができる、地域に密着した弁護士のサポートが大切です。交通事故によって生じた問題は一人で抱え込まず、専門家の力を借りて最善の解決方法を見つけましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所