【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

石川県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 石川県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全38件)
115件を表示(全38件)

石川県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

石川県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、石川県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

穴水町 高浜町 能都町
内浦町 高松町 野々市市
内灘町 辰口町 野々市町
宇ノ気町 田鶴浜町 能美市
尾口村 津幡町 羽咋市
押水町 鶴来町 白山市
加賀市 寺井町 宝達志水町
鹿島町 富来町 松任市
金沢市 鳥越村 松任町
かほく市 鳥屋町 美川町
川北町 中島町 門前町
川北村 中能登町 門前町
河内村 七尾市 柳田村
小松市 七塚町 山中町
志雄町 根上町 吉野谷村
志賀町 能登島町 鹿西町
白峰村 能登町 輪島市
珠洲市

石川県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

石川県の交通事故センターへの相談件数は中部地方で最少です

中部弁護士会連合会(中部弁連)に属する金沢弁護士会が県民を対象として行っている無料法律相談のうち、交通事故センターに寄せられた相談件数は、2013年度は年間112件でしたが、2014年度には88件まで減少しています。この数は中部弁連に属する6つの弁護士会のなかで最も少ない件数となります。最も多いのは愛知県弁護士会の1,809件ですが、そのほかの県を見ると、福井県838件、三重県620件、岐阜県426件などとなっているため、金沢弁護士会の交通事故センターに寄せられる相談件数がいかに少ないかがわかります。

石川県では法テラスのシステムが活用されています

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、金沢弁護士会が行う有料法律相談の件数は2013年度には377件でしたが2014年度には250件まで減少しています。また、無料法律相談の総数に関しても5,241件から5,193件へと件数を減らしています。その内訳をみると、弁護士費用の扶助制度がある法テラスに寄せられる相談件数は増加していますが、弁護士会などが実施する無料法律相談に関しては、数値はさほど大きくないものの減少しています。中部弁連に属する弁護士会の傾向をみると、ほとんどの県で法律相談の総件数が増えていますが、有料相談が減り、無料の法律相談が増えているようです。

石川県では法律相談の件数は減少傾向にありますが、県内で活動する弁護士の数を「弁護士白書」から調べると、石川県の2014年時点の人口1万人当たりの弁護士数は1.44人でした。同じ中部地方の他県をみると、愛知県2.39人、福井県1.29人、富山県1.03人、岐阜県0.91人などとなっています。愛知県以外の県と比較すると恵まれているように見えますが、石川県の弁護士数はけっして充分とは言えないでしょう。

金沢弁護士会は法律相談に力を入れています

金沢弁護士会には以下の表のように県内4か所に弁護士による法律相談を行う法律相談センターを設けています。相談料金は30分で5,000円です。相談日時はそれぞれ異なるため、あらかじめ電話で予約を入れましょう。また、交通事故に関する無料相談にも力を入れており、弁護士会では毎週月曜、金曜の午前10時~12時30分まで面接相談を実施しています。予約のための電話番号は以下と同じく076-221-0242です。

名称 場所 日時 電話番号
金沢法律相談センター 金沢弁護士会 毎週月曜から金曜 午後1時~3時30分 076-221-0242
南加賀法律相談センター 小松商工会議所 毎週木曜 午後1時~3時30分 076-221-0242
七尾法律相談センター 七尾パトリア5階フォーラム七尾 毎週木曜 午後1時30分~4時 076-221-0242
能登法律相談センター 穴水町保健センター 毎週木曜 午後1時45分~4時15分 076-221-0242

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 167人
弁護士法人会員 91法人
外国特別会員 0人

石川県の交通事故の加害者・被害者事情

石川県の交通事故は着実に減少しています

石川県警察が発表した「平成27年交通事故発生状況」を見ると、この年県内では3,791件の交通事故(人身事故)が発生していました。前年は4,074件だったため283件の減少となっています。事故件数の減少にともない負傷者数も減り、平成27年には前年比-354人の4,492人でした。死者数に関しても前年から9人減少し、平成27年は46人でした。平成27年に発生した交通事故を事故の類型別で見ると、死亡事故に関しては追突事故がもっとも多く全体の21.7%を占めています。続いては、出合い頭の事故と横断中の事故の15.2%です。車両対車両の事故においては追突事故の件数が抜きん出て多く、3,791件中1,593件となっています。そのほかの事故で死者数が多いのは、車両単独事故の10人で、事故自体は65件と決して多くありませんが、死者数の多さが目立ちます。

石川県の交通事故による死者数を全国的にみると、ワースト36位でした。順位だけで判断すると交通事故死が比較的少ない県のように見えますが、人口が少ないことも順位が低くなる要因の一つです。しかしながら、平成27年の交通事故発生件数は10年連続で減少しており、昭和42年以来48年ぶりに4,000件を下回っています。また、死者数に関しては交通統計を取り始めた昭和31年以降では3番目の少なさです。

高齢者が犠牲となる死亡事故が多発

全国的に高齢者が犠牲となる交通事故が増えていますが、石川県においても地域の高齢化にともない、多くの高齢者が不幸にも事故に遭い亡くなられています。その構成率を調べてみると、全死者数46人のうち71.7%を占める33人が65歳以上の高齢者という結果となっています。一方で15歳以下の子供に関しては年間で1人という状況です。石川県の死亡
事故における高齢者の構成率は、都道府県別で見ると富山県の74.3%に次ぐ全国ワースト2位です。交通事故の発生件数はさほど多くなく、全死者数は全国ワースト36位ですが、高齢者が犠牲となる事故という観点で見れば、石川県の現状はかなり深刻だと言えます。

石川県の交通事故 発生状況

石川県の平成27年度の交通事故発生件数は3,791件で、10年連続で減少していますが、前述のように高齢者が犠牲となる事故が多発しており、残念ながらお年寄りにとって安全な街とは言えません。全国的な傾向ではあるものの、石川県において発生する高齢者事故を減らすことが県民にとって大きな課題です。続いては石川県の交通事故発生状況を詳しく見ていきます。

交通事故発生件数の年別推移

石川県警察がまとめた交通事故発生状況データから年別推移を調査しました。石川県は平成27年の時点で10年連続交通事故を減少させていますが、以下の表のとおり10年前の半数以下まで減少しています。死者数に関してもそれに比例して半数近くまで減っていますが、年度によっては一時的に増加に転じているところもあり、いつまた増加傾向に転じてしまうかわかりません。

年度 発生件数 死者数
平成17年 8,608 75
平成18年 7,948 65
平成19年 7,438 59
平成20年 6,769 56
平成21年 6,320 54
平成22年 6,037 64
平成23年 5,544 44
平成24年 5,156 44
平成25年 4,639 61
平成26年 4,074 55
平成27年 3,791 46

状態別・地域別死傷者数

平成27年に石川県で発生した交通事故を状態別にまとめたデータを見ると、死者、負傷者ともに自動車乗車中が圧倒的な数でした。死者に関しては46人中18人、負傷者は4,492人中3,451人です。死者数に関しては歩行者も同数の18人でしたが、全国的な傾向よりも歩行者の死亡事故が占める割合が少ないようです。しかしながら、歩行者の場合は負傷者の数が少ないわりに死者数は多いので、交通事故に遭った場合に死亡するリスクが高いことがわかります。

金沢、加賀、能登、高速道路の4つに分けた地域別事故状況では、負傷者数は金沢地区が最も多く2,177人となっていますが、死者数に関しては加賀地区が最多の18人でした。続いては能登地区の17人で、金沢地区は10人となっています。この傾向は平成26年度も同じであるため、それぞれの地区特性の影響と判断できます。

石川県の交通事故 発生の背景

石川県は高齢者の交通事故死の多さが全国ワースト2位という状況にあり、これから高齢化がより進んでいくと予測されるなか、非常に大きな問題となっています。交通事故の発生件数は10年連続で減少しており、良い方向に進んでいますが、高齢者事故を防止することが県民にとって重要な課題になります。続いては、石川県で交通事故が発生する背景を調べて行きます。

石川県は金沢エリアに人口が集中

石川県の人口は平成28年4月1日時点で1,154,343人となっており、都道府県別では第34位に位置しています。平成22年の国勢調査では1,170,040人だったため、現在人口は減少傾向にあると言えます。地域ごとの分布においては加賀地区がもっとも多く、全体の8割を超えています。また、人口の推移を地域別に調査すると、金沢市やその周辺地域では5年間で3%程度増加していますが、能登町では10%以上減少し、周辺の市町村も同じように減少傾向を見せています。

石川県の高齢化率は全国平均を超えている

内閣府が発表した平成25年時点の高齢化率は全国平均では25.1%でしたが、石川県は1ポイント程度上回る26.1%でした。隣接する富山県が28.7%、福井県が27%であるため、石川県の高齢化はさほど深刻でないように思われます。しかしながら、これまで調べてきたデータからわかるように石川県では高齢者事故の多さが大きな問題となっています。金沢市は観光産業が発展しているため関連事業などで若い就労者が多く、県外からの転入者が増えているという地域特性があります。そのことにより、県の平均年齢を下げていることも高齢化率が高くない要因として考えられます。

市町別に交通事故の発生状況を調査しました

平成27年度に石川県内で起きた交通事故の発生状況を市町別に見て行きます。交通事故の発生件数が最も多いのは金沢市で、平成27年中に市内で1,855件の交通事故が発生しています。県全体で3,791件のため金沢市の事故件数はその5割近くを占めています。続いて多いのは、白山市の387件、小松市の352件です。ワースト1位の金沢市と2位以下の件数にはこのように大きな開きがあり、石川県で交通事故を減少させるためには、いかにして人口及び交通量の多い金沢市で事故を減らすかにかかっています。

石川県の交通事故の問題点

ここまで、石川県における交通事故の実態を調べて来ました。石川県では高齢者が被害に遭う交通事故が多発しており、金沢市に人口が局所集中していることもあり、交通事故が集中的に発生しています。続いては石川県が抱える交通事故の問題点を探ります。

道路渋滞による追突事故が事故原因で多い石川県

石川県警察では、県内の事故多発地点をホームページで公開していますが、それぞれ事故の状態を見ると、割合として追突事故の多さが目立ちます。県内でもっとも交通事故が多い市町村は金沢市ですが、人口が集中していることもあり交通量が多く、必然的に渋滞が発生することで交通事故が起こりやすくなるようです。また、観光都市であるがゆえ、わき見運転なども多くなっています。また、違法駐車が多いことも渋滞の要因となり、都市部において交通事故が発生しやすい要因となります。

違反別交通事故発生件数

石川県で発生した交通事故の第1当事者の違反状況を調べると、速度超過、信号無視、一時不停止などの交通ルール違反によるものは比較的少なく、安全不確認、前方不注意などの基本的な事故原因が多いことがわかります。この2つの原因だけで全体の半数以上を占めているため、石川県ではドライバーの不注意が事故の大きな原因となっています。速度違反や信号無視などの悪質な違反がない反面、ドライバー自身のちょっとした不注意が事故の原因となっていることは大きな問題と言えるでしょう。

石川県の交通事故問題の背景

石川県では、高齢者事故が多いことと金沢市内で交通事故が集中的に発生していることが大きな問題点です。県の総人口は減少傾向にありますが、金沢市と周辺地域に限っては人口が年々増えている状況です。また、悪質な交通違反が少ないことは良いことですが、ドライバーが普段通りの運転をしていると思っている中、前方不注意などが原因で交通事故が発生しています。

石川県では5人に1人が高齢ドライバーです

石川県では平成27年に46人の方が事故の犠牲となっており、そのうち33人が65歳以上の高齢者でしたが、高齢ドライバーが加害者となった交通事故も多く、死者数は前年より7人増えて19人となっています。また、ドライバーが後期高齢者の交通事故は13人となっており、こちらは前年から9人も増えています。石川県交通企画課のデータによると、平成26年12月末の時点で運転免許を保有している高齢者は県内におよそ169,086人となっているため、全ドライバーのうち5人に1人が高齢ドライバーということになります。

石川県は高齢者向け交通安全対策に尽力しています

石川県では、高齢者事故を減らして行けるよう、県警が中心となって高齢者向けの交通安全対策に力を入れています。また、運転免許更新時には高齢者講習を実施し、運転免許の自主返納制度の普及にも力を注いでいます。平成29年3月12日には改正道路交通法が施行され、高齢運転者対策として臨時認知機能検査、臨時高齢者講習の新設。認知症の恐れがあると判断された場合には医師の診断書の提出が必要。更新時の高齢者講習が認知機能検査結果から区分されるなど、高齢ドライバーへの安全対策が強化されます。石川県においても高齢者向け交通安全対策をさらに強化する計画が進んでいます。

このように、石川県では交通事故を減少させるための対策を強化し、高齢者をはじめとするすべての県民が安心して生活できる環境づくりに尽力しています。しかしながら、もし不幸にもあなたが交通事故を起してしまったら、予期せず交通事故に巻き込まれてしまったら、石川県の交通事故事情を正しく理解し、加害者・被害者いずれにおいても最善の事故処理を行ってくれる地域密着型の弁護士のサポートが必要となってきます。交通事故によって発生する様々な問題をけっして一人で抱え込まず、経験豊富で信頼できる弁護士とともに解決しましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所