【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

鳥取県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 鳥取県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全60件)
115件を表示(全60件)

鳥取県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

鳥取県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、鳥取県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

会見町 関金町 日野町
青谷町 大栄町 福部村
赤碕町 大山町 船岡町
岩美町 智頭町 伯耆町
河原町 東郷町 北条町
岸本町 東伯町 北栄町
倉吉市 鳥取市 三朝町
気高町 泊村 溝口町
江府町 中山町 溝口町
郡家町 名和町 用瀬町
国府町 南部町 八頭町
琴浦町 日南町 湯梨浜町
西伯町 八東町 淀江町
境港市 羽合町 米子市
佐治村 日吉津村 若桜町
鹿野町

鳥取県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

鳥取県の交通事故に関する相談件数は全国で7番目に少ない

中国地方弁護士会連合会(中国地方弁連)に属する鳥取県弁護士会では、県民の生活に役立つことができるよう無料法律相談に力を入れています。法テラス、弁護士会など様々な無料法律相談窓口のなかで交通事故に関する相談は主に交通事故センターが対応していますが、相談件数の推移を見ると、2013年度は年間74件でしたが、2014年度には94件まで増加していました。中国地方の他県をみると、広島県は1,120件、岡山県は1,401件、島根県は30件、山口県は621件となっています。島根県の30件は全国で最少件数となりますが、鳥取県の94件も前年より増加したとはいえ7番目に少ない件数となっています。

減少している鳥取県の無料法律相談件数

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、鳥取県における有料の法律相談件数は2013年には290件でしたが、2014年も291件とほとんど変わらない件数でした。その一方で無料法律相談の件数は2,105件から2,288件まで増加しています。内訳をみると、前述のとおり交通事故センターへの無料法律相談が増えているほか、日本司法支援センター(法テラス)における無料法律相談の件数が182件増と大きく伸びていました。

鳥取県では無料法律相談の件数が増加傾向にあり、県民からのニーズは高まっていますが、県内ではどのくらいの数の弁護士が活動しているのでしょうか。また、環境としてに充分と言えるのでしょうか。そこで、鳥取県の人口10万人あたりの弁護士数を調べてみました。「弁護士白書」のデータによると、鳥取県民1万人当たりの弁護士数は1.17人(2014年時点)となっていました。同じ中国地方の他県をみると広島県1.93人、山口県1.09人、岡山県1.91人などとなっているため、鳥取県の弁護士数は現段階では充分でないと言えます。

鳥取県の交通事故死者数増加率は全国ワースト10位

山口県警察がホームページ上で公開している「交通年鑑 平成27年版」においてこの年の交通事故発生状況を見ると、交通事故の発生件数は11年連続で減少し、1,053件となっていました。前年は1,168件だったため-115件となります。負傷者数も同じく11年連続で減少させていました。しかし、残念なことに死者数に関しては2年連続で増加し、平成27年には年間38人の方が交通事故で亡くなられています。鳥取県は人口が少ないこともあり、交通事故の発生件数は少ない方ですが、死者数が増加傾向となっていることは大きな問題です。都道府県別で見ると鳥取県の交通事故による死者数38人は6番目に少ない人数となりますが、増加率で見ればワースト10位という状況です。

鳥取県弁護士会では県内3か所に法律相談センターを設けています

鳥取県弁護士会は、県民の法律に関するお悩み相談の窓口として県内3か所に常設の法律相談センターを設けています。相談料は30分で5,000円(税別)ですが、交通事故に関する相談は内容によっては無料で受けることが出来ます。法律相談はすべて予約制となっているためぞれぞれのセンターの予約電話に電話してください。予約受付時間は平日午前9時~午後5時までとなっています。

窓口 住所 電話番号
法律相談センター鳥取 鳥取市東町2-221 0857-22-3912
法律相談センター倉吉 倉吉市葵町724番地15 0858-24-0515
法律相談センター米子 米子市西福原2-1-10 0859-23-5710

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 67人
弁護士法人会員 34法人
外国特別会員 0人

鳥取県の交通事故の加害者・被害者事情

鳥取県の交通事故による死者数は増加傾向

鳥取県では交通事故発生件数、負傷者数は11年連続で減少していますが、死者数に関しては平成26年、平成27年と2年連続で増加している状況です。年間38人という死者数を全国的にみればワースト42位と下位に位置していますが、増加傾向にあることは鳥取県民にとって大きな問題です。鳥取県における交通事故による死者数の推移を調査すると、以下の表のとおり何度も増減を繰り返していることがわかります。

年度 死者数
平成18年 39人
平成19年 34人
平成20年 30人
平成21年 37人
平成22年 42人
平成23年 26人
平成24年 30人
平成25年 25人
平成26年 34人
平成27年 38人

鳥取県内では鳥取市で死亡事故が多発している

鳥取県では平成27年に1,053件の人身事故が発生しており、県全体では38人の方が犠牲となっています。死者数が最も多い市町村は鳥取市の12人でした。鳥取市は人口が192,507人と県内最多のためそれに比例して事故の発生件数は多くなると思われますが、人口が2番目に多い米子市(147,677人)の交通事故死者数は4人であるため、鳥取市の死者数の多さが抜きんでていることになります。ただし、人口10万人当たりの死者数で見れば鳥取市は0.6人と少なく、最もその値が大きいのは人口3,388人の日野町(死者数2人)で、人口10万人あたり6人の方が事故で亡くなるという計算になります。

鳥取県の高齢者の交通事故犠牲者は年間21人

鳥取県の交通事故による死者数を年代別に集計したデータを見ると、全死者数38人のうち21人が65歳以上の高齢者でした。次に多い年代は50代の6人で、続いて中学生以下の子供の3人です。負傷者数で見れば、65歳以上の高齢者と20代、30代、20代はほとんど差がないのですが、死者数に関しては高齢者が抜きん出ています。このことでわかるのは、高齢者が事故に遭うと死亡する確率が高いということでしょう。

鳥取県の交通事故 発生状況

鳥取県の交通事故発生件数は11年連続で減少し、負傷者数も同様となっていますが、死者数に関しては前年より4人増加し、人口10万人当たりの死者数に関してはここ数年全国ワースト5位以内で推移しています。また、交通事故による死者数を減少させる都道府県が多い中、鳥取県は10年前の平成18年の死者数39人とほとんど変わらない状態です。続いては、鳥取県内で発生する交通事故の詳細なデータを見ていきます。

薄暮時間帯に重大な交通事故が多発

平成27年に県内で発生した人身事故・死亡事故を時間帯別でまとめたデータをみると、1日のなかで最も死者数が多いのは、8人の死者を出した16時から18時の薄暮時間帯でした。続いては10時から12時の5人です。通勤ラッシュの時間帯というよりも営業車が活発に活動している時間帯と言え、反対に、朝6時から8時、18時から20時などの通勤時間帯には人身事故は多数発生していますが、死亡事故となる重大なもの少ないようです。薄暮の時間帯は歩行者を認識しにくい状況となるため、ドライバーが歩行者を発見した時には回避できないということが事故原因として考えられます。

事故類型別発生状況

「交通年鑑」から県内の交通事故発生状況を事故の類型別にまとめたデータを見ると、最も多いのは車両相互の事故でした。その内訳は、正面衝突が49件、追突が397件、出合頭が266件、右左折時が102件、その他が78件です。人対車両の事故においては、横断中が最も多く77件となっており、次がその他で対面背面通行中が19件です。車両単独事故を見ると、工作物への衝突が多く28件発生しています。残りはその他の14件です。

状態別死傷者数

状態別の死傷者数を調べると、死者においては自動車運転中が最も多く、全体の42.1%を占めています。続いては、歩行者の28.9%、自動車同乗中の18.4%、自転車の10.5%となっています。負傷者に関しては、死者のデータと同様に自動車運転中が最多で全体の57.8%という高い割合を示しています。続いて、自動車同乗中の18.8%です。これらのデータからわかることは、鳥取県では歩行者が犠牲となる事故よりも自動車運転中、同乗中の方が亡くなる死亡事故が多いということでしょう。

鳥取県の交通事故 発生の背景

鳥取県は人口が少ないこともあり、年間の交通事故発生件数は1,000件余りと少なめですが、死者数が増加傾向となっており、10年前の状況からほとんど改善されていません。特に、高齢者が犠牲となる重大な事故が増えており、今後も死者数を増加させる気配を感じさせます。続いては、鳥取県で交通事故が発生する背景を調査して行きます。

鳥取県の高齢化率は全国平均を大きく上回っている

鳥取県の人口は平成28年10月10日の時点で573,648人となっており、全国で最少です。同じ中国地方の広島県が2,844,963人と比較するとその少なさがわかるでしょう。内閣府による「平成26年版高齢社会白書(概要版)」を見ると、鳥取県の高齢化率は28.2%でした。全国平均が25.1%のため、鳥取県は高齢化が進んでいることがわかります。未来予想として平成52年には38.2%になると予測されているため、今後さらに高齢化が加速していくと思われます。

鳥取県全体では人口が大きく減少

鳥取県は全都道府県のうち最も人口が少なく、また、全国のすべての政令指定都市と比較しても人口が少ない県です。平成22年の国勢調査で588,418人と35年ぶりに60万人を下回ってからは減少傾向が著しくなり、ごく一部の地域を除いては5年間で約5%程度減少しています。その特徴は沿岸部よりも内陸部の方が顕著で、市町村によっては5年間で10%以上も人口が減っています。人口の減少とともに鳥取市、米子市など都市部に人口が集中する傾向が表れ、それに比例してこれらの地域で交通事故が多発するようです。

鳥取県の交通事故の問題点

ここまで、鳥取県の交通事故発生状況を詳しく見て来ました。鳥取県では交通事故の発生件数は11年連続で減少していますが、死者数は増加に転じており、特に65歳以上の高齢者が犠牲となる死亡事故が増えて来ています。

多発する高齢者交通事故の実態

平成27年に鳥取県内で発生した交通事故によって21人の高齢者が犠牲となっていますが、全死者に占める高齢者の構成率は55.3%と非常に高い値です。また、高齢者が第1当事者となった事故は前年より9件増加しており、高齢者の免許人口は年々増加し平成18年の約1.5倍に至っていることもあり、今後さらに増えていくと考えられます。高齢者事故に関するデータを年別にまとめると以下の表のとおりとなっており、高齢者が犠牲となる事故が多いことが県全体の交通事故死者数を減らすことが出来ない原因と考えられます。

年度 死者数 高齢者免許人口
平成18年 21 58,491
平成19年 22 61,063
平成20年 16 64,029
平成21年 23 66,881
平成22年 19 68,218
平成23年 18 69,711
平成24年 16 74,822
平成25年 11 80,882
平成26年 20 86,272
平成27年 21 90,002

鳥取県の交通事故問題の背景

鳥取県では高齢者が加害者・被害者となる交通事故が多発しています。交通事故の発生件数は減少し続けていますが、高齢化が加速すると予想されているため今後さらに高齢者が関係する事故が増えていくと考えられます。

歩行中に事故に遭い亡くなる高齢者が多い

鳥取県で65歳以上の高齢者が加害者・被害者となる交通事故が増えていることはこれまで見てきてわかることですが、なぜ死者数が多くなるのでしょうか。その原因を探っていくと、1つの特徴がわかりました。高齢者の死者数21人を事故の際の状態別で見てみると、最も死者数が多いのは9人の歩行者でした。その割合は全体の42.9%を占めています。次の多いのが自動車運転中の7人です。高齢者がなぜ歩行中に事故に遭いやすいかというと、信号のある横断歩道を渡らず、億劫だからと目の前の道を横断してしまいがちで、歩く速度も思ったよりゆっくりであることから、自動車のドライバーがブレーキを踏んだ時には間に合わないというケースが多いからでしょう。また、歩行者側の交通ルール違反も意外と多く、車の直前直後横断や信号無視なども一部には見受けられます。

鳥取県は交通事故を減少させるため努力しています

鳥取県の平成27年度の交通事故発生件数は1,053件と全国平均に比べればかなり少ない件数ですが、死者数が増加に転じるなど不安材料もいくつかあります。歩行者事故、高齢者事故などを減少させるため、鳥取県警察では様々な交通安全対策を実施しています。歩行者事故を減少させるため「ハイビーム使用キャンペーン」を実施し、対向車や先行車がいない場合は積極的にハイビームを使用し、横断中の歩行者がいち早く発見できるよう役立てることを薦めています。ハイビームは100m先まで照らすことができるため、歩行者や障害物等の早期発見が可能になり、同時に相手方にいち早く車の存在を認識させることができるというメリットがあります。また、高齢者の死亡事故が多発しているため、高齢者の交通安全意識を高めることを目的とした交通安全標語「あごちくわ」を作成しました。「あ」は明るい服装、「ご」はご近所みんなで交通安全、「ち」は近くでも危険がいっぱい、「く」は車の運転はゆとりを持って、「わ」は渡るときはしっかり確認です。

このように、わかりやすく、馴染みやすい方法で交通安全対策を進めている鳥取県ですが、交通事故は予期せず起こります。いつあなたが加害者・被害者になるかわかりません。もし、不幸にもあなたが事故を起こしてしまったら、また予期せず事故に遭ってしまったら、鳥取県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善の事故処理を行うことができる地域密着型の弁護士のサポートが重要となってきます。交通事故によって生じた様々な問題を一人で抱え込まず、信頼できる専門家の力を借りて解決していきましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所