【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

宮城県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 宮城県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全75件)
115件を表示(全75件)

宮城県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

宮城県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、宮城県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

秋保町 栗原市 中田町
石越町 気仙沼市 中新田町
石巻市 小牛田町 名取市
泉市 三本木町 鳴子町
泉町 蔵王町 鳴瀬町
一迫町 塩竈市 南郷町
岩出山町 色麻町 迫町
岩沼市 色麻村 花山村
岩沼町 七ヶ宿町 東松島市
鶯沢町 七ヶ浜町 古川市
歌津町 志津川町 松島町
大河原町 柴田町 松山町
大崎市 白石市 丸森町
大郷町 志波姫町 美里町
大衡村 瀬峰町 南方町
雄勝町 仙台市 南三陸町
牡鹿町 大和町 宮城町
女川町 高清水町 宮崎町
小野田町 多賀城市 村田町
角田市 多賀城町 本吉町
鹿島台町 田尻町 桃生町
河南町 築館町 山元町
河北町 津山町 矢本町
加美町 東和町 米山町
唐桑町 富谷町 利府町
川崎町 登米市 若柳町
金成町 豊里町 涌谷町
北上町 登米町 亘理町
栗駒町

宮城県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

●宮城県の交通事故センターへの相談件数は減少しています

東北弁連に所属する仙台弁護士会では、県民の生活に役立てるよう県内各所で無料の法律相談を実施しています。そのうち交通事故センターに寄せられた相談件数は、2013年度は年間1,357件でしたが、2014年度には1,297件まで減少しています。しかし、この件数は同じ東北弁連に属する弁護士会のなかでは断トツの多さです。隣接する福島県弁護士会の実績は135件、岩手県弁護士会は106件でした。宮城県の交通事故センターに寄せられる相談件数は減少していますが、県内の交通事故の発生件数も減少しているのでしょうか。

宮城県民は無料法律相談をしっかりと活用しています

日弁連が発表している「弁護士白書」によると、宮城県における有料の法律相談件数は2013年度には340件でしたが2014年度には412件まで増しています。一方、法テラス、弁護士会などに寄せられる無料法律相談の総数は9,921件から9,827件まで減少している状況です。宮城県の特徴としては、有料の法律相談より無料の法律相談の利用件数が圧倒的に多く、県民に無料法律相談のシステムがしっかりと浸透していることです。また、有料・無料ともに法律相談の総数に関しても東北弁連の中で第1位となっています。その要因の一つとして、2011年3月に発生した東日本大震災の被害に関連する法律案件が増えたことが考えられます。

宮城県では無料法律相談がしっかりと活用されており、弁護士への需要も高くなっていますが、それに応えることができる法曹環境は整っているのでしょうか。「弁護士白書」から宮城県内で活動する弁護士の人数を調べてみると、宮城県の人口1万人当たりの弁護士数は1.85人(2014年時点)となっていました。東北地方の他県をみると岩手県0.79人、青森県0.89人、山形県0.83人などと全てが1人を割っているため、宮城県は比較的恵まれた環境と言えるでしょう。

仙台弁護士会では以下の相談センターで交通事故に関する法律相談を行っています。面談相談は1回30分で、同一案件については5回まで無料で相談できます。

相談窓口 相談日時
仙台法律相談センター 平日・午前10:00~午後3:35
古川法律相談センター 毎月第1土曜日・午後1時~午後3時05分
石巻法律相談センター 毎月第1火曜日・午後1時30分~午後3時35分

仙台弁護士会は法律相談が利用しやすい環境を整備しています

仙台弁護士会では、県民が安心して暮らせる環境づくりに貢献できるよう法律相談の普及に尽力しています。そのため、県内6か所に法律相談センターを設けています。交通事故に関しては前述の3つの法律相談センターで無料相談を実施していますが、それ以外の法律相談センターに関しても有料であれば利用することが可能です。

弁護士会法律相談センター 登米法律相談センター
古川法律相談センター 県南法律相談センター
気仙沼法律相談センター 石巻法律相談センター

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 431人
弁護士法人会員 242法人
外国特別会員 0人

宮城県の交通事故の加害者・被害者事情

宮城県の交通事故による死者数は全国第28位

宮城県警察が発表した平成27年中の交通事故の発生状況データをみると、この年、県内では8,624件の人身事故が発生していました。前年が9,142件であったため5.7%減の-518件となります。死亡事故に関しては件数としては66件で死者数は66人です。こちらも前年の死者数83人を下回っていることから、宮城県の交通事故に関しては良い傾向にあると判断できます。また、死者数を都道府県別でみると、宮城県は第28位に位置しており、全国平均以下となっています。

交通死亡事故の主な特徴をみてみると、1つの特徴としては高齢者の死者が30人で全体の40%以上を占めていることです。特に75歳以上の高齢者の割合が高く、30人中22人となっています。死者の状態別では、歩行中が13人、自動車運転中9人、自動車同乗中4人、二輪車運転中2人、自転車乗車中2人です。またもう1つの特徴としては、歩行者の死亡事故はほとんどが夜間に発生していることです。平成27年には歩行者が関係する死亡事故が25件(死者数25人)発生していますが、そのうち23件が夜間に発生しています。

宮城県警察がまとめた「平成27年度・高齢者の交通事故発生状況」から県内で発生した高齢者が関係する交通事故(人身事故)の実態を調べてみました。平成27年には県内で1,313件の高齢者事故が発生しています。前年比は+20件です。これらの事故による死者数は30人で前年より10人減となっていますが、負傷者数は56人増え1,448人でした。死亡事故の内訳をみると歩行中に事故に遭い亡くなられた方が13人と最多で、続いては自動車運転中の9人となります。さらに詳しいデータを見て行くと、高齢者事故には乗用車、自転車ともに単独事故が多いことが特徴的です。1例を挙げると88歳の高齢ドライバーが町道を自動車で走行中に単独で路外に逸脱し死亡する事故や、65歳の方が駐車車両に単独で衝突し亡くなられるなど、すべての方が同じ状態であるとは言えませんが、高齢者が自動車を運転することのリスクの高さをうかがわせます。

宮城県の交通事故 発生状況

宮城県の交通事故発生件数は8,624件(2015年実績)で、死者数に関しては都道府県別で第28位となっています。交通事故の件数、死者数ともに前年を下回っており、県の交通安全対策が効果を上げていると判断できます。しかし、残念ながら66人の方が交通事故によって尊い命を失っていることは深刻に受け止めなければいけません。東北地方のなかでは交通事故センターに寄せられる相談件数が最も多いという実情もあります。全国的に増加傾向にある高齢者が関係する交通事故に関しては宮城県においても増えている現状があります。続いては、宮城県の交通事故発生状況をさらに詳しく調査します。

宮城県の死亡事故発生状況を状態別調査

平成27年に県内で発生した死亡事故を状態別に見て行くと、歩行中の事故が最も多く、続いては自動車運転中でした。全死者に占める歩行中の死亡事故の割合は37.9%となっており、人数としては66人中25人です。その大半が道路横断中ですが、路上横臥、路上停止なども複数あることが見逃せません。また、25人の犠牲者のうち17人に何らかの交通ルール違反があることも死亡事故につながる大きな要因と考えられます。信号無視、横断歩道以外の場所での道路横断など、歩行者側に危険な行為があることも事実です。交通事故に遭わないためには交通ルールを守り、自身の安全を確保することができる横断歩道、歩道橋などを利用することを心がけましょう。

宮城県では二輪車の死亡事故が増加しています。平成27年には9人の方が二輪車運転中の交通事故で亡くなられています。事故はすべて昼間に発生しており、死者9人のうち5人が単独事故です。また、二輪車が第1当事者の死亡事故が1件発生しており、被害に遭われた方は歩行中に事故に遭い亡くなられています。自転車事故に関しては件数および死者数ともに前年比±0人ですが、高齢者の単独事故で2人亡くなられています。

宮城県の交通事故 発生の背景

宮城県では高齢者が関係する交通事故が増加するなど新たな問題を抱えています。交通事故の発生件数、死者数は減少し続けていますが、宮城県においてなぜ高齢者の交通事故が増えるのか、その背景を探って行きます。

宮城県の高齢化は加速しています

埼玉県の人口は2016年4月の時点で2,334,215人でした。都道府県別では全国第14位となっています。2010年の国勢調査では2,347,975人だったため、減少傾向にあることがわかります。総人口における65歳以上の高齢者の割合を調査すると、23.8%(2013年)となっていました。およそ4人に1人が高齢者ということになります。国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」によると、2040年には宮城県の高齢化率は36.2%になると予測されています。全国的には40%を超えるであろうと予測されている地域もあり、我が国にとって高齢化社会の訪れは避けることができない課題です。宮城県においても年々高齢化が加速しており、高齢者が加害者・被害者となる交通事故はそれに比例して増えて行くと思われます。

宮城県の運転免許人口を調査しました

宮城県警察が発表した県内の運転免許人口データによると、平成27年12月末時点の県の免許取得者の総数は1,539,353人でした。内訳は男性848,843人、女性690,510人です。また、年代別でみると、65歳以上の高齢者は男女合わせて297,209人となっており、全体の約20%を占めています。24歳以下の若者は男女合わせて116,554人と、高齢者の半数以下の人数となっています。宮城県警察では、高齢者が安全に運転できるよう、運転適性や実車指導を通じて加齢に伴い生じる身体機能の低下を自覚していただくための高齢者講習を実施しています。対象となるのは、運転免許証の有効期間満了日における年齢が70歳以上の方、免許の有効期限が切れ(失効)再び免許を取得する際の年齢が70歳以上の方です。

宮城県の交通事故の問題点

ここまで、宮城県で交通事故が発生するリスクについて調べて来ました。宮城県の高齢化率は現時点ではさほど高くないものの、高齢者が関係する交通事故が県内で多発している状況です。高齢者の事故においては単独事故による死者も出ています。次は別の視点から宮城県の交通事故の問題点を探っていきます。

宮城県では飲酒運転による死亡事故が増加しています

宮城県警察がまとめた飲酒運転事故の発生状況データによると、平成27年中の飲酒運転による交通事故は77件発生していました。死亡事故は4件で死者は4人となっています。件数は前年を下回っていますが、残念ながら死者数は2人増えています。飲酒運転事故が発生している場所を地域別にみると、77件中33件が仙台市内で発生しています。特に飲食店の多い青葉区内で多発しています。飲酒運転の発生件数は平成13年以降、死者数は平成17年から19年までは大幅な減少傾向にありましたが、平成20年以降は下げ止まり状態となっています。しかしながら、平成27年には飲酒運転事故による死者数は2人増えたものの、発生件数としては昭和42年以降過去最少となりました。

宮城県の交通事故問題の背景

宮城県では交通事故の発生件数は順調に減少していますが、高齢者事故の増加、飲酒運転事故による死者数の増加など、問題は多々あります。それらの背景を調べてみました。

宮城県の飲酒運転事故は40代のドライバーに多い

宮城県では青葉区など繁華街に近い場所で飲酒運転による交通事故が多発しています。県内全域の飲酒運転事故を年齢別でみると、40歳代が最も多く77件中22件となっています。続いては30歳代の15件です。飲酒運転事故は死傷者に占める死者の割合が高く、全事故と比較して4.1倍の致死率となっています。また、事故の類型別では追突事故が40%以上で、そのほか正面衝突、車両単独事故が高い割合を示しています。時間帯としては20時から2時にかけての夜間に多発しています。これらのデータからわかることは、車を運転して繁華街に出向き、飲酒した状態で車を運転して帰宅している人が多いということではないでしょうか。飲酒運転によって事故を起こしてしまった場合、理由の如何に関わらず厳重に処罰されます。「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな!」という基本的なことを忘れてはいけません。

宮城県はこれからも交通事故を減らしていけるのでしょうか?

宮城県では飲酒運転による死者数が前年より増えていますが、発生件数としては昭和42年以上最少となりました。下げ止まり感があった飲酒運転事故ですが、県民の意識が変わってきたこともあり、良い傾向となっています。そのほか、高齢者が被害者・加害者となる交通事故が年々増えており、これから超高齢化社会が訪れることが予想される宮城県では、より一層高齢者向けの交通安全対策を強化していく必要があります。

宮城県、宮城県警察本部等、県内の交通安全関係機関・団体で構成する宮城県交通安全対策協議会では、交通事故のない安全な交通社会の実現を目指し、県民一人ひとりが交通安全思想の普及高揚を図り、正しい交通マナーの実践を習慣づけるため、県民総参加による交通安全運動を推進しています。このキャンペーンは「マナーアップみやぎ運動」と呼ばれています。県内の交通安全関係機関などが一斉に活動することで、この取り組みが県民にしっかりと浸透するよう努力しています。

このように、宮城県では官民が一体となって交通事故をなくすべく尽力しています。しかしながら、もしあなたが予期せず交通事故を起してしまったら、また、不幸にも交通事故に巻き込まれてしまったら、宮城県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善の事故処理を行う地域密着型の弁護士のサポートが大切です。交通事故による様々な問題を一人で抱えず、信頼できる弁護士の力を借りましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所