【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

群馬県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 群馬県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全46件)
115件を表示(全46件)

群馬県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

群馬県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、群馬県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

赤城村 北橘村 中之条町
赤堀町 桐生市 長野原町
赤堀村 草津町 南牧村
吾妻町 六合村 新里村
東村 倉渕村 新治村
東村 倉淵村 新田町
東村 黒保根村 沼田市
安中市 群馬町 榛名町
伊香保町 子持村 東吾妻町
伊勢崎市 境町 藤岡市
板倉町 渋川市 富士見村
上野村 下仁田町 前橋市
邑楽町 昭和村 松井田町
大泉町 白沢村 万場町
大胡町 榛東村 箕郷町
太田市 新町 みどり市
大間々町 高崎市 水上町
尾島町 高山村 みなかみ町
鬼石町 館林市 宮城村
小野上村 玉村町 妙義町
笠懸町 千代田町 明和町
笠懸村 千代田村 明和村
粕川村 月夜野町 藪塚本町
片品村 嬬恋村 吉井町
川場村 利根村 吉岡町
神流町 富岡市 吉岡村
甘楽町 中里村

群馬県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

●群馬県の交通事故センターへの相談件数は増加しています

関東弁護士会連合会(関弁連)に属する群馬弁護士会では県民の生活に役立てるよう無料法律相談に力を入れています。群馬弁護士会が対応した無料相談の件数は、2013年は3,380件でしたが、2014年には3,665件まで増加しています。そのうち、交通事故センターに寄せられた相談件数は315件(2014年)でした。前年は285件だったため増加傾向となっています。しかし、この件数は関弁連に属する13の弁護士会のなかでは4番目に少ない値となります。と言うことは、相談件数に比例して交通事故の発生件数も少ないのでしょうか。これから群馬県における交通事故の現状を見て行きます。

群馬県の法律相談件数は増加傾向です

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、群馬弁護士会が行う有料法律相談の件数は2013年には775件でしたが2014年には725件まで減少しています。無料法律相談に関しては前述のとおり増加しているため、県民が上手に無料法律相談を利用していると判断できます。有料・無料を合わせた法律相談の総件数は、2013年には4,155件でしたが、2014年には4,390件へと増加しています。特に、日本司法支援センター「法テラス群馬」で実施している無料法律相談の対応件数が増えており、県民に法テラスのシステムが浸透しつつあると判断できます。

このように、法律相談の対応件数が増加している群馬県ですが、「弁護士白書」のデータから県内で活動する弁護士の数を調べてみると、2014年の人口1万人当たりの弁護士数は1.38人でした。同じ関東地方の他県を見ると、神奈川県は1.64人と群馬県を上回っていますが、茨城県(0.89人)、埼玉県(1.04人)、栃木県(1.06人)、千葉県(1.16人)に関しては群馬県の方が上回っています。この数字だけ見ると、群馬県は比較的恵まれた環境であると言えるでしょう。

群馬弁護士会の法律相談センターは県内9か所にあります

群馬弁護士会は債務相談、離婚相談、労働問題、交通事故相談など法律に関わる様々な問題について弁護士に相談しやすい環境をつくるため、県内9か所に法律相談センターを設けています。相談料金は30分で5,000円(税別)ですが、交通事故に関する相談のみ初回相談料を無料としています。法律相談をする場合は(027-234-9321)に電話予約を入れる必要があります。

相談窓口 相談日時
群馬弁護士総合法律センター 月曜日~土曜日 午後1時~4時
高崎支部 火・木・金曜日 午後1時~4時
太田支部 火・金曜日 午後1時~4時
桐生支部 水曜日 午後1時~4時
吾妻支部(吾妻町) 第1水曜日 午後1時~4時
吾妻支部(長野原町) 第3水曜日 午後1時~4時
利根・沼田支部 第2、第4火曜日 午後1時~4時
伊勢崎支部 水曜日 午後1時~4時
館林支部 木曜日 午後1時~4時

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 272人
弁護士法人会員 158法人
外国特別会員 0人

交通事故に関する法律相談を無料で実施しています

財団法人日弁連交通事故相談センターでは、以下の群馬県内3か所の相談所で交通事故に関する無料の法律相談を実施しています。相談を受ける場合はあらかじめ電話などで予約をしておきましょう。

支部名 業務内容 相談時間
前橋相談所 面接相談・示談あっせん 毎週月・水 午後1時30分~4時
太田相談所 面接相談 毎月第1・第3金 午後1時30分~4時
高崎相談所 面接相談 毎週木 午後1時30分~4時

群馬県の交通事故の加害者・被害者事情

群馬県は交通事故による死者数が増加の一途

群馬県警察が発表している平成27年の交通事故発生状況を見ると、この年の交通事故(人身事故)の発生件数は15,229件でした。平成26年度は16,316件だったため前年比-6.7%となります。一方、交通事故による死者数の推移をみると、平成26年度の67人から1人増え平成27年度は68人(事故件数64件)となっています。この値は都道府県別で全国ワースト27位となります。関東地方(10都道府県)の中では山梨県の33人に次ぐ少なさですが、前年より増加していることに大きな懸念を感じさせます。

群馬県の交通事故における死者数に関するデータを月別にみると、6月、7月の死者数が多く、いずれも10人となっています。また、11月、12月も比較的多く、春秋には少な目です。群馬県は観光地としても有名で、県内の温泉など行楽スポットでは夏や冬に人手が増え、県外からの車も増加します。そういった要素もあってこの時期に死亡事故が増えるのではないでしょうか。

20代の事故率が高いものの死亡事故は高齢者に多い

群馬県警察本部が発表している「交通事故発生状況」を詳しく見て行きます。まず、県内の交通事故を年齢別に分類すると20歳代のドライバーによる事故の件数が多く、全体の21.6%を占めています。そのほかの年齢層では40歳代、30歳代が多いようです。一方、死亡事故に関して見てみると、20歳代は少なく、最も事故件数が多いのは40歳代、70歳以上となっており、いずれも全死亡事故の18.8%を占めています。群馬県内で交通事故を減らして行くためには若年層の事故を減少させるための対策を強化する必要がありますが、死者を出すような重大な事故に関しては高齢者の方がその比率が高いため、この点においても的確な対策を講じる必要があります。

群馬県の交通事故 発生状況

群馬県の平成27年度の交通事故発生件数は15,229件で、平成26年度の16,316件を下回り、減少傾向を維持していますが、死者数に関しては68人(事故件数64件)となっており、前年比+1人と増加傾向に転じてしまっています。この年まで順調に死者数を減らしてきましたが、なぜここへ来て再び増えてしまったのでしょうか。続いて、群馬県の交通事故に関する実態を詳しく調べて行きます。

群馬県の交通事故の死者数を年代別・類型別調査

交通事故による死者を年代別に見ると、最も多いのは65歳以上の高齢者の34人で、死亡事故の半数を占めています。続いては50歳代の8人となっていますが、その差は大きく圧倒的に高齢者が多いことが分かります。また、事故に遭った際の状態を分類したデータによると、歩行中の事故が最も多く、特に65歳以上の高齢者は19人とこちらも歩行中の死者数の過半数を占めている状況です。また、歩行中に事故に遭った方19人のうち12人が夜間の歩行で全員が反射材または反射材入りの衣服などを着用していませんでした。これらのデータから、群馬県では夜間に歩行中の高齢者が交通事故に遭う確率が高く、死亡事故となる重大なものが多いということです。

群馬県の交通事故 発生の背景

群馬県では、交通事故による死者数が再び増加傾向に転じており、高齢者の死亡事故が多発するなど、交通安全対策をさらに強化する必要性があります。高齢者の事故に関しては、これから地域の高齢化が加速していくと予想されているなか、群馬県にとって大きな課題と言えるでしょう。

群馬県は高齢化が加速していくと予想されます

群馬県の人口は平成28年4月1日時点で1,973,476人でした。平成22年の国勢調査のデータでは2,008,170人であったため、現在県の人口は減少傾向にあると判断できます。都道府県別でみると第19位に位置しています。平成25年の都道府県別高齢化率をまとめたデータによると、群馬県の高齢化率は25.8%となっており、全国平均を上回っています。また、平成52年の時点では36.6%まで割合が増すと予測されており、全国的な傾向ではありますが、群馬県でも将来的には3人に1人以上が65歳以上の高齢者という時代が来ることになります。

高齢運転者による交通事故が多発しています

群馬県では高齢化の加速が深刻な問題となって来ていますが、高齢ドライバーによる交通事故も増加の一途をたどっています。高齢ドライバーは、運転歴の長いベテランドライバーが多い反面、ついいつのも道だからと油断したり、見通しの良い場所だからと安全確認を怠ったことで、出会い頭の事故なども多発しています。また、単独事故による死亡事故も増加している状況です。

群馬県の交通事故の問題点

ここまで、群馬県に於ける交通事故に関する様々なリスクを調べて来ました。群馬県では20歳代若年層が起こす人身事故が多いのですが、死亡事故に関しては高齢者が多く、また、高齢ドライバーによる事故も増加しています。次は、群馬県が抱える交通事故の問題点を探って行きます。

死亡事故の原因の調査

群馬県警察によると、県内の交通事故の原因として最も多いのは、安全運転義務違反安全不確認・わき見、交差点における一時不停止など交通違反によるものです。また、死亡事故の違反別で多いのは安全運転義務違反わき見・漫然運転となっています。平成27年にはわき見運転が原因で13人の方が不幸にも交通事故の犠牲となっています。死亡事故の発生場所としては国道、高速道路など道幅の広い道よりも市町村道の方が多く、夜間の事故が占める割合が高くなっています。これらのデータから、群馬県では生活圏の市町村道で夜間に死亡事故が発生するリスクが高いということが分かります。

飲酒運転による交通事故の実態

群馬県は飲酒運転に関わる交通事故の件数に関しては都道府県別で第35位(平成25年)というランクで、そう多くないと思われますが、県の職員が酒酔い運転で追突事故を起こすなど目立つ事故もあり、年間を通じてみると全事故に対する割合は0.66%となっています。

学生の自転車事故が増加しています

群馬県では、中高生など学生を中心とする自転車関連の交通事故が増加しています。全国の中高生の事故状況を把握するため、都道府県別の中高生の事故件数・生徒数をもとに1万人あたりの事故率を計算すると、中学生と高校生のいずれにおいても群馬県の事故率が最も高いことがわかりました。中学生は1万人あたり41.1人、高校生は97.7人という結果です。全国平均は、中学生が9.7人、高校生が28.0人であるため、群馬県は非常に自転車の事故率が高いことになります。群馬県では学生の自転車通学が多いのですが、自家用乗用車数(千人あたり)も673.8台と全国1位という状況であるため、おのずと自転車と自動車が関わる事故が多くなるようです。

群馬県の交通事故問題の背景

群馬県では、自転車の事故率が全国ワースト1位という実態があります。また、高齢者の死亡事故も多発しており、交通事故の発生件数は都道府県別ワースト10位前後で推移しています。これから高齢化が進んでいく環境のもと、群馬県では交通事故および死者数を減らしていけるのでしょうか。

自転車事故ワースト1位における状況

群馬県内では中高生の自転車事故が多発しており、事故率は全国ワースト1位です。平成27年の群馬県内の自転車事故を調べると、中学生の事故人数は236人、1万人あたり41.1人となっています。高校生は522人で1万人あたり97.7人でした。事故率のワースト2位は、中学生の場合は佐賀県で28.7人、高校生の場合は静岡県で81.9人です。こうして比べると中学生の事故率が特に抜き出て高いことが分かります。群馬県の可住地100キロ平方メートルあたりの中学校数は7.65校(全国31位)という環境から通学距離が長いため、自ずと自転車による通学となります。自転車事故は「自動車との事故」が84.4%を占めています。こういった状況にあるため、群馬県では学生が安心して登下校できるよう自転車専用通行帯の整備などが必須です。

このように、群馬県では自転車事故が多発するなど、特徴的な事故の傾向があり、その問題に特化した安全対策が求められています。高齢者の事故が増加していることも問題ですが、中学生など子供たちが安心して通学できる環境の整備が大きな課題です。交通事故は加害者・被害者いずれとなっても日々の生活に大きな支障を来してしまいます。もし不幸にもあなたが交通事故を起してしまったら、また、予期せず交通事故に巻き込まれてしまったら、群馬県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれの場合も最善の事故処理を行ってくれる地域密着型の弁護士のサポートが必要となってきます。交通事故によって発生する様々な問題を一人で抱え込まず、実績のある弁護士とともに解決しましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所