【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

香川県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 香川県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全25件)
115件を表示(全25件)

香川県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

香川県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、香川県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

庵治町 坂出市 豊浜町
綾歌町 さぬき市 直島町
綾上町 寒川町 長尾町
綾川町 塩江町 仁尾町
池田町 志度町 飯山町
宇多津町 小豆島町 東かがわ市
内海町 白鳥町 引田町
大川町 善通寺市 丸亀市
大内町 高瀬町 満濃町
大野原町 高松市 まんのう町
香川町 詫間町 三木町
観音寺市 多度津町 三豊市
香南町 仲南町 三野町
国分寺町 津田町 牟礼町
琴南町 土庄町 山本町
琴平町 豊中町 綾南町
財田町

香川県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

香川県の交通事故に関する法律相談は四国で2番目に多い

四国弁護士会連合会(四国弁連)に属する香川県弁護士会では、県民の生活に役立てるよう無料法律相談に力を入れています。そのうち、交通事故センターに寄せられた法律相談の件数は、2013年には年間171件でしたが2014年には190件まで増しています。四国弁連に属する4つの弁護士会のデータと比較すると、香川県の交通事故センターに寄せられる法律相談の件数は高知県の271件に次いで2番目に多い件数となります。

香川県では無料法律相談が県民に普及しています

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、香川県弁護士会が実施している有料法律相談の件数は2013年には437件でしたが、2014年には457件まで増加していました。また、無料の法律相談の総数に関してもこの間に3,097件から3,107件まで増えていました。もっとも増加率が高いのは弁護士会が県内各所で実施している無料法律相談でした。一方で、日本司法支援センター(法テラス)による無料法律相談の件数は減少傾向にあります。

香川県では有料、無料いずれにおいても法律相談の件数が増加していますが、県民のニーズに充分に応えられるほど弁護士の人数は足りているのでしょうか。「弁護士白書」で香川県の人口1万人当たりの弁護士数を調査すると、2014年時点で1.72人でした。四国地方の他県の状況を調べると、徳島県1.20人、高知県1.19人、愛媛県1.16人であるため香川県は四国地方のなかでは最も恵まれた環境と言えます。

香川県弁護士会の会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 169人
弁護士法人会員 101法人
外国特別会員 0人

香川県の交通事故死者数は四国でワースト1位

香川県警察による「平成27年中の交通事故発生状況」を見ると、この年、県内では7,823件の交通事故(人身事故)が発生していました。前年が8,942件だったため大幅に減少させています。負傷者数は9,551人、死者数は52人となっており、負傷者数は前年を下回っていますが、死者数に関しては前年と同数のままです。香川県の交通事故は減少傾向にあると言えますが、人口10万人当たりの死者数は全国ワースト10位以内で推移するなど、全国的にみるとまだ交通事故の発生リスクが高い県です。

香川県弁護士会では交通事故の法律相談を無料で実施しています

愛媛弁護士会では[(公財)日弁連交通事故相談センター香川県支部として交通事故に関する無料法律相談を実施しています。相談に際しては087-822-3693まで電話で予約を入れる必要があります。相談時間は30分です。相談日時は毎週金曜日の午前9:30~午後3:30までの間となります。相談内容は、損害賠償額の算定、賠償責任の有無、過失の割合等についてなどですが、刑事処分および行政処分の相談はできません。

香川県の交通事故の加害者・被害者事情

人口10万人当たりの交通事故死者数は全国ワースト7位

香川県では平成27年に前年から1,000件以上交通事故を減らすことに成功していますが、死者数に関しては横ばい状態です。都道府県別に死者数を見ると全国ワースト31位と下位に位置していますが、総人口が100万人以下という環境を考えると、この死者数はかなり多いと言えます。人口10万人当たりの死者数を全国的に調べたデータによると香川県は5.3人となっており、全国ワースト7位という高いランクとなっています。ちなみに全国平均は3.24人です。

年度 発生件数 死者数
平成18年 12,902 96
平成19年 12,243 78
平成20年 11,794 61
平成21年 11,722 70
平成22年 11,795 65
平成23年 11,213 76
平成24年 10,637 81
平成25年 10,101 55
平成26年 8,942 52
平成27年 7,823 52

香川県警察の統計データを見ると、昭和43年の時点では年間4,096件の交通事故が発生していましたが、その後年々増加しピーク時の平成17年には13,449件にまで増加していました。死者数に関してはエアバックの標準装備、救急システムの普及や医療の進歩などもあり大幅に減少し、昭和43年当時183人だったものが平成27年には52人となっています。しかしながら現在も死者数を人口10万人当たりでみると全国ワースト7位という状態です。人口10万人当たりの死者数を全国的に見た年別推移は以下の表のとおりとなっています。一時は全国ワースト1位だったため少しは改善されていますが、いまだ不名誉な状態が続いています。

年度 人口10万人当たりの死者数 ワースト順位
平成18年 9.48 1
平成19年 7.73 4
平成20年 6.07 10
平成21年 6.98 2
平成22年 6.51 8
平成23年 7.63 1
平成24年 8.17 1
平成25年 5.56 5
平成26年 5.28 9
平成27年 5.3 7

香川県はの交通事故の犠牲は高齢者の数が非常に多い

香川県の交通事故による死者数は現在横ばいで推移していますが、過去10年間でみると減少傾向と言えるでしょう。しかしながら全死者に占める高齢者の割合が高く、平成27年の時点で構成率は63.5%に上ります。10年前の平成18年には全死者数96人中48人が65歳以上の高齢者で、その構成率は50%です。この10年間で13.5%も割合が上昇したことになり、交通事故による犠牲者を減らしたい香川県にとっては大きな課題となっています。

香川県の交通事故 発生状況

香川県は人口10万人当たりの交通事故死者数が全国ワースト7位となっており、なかでも高齢者が犠牲となる死亡事故の多さが目立って来ています。続いては、香川県内で交通事故が発生する状況を詳しく調査して行きます。

ようやく1万件を切った香川県の交通事故発生件数

香川県は人口10万人あたりの交通事故死者数が全国ワースト7位という上位に位置しており、過去にはワースト1位が続いた時期もありました。改善傾向にあるものの香川県民が安心して暮らせる環境とは言えません。特に、平成12年から25年の間は交通事故発生件数が1万件を超えており、平成26年になって漸く1万件を切りました。昭和63年に瀬戸大橋が開通されるまでは事故の件数は減少しつつありましたが、以降は増減を繰り返し、平成12年以降は交通事故が急激に増加してしまいました。また、それにともない事故による死者数も増え、幾度も人口10万人当たりの死者数が全国でワースト1位になっています

高齢死者数に関して詳しく見て行くと、平成11年には全死者数の55.65%を占める69人の高齢者が事故で亡くなっており、全国ワースト1位となりました。その後も平成22年に69.23%となったことで再び全国ワースト1位になっています。平成27年には多少改善され63.5%になりましたが、依然として割合が高いことに違いありません。

香川県の交通事故 発生の背景

香川県は四国地方にある穏やかで自然に恵まれた環境のため暮らしやすい地域と思われますが、交通事故に遭うリスクの高さだけで見れば、けっして安心できる環境ではありません。また、高齢者が被害に遭う事故の多さという点においても全国ワースト1位だったことがあり、高齢者が交通事故に遭うリスクが高い地域と言っても過言ではないでしょう。続いては、香川県で交通事故が発生する背景を調査して行きます。

香川県は全国平均を上回る高齢化社会

香川県の総人口は976,756人(平成28年10月時点)で、都道府県別では第39位にランクしています。国勢調査が行われた平成22年には995,842人だったため緩やかではありますが減少傾向にあることがわかります。年齢別人口分布をみると、全国平均に比べて20歳代の若者が少なく、70歳以上の高齢者が多くなっています。内閣府の調査による都道府県別高齢化率データによると、香川県の高齢化率は平成25年の時点で28.1%とかなり高く、全国平均の25.1%を3ポイント超えています。四国4県は高齢化率が高い地域であるため、香川県はそのなかでは最も高齢化率は低い県になりますが、未来予想として平成52年には37.9%まで上昇すると考えられています。

香川県の交通事故の問題点

ここまで、香川県の交通事故発生状況を詳しく見て来ました。香川県は人口が少ないわりに交通事故が多く、1年間に発生する交通事故の件数が長らく1万件を超えていました。平成26年にようやく1万人を下回り、平成27年も減少傾向を維持していますが、死者数に関しては横ばい状態となっています。続いては、香川県における交通事故の問題点を探って行きます。

香川県は運転席のシートベルト着用率が低い

平成26年に警察庁・日本自動車連盟が調査したデータによると、香川県においては一般道路上の運転席のシートベルト着用率は全国ワースト7位となっています。平成26年の自動車乗車中の事故の死者数は17人でしたが、そのうち14人はシートベルトを着用していませんでした。また、もし着用していれば4人の方は命が助かったと専門家によって判断されています。そのため、香川県では「うどん県シートベルトも締めるけん」と題して、シートベルト着用率を向上させる取り組みを推進しています。年代別でみると、若者世代よりも高齢者の方がシートベルトの着用率が低いようです。また、高齢ドライバーが起こした交通事故の件数は全体数の減少に合わせて減りつつありますが、平成27年には2,880件発生しており、その理由としては安全不確認が最多となっています。

香川県の交通事故問題の背景

香川県はシートベルトの着用率が低く全国ワースト7位にランクしています。また、高齢ドライバーによる交通事故の件数も多くなっており、75歳以上の後期高齢者が事故を起こすリスクも高まっています。ここまで見てきたデータによって、香川県は交通事故が多い県というイメージを持ったのではないでしょうか。ではなぜ交通事故が発生しやすいのでしょう。その背景を調査します。

香川県は交通マナーが悪い県と言われています

香川県は「うどん県」という呼称で県のPRをしており、長閑な環境の土地柄のように思われていますが、実は交通マナーがあまり良くない県のようです。前述のとおりシートベルトの着用率が低いだけでなく、割り込み運転、スピード違反、駐停車違反など取締りを強化していても検挙率が高い状態が続いています。平成28年にJAF(日本自動車連盟)が全国の65,000人の方を対象にお住いの都道府県の交通マナーについて質問したところ、香川県民は「とても悪い」「悪い」の比率を合算した数字が80%に上り全国ワースト1位でした。このように、県民自身が交通マナーの悪さを認識しているにも関わらず、残念ながらほとんど改善されていないのが現状です。高齢者が第1当事者の事故の原因を見ても、驚くことに信号無視が56件もあります。若者ならばいざ知らず、その見本とならなければいけない年配のドライバーが信号無視をして事故を起こしていることは非常に残念なことです。ちなみに、16歳から24歳までの若年ドライバーが起こした事故の原因として最も多いのは安全不確認ですが、信号無視は高齢ドライバーよりも少なく年間15件となっています。

香川県は交通安全対策に力を尽くしています

香川県は交通事故に遭うリスクが高い県という現状から抜け出すことができるでしょうか。高齢者が加害者・被害者となる事故が今後も増えて行かないよう、事故による犠牲者を0人にできるよう、官民が一体となって努力しなければいけません。香川県警察では、高齢者の事故防止・シートベルト着用率の向上・交通安全運動など様々な対策を推進しています。また、テレビで交通安全啓発コマーシャルを流すなど、県民の意識改革のため尽力しています。しかし、県警が努力しただけでは交通事故は減りません。県民一人ひとりが交通マナーの改善に努め、ゆとりを持って思いやりのある運転を心がけましょう。

ここまで香川県の交通事故事情を見て来ました。交通事故を起こさないためにはそれぞれが生活している場所の交通事故の特徴を理解し、自分自身が加害者にも被害者にもならないよう日々努力しなければいけません。しかしながら、交通事故はいつあなたの身に起こるかわかりません。もしあなたが不幸にも事故を起こしてしまったら、また予期せず交通事故に巻き込まれてしまったら、香川県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいてもその立場に立って最善の事故処理を行うことができる地域密着型の弁護士のサポートが大切です。交通事故によって発生する様々な問題を一人で抱えず、信頼できる弁護士の力を借りて最善の解決方法を見つけましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所