【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

埼玉県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 埼玉県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全152件)
  • 関東
    • 示談交渉
    • 過失割合
    • 物損事故
    • 死亡事故
    • 後遺障害
    • 土日対応
    Y&Aパートナーズ法律事務所

    初回相談は時間に関わらず無料!いつでも迅速&柔軟に安心対応

    代表弁護士の矢部陽一は、平成21年12月の弁護士登録以来、交通事故事案を積極的に手がけてきました。当事務所は2017年4月に開設したフレッシュな法律事務所で、真新しい環境のなかで気軽にご相談いただけます。

    料金体系

    初回相談料は時間に関わりなく無料です。
    着手金は10万円で、お支払いは損害賠償金を得た後でのご請求でOK。なお報酬金は、獲得した損害賠償でお客様に生じた経済的利益に対していただいています(成功報酬制)。
    弁護士費用特約を使われる場合は、もちろんご本人の負担はありません。

    相談料
    初回無料
    着手金
    0
    報酬金
    回収額から
  • 東京・神奈川・埼玉・愛知・大阪・山口・福岡
    • 示談交渉
    • 過失割合
    • 物損事故
    • 死亡事故
    • 後遺障害
    • 土日対応
    弁護士法人サリュ

    事故直後から賠償金獲得まで被害者側専門弁護士がフルサポート!

    交通事故の交渉に強い法律のスペシャリストが揃う!保険会社の対応に疑問を感じたら、すぐにご相談!遠方の方や時間が取れない方は電話相談OK!全国どこからでも対応します。

    料金体系

    【完全後払い対応】
    24万円+賠償金の14%+実費 *初回相談料 無料 *着手金0円

    相談料
    初回無料
    着手金
    0
    報酬金
    回収額から
  • 関東
    • 示談交渉
    • 過失割合
    • 物損事故
    • 死亡事故
    • 後遺障害
    • 土日対応
    浅川倉方法律事務所

    高い専門性で後遺障害にも確かな実績 安心・納得のサポートをお約束

    保険会社の顧問弁護士として3年間の勤務経験があり、保険会社の対応を熟知しております。わかりやすい説明と問題の迅速な解決を心がけ、あらゆる交通事故相談をお受けしています。

    料金体系

    初回相談料は無料。時間は1時間半前後が目安ですが、特に決めていません。
    着手金20万円(死亡事故や重篤な事故案件の場合は後払い可能)
    報酬金は獲得した損害賠償金の経済的利益の10%となります。
    弁護士費用特約を使われる場合は、もちろんご本人の負担はありません。

    相談料
    初回無料
    着手金
    20万円
    報酬金
    回収額から
  • 川越駅

    埼玉県川越市通町5-5-201

    049-227-6927
    受付時間 9:30~17:30
  • 南浦和駅

    埼玉県さいたま市南区南本町1丁目16-9

    048-866-9708
    受付時間 9:30~17:30
  • 東川口駅

    埼玉県川口市戸塚2丁目21-31-201

    048-452-8470
    受付時間 9:30~17:30
  • 浦和駅

    埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目7-2

    048-822-8475
    受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
  • 八潮駅

    埼玉県八潮市大瀬1丁目10-12-302

    048-950-8652
    受付時間 10:00~18:00
  • 三郷駅

    埼玉県三郷市早稲田2丁目6-6-211

    048-959-3411
    受付時間 10:00~19:00
  • 浦和駅

    埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目7-2

    048-822-9898
    受付時間 9:00~17:00
  • 飯能駅

    埼玉県飯能市仲町2-2-3F

    042-972-8000
    受付時間 9:00~18:00
  • 浦和駅

    埼玉県さいたま市浦和区高砂2丁目1-16

    048-829-9107
    受付時間 9:30~17:30
  • 大宮駅

    埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1丁目103-401

    048-782-7840
    受付時間 9:30~18:30、土曜営業
  • 大宮駅

    埼玉県さいたま市大宮区宮町2丁目8-3-A

    048-643-7100
    受付時間 9:00~17:30
  • 大宮駅

    埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目25-5F

    048-658-7030
    受付時間 9:30~18:00
115件を表示(全152件)

埼玉県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

埼玉県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、埼玉県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

さいたま市 和光市 嵐山町
川越市 新座市 小川町
熊谷市 桶川市 川島町
川口市 久喜市 吉見町
行田市 北本市 鳩山町
秩父市 八潮市 ときがわ町
所沢市 富士見市 秩父郡
飯能市 三郷市 横瀬町
加須市 蓮田市 皆野町
本庄市 坂戸市 長瀞町
東松山市 幸手市 小鹿野町
春日部市 鶴ヶ島市 東秩父村
狭山市 日高市 児玉郡
羽生市 吉川市 美里町
鴻巣市 ふじみ野市 神川町
深谷市 白岡市 上里町
上尾市 北足立郡 大里郡
草加市 伊奈町 寄居町
越谷市 入間郡 南埼玉郡
蕨市 三芳町 宮代町
戸田市 毛呂山町 北葛飾郡
入間市 越生町 杉戸町
朝霞市 比企郡 松伏町
志木市 滑川町

埼玉県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

●埼玉県の交通事故センターへの相談件数は増加しています

日弁連の埼玉弁護士会に寄せられた無料法律相談のうち、交通事故センターに寄せられた相談件数は、2013年度には年間967件でしたが、2014年度に1,005件まで増加しています。埼玉県の人口や経済規模と比較すると件数が少ないように感じますが、交通事故の件数も少ないのでしょうか。首都圏のベッドタウンとして発展し続けている埼玉県の交通事故の現状を調査して行きます。

埼玉県の無料法律相談の件数は全国平均を超えています

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、埼玉県における有料の法律相談件数は2013年度には3,901件でしたが2014年度には3,574件まで減少しています。一方で、法律相談センターなどに寄せられる無料法律相談の件数は15,497件から16,547件まで増加している状況です。この件数は全国平均10,274件を大きく超えています。埼玉県では人口の増加に伴い弁護士への需要も高まっており、弁護士会の努力によって無料法律相談を利用しやすい環境が整っています。しかし、法律相談の件数が多いということは、埼玉県民が法律に関わる何らかの問題を抱えていることを表しています。

埼玉県では無料法律相談の件数が増加しており、弁護士への需要も年々高まっています。埼玉県の法曹環境を知るため、「弁護士白書」で弁護士の人数を調査してみました。2014年の人口1万人当たりの弁護士数は1.04人でした。関東地方の他県をみると神奈川県1.64人、千葉県1.16人となっているため、埼玉県は決して恵まれている環境ではないようです。

埼玉県弁護士会では以下の相談センターで交通事故に関する無料法律相談を行っています。

相談窓口 相談日時
埼玉弁護士会法律相談センター 月・火・金/午後1:00~午後4:10
川越支部法律相談センター 水曜日/午後1:30~午後4:00
越谷支部法律相談センター 水・金/午後1:20~午後4:00

増加傾向にある埼玉県の交通事故の死者数

埼玉県警察がまとめた交通事故発生状況に関するデータによると、2015年に埼玉県内で発生した人身事故の件数は29,528件でした。2014年には30,821件であったため減少傾向を示しています。一方、物件事故に関しては135,709件から136,133件まで増加しています。また、負傷者数は36,111人となっているため昨対1,562人減ですが、死者数に関しては2014年の173人から4人増え、2015年には177人の犠牲者を出しています。死者数に関しては、北海道と並び都道府県別で第5位という高いランクに位置しており、残念ながら増加傾向となっています。

ワースト 県名 死者数
1 愛知県 213
2 大阪府 196
3 千葉県 180
4 神奈川県 178
5 北海道 177
5 埼玉県 177
7 兵庫県 171
8 東京都 161
9 静岡県 153
10 福岡県 152

人口、交通量ともに埼玉県より多い東京都の交通事故死者数は161人ですが、埼玉県は16人も多い177人となっています。

埼玉弁護士会は法律相談者が利用しやすい環境を整備しています

埼玉弁護士会では、県民が気軽に法律相談を利用することができるよう、県内各所に法律相談センターを設けています。交通事故に関しては前述の3つの法律相談センターで無料相談を実施していますが、有料の場合、以下の法律相談センターを利用することができます。また、埼玉弁護士会法律相談センターでは、示談あっせんの相談を無料で受け付けています。

地域 管轄の法律相談センター 電話番号
埼玉県南部の方 埼玉弁護士会法律相談センター 048-710-5666
埼玉県西部の方 川越支部法律相談センター 049-225-4279
埼玉県北部の方 熊谷支部法律相談センター 048-521-0844
埼玉県秩父地域の方 秩父法律相談センター 048-521-0844
埼玉県東部の方 越谷支部法律相談センター 048-962-1188

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 754人
弁護士法人会員 398法人
外国特別会員 0人

埼玉県の交通事故の加害者・被害者事情

埼玉県の交通事故による死者数はワースト5位

埼玉県では交通事故による死者数が増加傾向を見せており、2015年の時点では全国で5番目に交通事故による犠牲者が多い県です。都道府県別の交通事故統計データによると、埼玉県内では30,821件(2014年)の人身事故が発生していますが、この件数を都道府県別にみると第6位という上位にランクしています。第1位は愛知県の46,131件、第2位は大阪府の42,729件です。埼玉県ではこのように多くの交通事故が発生しており、人口10万人当たりの交通事故死者数を調査すると、埼玉県は都道府県別では第12位という比較的上位に位置しています。埼玉県では交通事故の件数は減少しはじめていますが、死者数は増加傾向を見せており、全国的にみてもワースト5位という状況にあるため、交通事故が多い県と言っても過言ではないでしょう。

埼玉県警察がまとめた「平成27年度・交通事故統計」から県内で発生した交通事故(人身事故)の概要を調べてみました。地域別のデータを見ると、さいたま市内で発生した交通事故(人身事故)の件数が4,412件と最多です。死者数に関しても22人で最多となっています。続いては川口市の2,183件、川越市の1,717件です。また、交通事故によって亡くなられた方を年齢別にみると、65歳以上の高齢者が占める割合が非常に高く、177人中81人となっています。続いては50歳代の22人、40歳代の17人、60歳から64歳の14人となります。特に、75歳以上の高齢者が交通事故の犠牲となることが多く、前年比で8人も増えてしまっています。全国的に高齢者が交通事故に遭う割合が高まっていますが、埼玉県においても同様に、多くの高齢者が交通事故によって命を失っている状況です。

埼玉県の死亡事故の原因は?

埼玉県では2015年に177人の尊い命が失われています。死亡事故の原因を調査したデータによると、最も多い原因は前方不注視の46件で、全体の約26%という割合となっています。そのほか、歩行者妨害9.7%、信号無視8.0%など、ドライバーの交通違反が下人となるものも多く、速度違反による死亡事故が大きく減少しているなか、上記3つの原因に関しては前年より増加しています。このことは、ドライバーの不注意や交通違反によって重大な交通事故が発生していることを表しており、逆に言えば、ドライバーがより慎重に運転をすることで交通事故を未然に防ぐことができると断言できるのではないでしょうか?

埼玉県の交通事故 発生状況

埼玉県の交通事故発生件数は29,528件(2015年実績)となっていますが、2014年の交通事故発生件数は30,821件であったため、1,293件減少しています。しかし、交通事故による犠牲者は177人で、前年より4人増加している状況です。交通事故の件数が減っていることは評価できますが、死者数が増えていることは看過できません。なぜ埼玉県では交通事故による犠牲者の数が増えてしまったのでしょうか。埼玉県の交通事故発生状況を調査します。

埼玉県の高齢者事故発生状況

2015年の交通事故における高齢者事故発生状況に見てみると、第1当事者が高齢者の人身事故件数は5,658件から5,568件に減少していますが、死者数に関しては42人から45人へ増えてしまっています。また、第1当事者を含むすべての高齢者事故を見ても、負傷者数、死者数ともに増加している状況です。死者数は前年より3人増え、負傷者数は88人も増えています。さらに、高齢者が第1当事者である交通事故の年別推移において、2011年の人身事故は5,739件でしたが、2015年には5,568件まで減少しています。一方で、死亡事故に関しては2011年には28人でしたが、2015年には45人まで大幅に増えています。全国的に高齢化が進み、高齢のドライバーが増えていることが大きな要因と考えられますが、このように大幅に増えていることは交通事故による死者数を減少させたい埼玉県にとって大きな課題となっています。

埼玉県の交通事故 発生の背景

埼玉県では地域の高齢化に伴い高齢者の死亡事故が増加するなど、重大な交通事故が発生するリスクを抱えています。交通事故の件数は減少しつつありますが、今後さらに状況を改善するため、埼玉県で交通事故が発生する環境要因を調査しました。

埼玉県の人口は南部を中心に増加し続けています

埼玉県の人口は2010年の国勢調査によると7,194,957人でした。都道府県別では東京、神奈川、大阪、愛知に次ぐ全国第5位となっています。また、2010年から2015年までの人口増加率は東京都、沖縄県に次ぐ全国第3位となっており、これから益々増加すると予測されています。地域としては東京都と接する南部エリアの増加率が高く、北部は減少傾向となっています。人口密度を見ると、1,910人/キロ平方メートル(2016年2月時点)となっており、全国第4位です。また、平均年齢は41.6歳と比較的若く、30歳代の男性の割合が高いことが特徴的です。

埼玉県の地域別交通事故発生率を調査しました

埼玉県では南部を中心に人口が増加し続けていますが、交通事故の発生率が高いエリアはどこでしょうか。埼玉県警察が発表した人口1,000人あたりの人身事故発生件数をまとめたデータによると、もっとも交通事故(人身事故)の発生率が高いのは本庄市の発生率6.15でした。続いて美里町の5.95、上里町の5.90となっています。人口が多いさいたま市を見ると、西区が4.78ともっとも高く、続いて若槻区の4.64、大宮区の4.52です。これらのデータからわかることは、人口が集中している都市部で交通事故の発生率が高くなるわけではなく、人口が多くないエリアでも交通事故が発生する大きなリスクを抱えているということです。

埼玉県の「自動車保有台数」は全国第3位

2015年の統計データによると、埼玉県の自動車保有台数は4,039,354台で、東京都に次ぐ全国第3位に位置しています。自動車の形態としては、乗用車は3,141,676台で77.8%を占めていますが、二輪車は194,007台で5%に満たない割合となっています。貨物車の台数を見てみると615,786台で全体の15.2%を占めています。この割合は交通事故が全国で最も多い愛知県の15%をわずかに超えています。二輪車が神奈川県の半数程度という特徴がありますが、埼玉県は自動車の保有台数が多いため、交通事故が発生するリスクが高い県であると言えるでしょう。

埼玉県の交通事故の問題点

ここまで、埼玉県の交通事故発生リスクについて調べて来ました。埼玉県は自動車の保有台数が全国で3番目に多く、人口密度も全国第4位と上位であるため交通事故の発生リスクが高くなります。埼玉県の2015年の交通事故による死者数は177人で、昨対プラス4人という状況です。続いては埼玉県の交通事故の問題点を探ります。

埼玉県の交通事故における高齢死者構成率は高い

埼玉県では前述のとおり高齢者の死亡事故が増加しています。30歳代の人口が多い県であると同時に、高齢者が占める割合も年々増加しています。そのため、埼玉県では高齢者が第一当事者となる死亡事故が大幅に増加しており、これからも増えていくと予測されます。交通事故による死者数の高齢者が占める割合を都道府県別でみると、第1位は愛知県の122人・57.3%ですが、埼玉県は81人・45.8%で、全国第7位に位置しています。埼玉県の高齢比率は20.4%と比較的低く全国平均の22.8%を下回っているにも関わらず高齢死者構成率は高いという状況です。

埼玉県の交通事故問題の背景

埼玉県では、高齢者の交通事故・死亡事故が増えている状況で、交通事故の死者数を増加させる大きな要因となっています。なぜ埼玉県では高齢者が交通事故に遭いやすいのでしょうか?その原因を詳しく分析してみました。

埼玉県では歩行中の高齢者が死亡事故に遭いやすい

埼玉県の交通事故の死者数を年齢層別に分類したデータによると、交通事故によって亡くなられた81人の高齢者の内訳は、歩行者が40人、自転車19人、二輪車6人、四輪車16人となっています。この割合からわかるように、不幸にも歩行中の高齢者が交通事故に巻き込まれ、多数犠牲となっています。歩行中の高齢者の交通ルール違反の有無をみると、違反なしが40%と高い割合である一方、直前直後横断は15%、横断歩道外横断15%など、高齢者のルール違反も事故の要因として大きいようです。

年齢別致死率を調査したデータによると、高齢者以外の年齢層の致死率は、幼児0.1%・高校生0.5%などとなっていますが、高齢者は1.4%と約3倍も致死率が高く、大きなリスクであると判断できます。

埼玉県は死亡事故を減らしていけるのでしょうか?

埼玉県では高齢者の交通事故が多く、死者数も増えてしまっています。また、死亡事故の発生する時間帯を見ると、2015年には2時から4時までの時間帯に発生する死亡事故が昨対150%と増加しています。

埼玉県では、歩行中の高齢者の死亡事故が増加していることもあり、「埼玉県高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る信号機等に関する基準を定める条例」を制定しました。信号機の基準・道路標識の基準・道路標示の基準を新たに定め、高齢者・障がい者が安全に歩行できるよう環境の整備に尽力しています。また、歩行中の死亡事故は歩行者が見えにくくなる薄暮の時間帯に多発しています。そのため、反射材の着用を推奨するなど、歩行者側も交通事故に遭わないよう対策を講じることをすすめています。埼玉県警察では、「歩行者インフォメーション」と題して、県民に交通安全に関する役立つ情報を告知しています。

もし、交通事故を起してしまったら、また、不幸にも交通事故に巻き込まれてしまったら、埼玉県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善の事故処理を行ってくれる地域密着型の弁護士のサポートが必要となってきます。交通事故による様々な問題を一人で抱えず、信頼できる弁護士の力を借りましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所