【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

大阪府の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 大阪府の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全435件)
115件を表示(全435件)

大阪府の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

大阪府の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、大阪府の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

茨木市 寝屋川市 島本町
羽曳野市 吹田市 東大阪市
河内長野市 摂津市 藤井寺市
河南町 千早赤阪村 能勢町
貝塚市 泉佐野市 柏原市
岸和田市 泉大津市 八尾市
熊取町 泉南市 富田林市
交野市 太子町 豊中市
高石市 大阪狭山市 豊能町
高槻市 大阪市 枚方市
阪南市 大東市 箕面市
堺市 池田市 岬町
四條畷市 忠岡町 門真市
守口市 田尻町 和泉市
松原市

大阪府で交通事故の弁護士をお探しの方へ

●大阪府の交通事故に関する相談件数は全国で第2位

日弁連の大阪弁護士会がまとめた無料法律相談の件数ですが、交通事故センターに寄せられた相談件数を見ると、2013年度は年間4,157件、2014年度は4,031件でした。この相談件数は東京都(12,235件)に次ぐ全国2位という多さです。交通事故センターへの相談件数が全国で2番目ということは、その分交通事故の発生件数が多いことを表しています。

大阪府では弁護士への無料法律相談件数が全国1位という圧倒的な多さです

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、大阪府における有料の法律相談件数は2013年度には5,431件でしたが2014年度には5,031件まで減少しています。一方、無料法律相談の件数は73,229件から73,806件へと増加傾向を示しています。無料法律相談の件数は圧倒的な多さで、全国第1位です。東京都は4団体合わせて57,663件(2014年)であるため、いかに大阪府民が無料法律相談を積極的に利用しているかがわかります。また、東京都は減少傾向を示していますが、大阪府では相談件数が増えており、社会的な問題を多く抱えていると推察できます。

上記のように大阪府では弁護士が比較的身近な存在のようで、相談件数が多いこともあり弁護士不足の状態が続いていました。「弁護士白書」のデータから2014年の人口1万人当たりの弁護士数を調査してみると4.78人でしたが東京都は12.62人であるため大阪府は需要の高さに反して弁護士数が少ないと言えます。しかしながら、全国的には2人に満たない地域が多く、そのことを考えると大阪府は恵まれていることになりますが、無料相談総件数が増えているため今後さらに弁護士へのニーズが高まっていくでしょう。

※日弁連交通事故相談センターでは1つの交通事故につき5回まで1回30分以内の無料相談を行っています。

大阪府内の交通事故は減少傾向を表しています

大阪府警察の統計データによると交通事故の件数は減少傾向を示しています。2015年と2016年の5月末までの同月比で調べると、死者数、負傷者数のすべてが減少しており、2015年に85人だった死者数は60人で、前年比25人(-29.4%)の減少となっています。状態別死者数を調査すると、歩行者が17人と最も多く、続いて自転車、二輪車がそれぞれ16人となります。大阪府内では自転車が関係する交通事故が増えているため自転車の交通秩序の整序化などを図ることで自転車関連事故を減少させるため、平成27年4月に全国で初めて「自転車対策室」を設置しました。特に高齢者の事故においては死亡率が高いため、大阪府交通安全協会、大阪自動車学校協会など府内の関係機関・団体の協力得て、高齢者向け自転車用ヘルメットを無償配布しています。

大阪府弁護士会では交通事故に関する無料法律相談に力を入れています

大阪府弁護士会には以下の表のように管内7か所に無料交通事故相談ができる法律相談センターを設けています。各施設では、交通事故処理に関して豊富な経験があり、相談者の立場に立って対応できる弁護士が相談に応じています。

弁護士会館 なんば相談所
岸和田相談所 堺相談所
豊中相談所 茨木相談所
門真相談所

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 4,225人
弁護士法人会員 1,780法人
外国特別会員 12人

大阪府の交通事故の加害者・被害者事情

大阪府では死亡事故が増えています

大阪府内では交通事故の件数、死者数ともに減少しつつありますが、前述のとおり歩行者や自転車、2輪車など自動車乗車中ではない方の死亡事故が多く、高齢者の交通事故も少なくありません。2015年度の大阪府下の人身交通事故は40,607件で、1年間で196人の尊い命が失われています。また、負傷者は48,481人(うち重傷者2,903人)でした。死者数の経年推移をみると、以下の表のとおり平成27年に大きく増えてしまっています。

年度 死者数
平成25年 179人
平成26年 143人
平成27年 196人

大阪府警察が発表している交通情報によると、死亡事故当事者の約8割が過去5年以内に交通違反をしていることになります。また、中学生・高校生の自転車による交通事故に関しては、中学生・高校生当事者の約8割に交通違反があると発表されています。特に毎年7月には学生の自転車による交通事故が増える傾向があり、信号無視、2人乗りなど交通違反が原因となる事故が多いのですが、近年はスマートフォン、携帯電話などを使用しながら自転車に乗る学生が増えており、交通事故の原因となっています。

大阪府の交通事故件数は全国第2位

大阪府下の交通事故件数は減少傾向にありますが、都道府県別では第2位という高いランクに位置しています(2014年度)。一方、人口10万人当たりの交通事故死者数は1.6人と、全国で2番目に少ない値です。人口と対比すると死者数の割合は少ないのですが、平成27年度には196名が交通事故によって亡くなっています。交通事故の件数が減少しているなか死者数が大幅に増えているため、大阪府では深刻な交通事故が多いと判断できます。

大阪府の交通事故 発生状況

大阪府の交通事故発生件数は42,729件(2014年実績)となっており、都道府県別で第2位に位置していますが、2012年の交通事故発生件数は48,212件で、この時も全国第2位でした。この2年間で事故の件数は5,483件減少していますが、これまで見てきたとおり死者数は大きく増加しています。全国的な傾向としては交通事故による死者数は減少しているため、大阪府民はこのことを重大な問題であると考える必要があります。

大阪府では歩行中の高齢者が交通事故に遭うリスクが高い

交通事故に於ける高齢歩行者死者のうち約8割の方が自宅から1㎞以内の場所で死亡事故に遭っています。大阪府下で平成25年から平成27年に発生した高齢歩行者死者の自宅から発生場所までの距離別割合を調査したデータによると、1km以内:82人、1.01kmから2km:11人、2.01km以上:14人となっています。原因としては、道路を横断する際に横断歩道を利用せず、走行する自動車の前後を無理に横断することや赤信号の横断歩道を渡るなど、交通違反によるものが多いようです。そのため、大阪府警察では高齢者が関わる交通事故の発生状況を地域別に分析し、事故が多発する地区においては重点的に交通安全教室等を実施しています。

大阪府の交通事故 発生の背景

大阪府では交通事故の発生件数が減っているにも関わらず死者数は増加傾向にあり、高齢者が歩行中に事故に遭う確率も高くなっています。大阪府で死亡事故が増えている要因は何でしょうか?その背景を調査しました。

大阪府は全国で2番目に人口密度が高いため交通事故リスクが上昇します

大阪府の人口は2010年の国勢調査によると8,862,896人でしたが、現在は緩やかながら減少しはじめています。人口密度を見ると、4,640人/キロ平方メートルとなっており、東京都に次ぐ第2位です。人口は神奈川県より少ないものの面積が狭いため人口密度では全国で2番目に高いランクに位置しています。このように大阪府は人口が多く人口密度が高いため、交通事故が発生しやすい環境を作り出しているのではないでしょうか?

大阪府の「自動車保有台数」は全国第5位

2015年の統計データによると、大阪府の自動車保有台数は3,727,954台となっており、全国で第5位に位置しています。自動車の形態別のデータをみると、大阪府には貨物車が多いことがわかります。全自動車数のなかで貨物車が占める割合は17.7%とさほど高くありませんが、車両数659,989台という数値は全国で第3位となります。また同様に2輪車の数も全国で3番目に多く、2015年3月31日の時点で233,897台となっています。

大阪府の交通事故の問題点

ここまで見てきたデータから大阪府の交通事故に関する問題点がわかって来ました。大阪府は人口密度が高く自動車数も多いことから交通事故の発生リスクが上がっています。特に死亡事故が増えていることが最大の問題点ではないでしょうか。

死亡事故の原因を調査しました

大阪府では平成27年度に交通事故による死者数が大幅に増加しています。なぜ増えてしまったのか大阪府警察の統計データに基づき考えてみます。大阪府では事業用貨物自動車による交通事故死者数が全国平均の約4倍となっており、平成25年から27年までの全国平均が22.9人であるところ、大阪府では平均82人の方が事業用貨物自動車による交通事故で亡くなっています。事故原因としては、交差点を右左折する際の歩行者、2輪車の巻き込みが最も多いようです。事業用貨物自動車による月別交通事故死者数のデータを見ると6月が最多となっています。

大阪府の交通事故問題の背景

大阪府では事業用貨物自動車による死亡事故が全国平均の4倍となっていることが特徴的です。商業的に発展していることから貨物自動車が多く、自動車保有数も多いため渋滞など交通事情も良くありません。また、高齢者の歩行中の事故も多く、死者数を減らせていません。そのほか、高齢者が運転する自動車が起こす交通事故の件数も増えているようです。

大阪府では高齢ドライバーによる事故が10年間で30%増加しています

大阪府では高齢運転者のブレーキ操作不適による交通事故が多発しています。また、大阪府警察がまとめた過去10年間に高齢者が原付以上を運転中に第1当事者となった年別事故件数を見ると、平成17年には5,309件だったものが平成26年には6,725件まで増加しています。このような状況から運転に不安を感じたご高齢の方や家族など身近なひとから運転が危険だということで薦められた方々が運転免許の自主返納を行っています。一方で、65歳以上の高齢者が自転車に乗っていて交通事故に遭ってしまった場合は致死率が65歳未満の方々の約6倍となっており、非常に危険であることが分かります。事故の内容をみると単独死亡事故が非常に多く、1年のなかで9月から11月が最多となります。

大阪府では女性の飲酒運転による死亡事故が全国平均の2.5倍

大阪府では飲酒運転の撲滅に力を入れて取り組んで来ました。しかし、女性による飲酒運転および飲酒運転が原因の交通事故が後を絶ちません。女性の飲酒運転による死亡事故件数は全国平均が1.2件のところ大阪府は3件となっています。時期としては、忘年会などお酒を飲む機会が多い12月に事故が多発しており、ドライバーのモラルの欠如が大きな問題です。大阪府では飲酒運転を厳しく取り締まっていますが、飲酒運転を助長する行為(車両提供・酒類提供・車両同乗)に対しても責任を追及しています。自分自身はもちろんのこと、お酒を飲むときは自動車を使わず、予期せず酒席となった場合には運転代行などのサービスを活用しましょう。

大阪府は今後さらに交通安全運動を推進していく必要があります

大阪府は交通事故による死者数が増えており、飲酒運転など悪質なドライバーが起こす深刻な交通事故も後を絶ちません。府民の努力によって交通事故の件数は減少傾向にありますが、今後さらに交通ルールの啓蒙活動、警察官による取り締まりを強化していく必要があります。交通事故の原因として多いのは信号無視などの交通違反です。歩行者がルールを守ると同時に、自動車を運転するドライバーは安全確認を怠らず、交通事故を起さないよう細心の注意を払わなくてはいけません。

もしあなたが交通事故を起してしまったら、また、不幸にも交通事故に巻き込まれたときは、大阪府の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善となる事故処理を行う地域に密着した弁護士のサポートが必要です。大阪府弁護士会は依頼者のニーズに最適なサポートができるよう様々な取り組みを行っています。交通事故による様々な問題を一人で抱えず、信頼できる弁護士の力で解決しましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所