【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

福岡県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 福岡県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全202件)
115件を表示(全202件)

福岡県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

福岡県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、福岡県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

赤池町 黒木町 豊津町
赤村 桂川町 那珂川町
朝倉市 玄海町 中間市
朝倉町 小石原村 二丈町
芦屋町 上毛町 直方市
甘木市 古賀市 杷木町
飯塚市 古賀町 久山町
糸島市 小竹町 広川町
糸田町 犀川町 福岡市
稲築町 篠栗町 福智町
うきは市 早良町 福津市
浮羽町 椎田町 福間町
碓井町 志賀町 豊前市
宇美町 志摩町 宝珠山村
大川市 志免町 方城町
大木町 庄内町 星野村
大島村 新宮町 穂波町
大任町 新吉富村 前原市
大野城市 城島町 前原町
大野町 上陽町 水巻町
大牟田市 須恵町 三橋町
岡垣町 瀬高町 三潴町
小郡市 添田町 みやこ町
小郡町 大平村 宮田町
遠賀町 高田町 みやま市
頴田町 田川市 宮若市
春日市 大刀洗町 三輪町
春日町 立花町 宗像市
粕屋町 田主丸町 宗像町
勝山町 太宰府市 夜須町
金田町 太宰府町 柳川市
嘉穂町 筑後市 矢部村
嘉麻市 筑紫野市 山川町
川崎町 筑紫野町 山田市
香春町 築上町 大和町
苅田町 筑前町 八女市
北九州市 筑穂町 行橋市
北野町 築城町 吉井町
鞍手町 津屋崎町 吉富町
久留米市 東峰村 若宮町

福岡県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

●九州地方で交通事故に関する相談件数が最も多いのは福岡県です

日弁連の福岡県弁護士会がまとめた無料法律相談のうち交通事故センターに寄せられた相談件数を見ると、2013年度は年間1,976件、2014年度は1,957件でした。この件数は九州地方にある8つの弁護士会のなかで最多となります。参考まで他県をみると、熊本県が1,171件で最も近い値ですが、そのほかは鹿児島県991件、佐賀県574件、沖縄県500件などとなっています。九州地方で最も相談件数が少ないのは大分県の97件です。この数値から判断すると、福岡県は九州地方のなかでもっとも交通事故が多い県であると考えられます。

福岡県では弁護士への法律相談件数が年々増加しています

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、福岡県における有料の法律相談件数は2013年度には6,915件でしたが2014年度には4,752件まで減少しています。一方で無料法律相談の件数は31,186件から34,087件まで大きく増加している状況です。有料・無料に関わらずすべての法律相談の件数は増加傾向にあり、福岡県では交通事故をはじめとする様々なトラブルを解決するため法律の専門家に頼ることが一般化されているようです。

福岡県では法律相談の件数が増えていることからわかるように弁護士への需要は高くなっています。「弁護士白書」によると人口1万人当たりの弁護士数は2.25人(2014年時点)と比較的恵まれた環境にあります。しかし、東京都12.62人、大阪府4.78人と比べると、まだ充分とは言い切れないでしょう。福岡県は人口が増加傾向にあり、経済的な規模も大きいことから、今後さらに弁護士の数を増やし、県民が利用しやすい環境を整える必要があると思われます。

交通事故による死者数も増えている福岡県

福岡県警察本部交通部交通企画課が発表している平成27年の交通事故統計資料を見ると、交通事故による死者数は152人となっており、前年より5人増えています。エリアとしては福岡地区と高速道路等で死者数が増加しています。平成27年度は全国的にも交通事故による死者数が増加するなど死亡事故の発生状況が悪化しており、福岡県においても同じく交通量の多い都市部や高速道路において重大な事故が発生しています。

さらに詳しくみると、自転車関連事故が全事故の14.5%を占めるなど、増加傾向にあります。事故の発生件数、死傷者数は前年より減少していますが、自転車対歩行者、自転車対自転車の交通事故件数は前年より増加している状況です。

福岡県弁護士会では交通事故サポート相談に力を注いでいます

福岡県弁護士会では「交通事故サポ-ト相談」制度を設け、交通事故に遭ったとき、加害者や保険会社とどのように交渉したらよいかなど、様々な相談を受け付けています。内容としては、無料の電話相談を行うほか、その後1回の無料面接相談も実施しています。電話相談は092-741-2270において月・火曜日午後1時~午後3時30分、水・木・金曜日午後1時~午後4時の時間帯に対応しています。面接による法律相談は、以下の表のとおり県内17か所の法律相談センターで対応しています。

天神弁護士センター 魚町法律相談センター
二日市法律相談センター 久留米法律相談センター
むなかた弁護士センター 八女法律相談センター
いとしま弁護士センター 柳川法律相談センター
古賀弁護士相談センター 大牟田法律相談センター
北九州法律相談センター 飯塚法律相談センター
折尾法律相談センター 直方弁護士センター
行橋法律相談センター 田川弁護士センター
豊前法律相談センター

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 1,146人
弁護士法人会員 546法人
外国特別会員 3人

福岡県の交通事故の加害者・被害者事情

福岡県は高速道路上での交通事故が増加の一途

福岡県では交通事故の発生件数は減少傾向にありますが、高速道路上の事故に関しては増加しています。平成27年の高速道路上の交通事故発生件数は583件で、前年より15件増えています。また、負傷者数に関しても前年より17人増え、死者数は13人で前年より7人も増加しています。平成25年から26年にかけては高速道路上の交通事故は前年より7.8%減少していましたが、平成27年になって事故の件数及び死傷者数ともに増加していることには何らかの重大な要因があると考えられます。

道路形状別の交通事故発生状況

福岡県警察本部交通部交通企画課がまとめた統計データから道路形状別の交通事故発生状況をみると、交差点及び交差点付近での発生件数が21,521件で全事故の54.2%を占めています。 単路その他の発生件数は15,115件で、38.0%です。また、交差点及び交差点付近での死者数が86人と非常に多く、全体の56.6%を占めています。これらを前年と比較すると、交差点での事故は前年より53件減少していますが、交差点付近でみると2,628件と大幅に増加しています。一方で、単路での事故は20%以上減少している状況です。さらに、死者数を道路形状別で調査すると、全死者数152人のうち86人の方が交差点及び交差点付近における交通事故で亡くなられています。前年比はプラス3人です。これらのデータからわかることは、福岡県では交差点及び交差点付近で死亡事故となるような重大な交通事故が多発しているということです。

福岡県の交通事故件数は全国第3位

福岡県では交通事故の発生件数は減少傾向にあるものの、都道府県別では第3位という高い位置にランクインしています(平成26年度)。一方、人口10万人当たりの交通事故死者数は2.9人で、全国で8番目に少ない値となっています。交通事故の件数が多いことは福岡県の人口の多さと比例しているといえますが、1年で41,168件(平成26年)という交通事故発生件数は福岡県における重大な社会問題と捉える必要があります。首都東京と比べてみても、同年の東京都の交通事故発生件数は37,184件となっているため、福岡県の方が上回っていることになります。ちなみに、全国で最も交通事故の発生件数が多いのは愛知県の46,131件です。

福岡県の交通事故 発生状況

福岡県の交通事故発生件数は41,168件(平成26年)となっており、都道府県別で第3位という上位に位置していました。しかしながら、事故の発生件数は前年より2,510件少く、引き続き減少傾向を維持しています。また、平成27年にはさらに少なくなり、39,734件まで減少させています。このように福岡県では交通事故の発生件数は年々減っており、県民の交通安全に対する意識の高まりを感じさせます。一方で、死者数に関しては平成26年から27年で147人から152人へと増加させており、地域としては福岡地区など都市部において死亡事故が多く発生しています。続いては、福岡県内の交通事故の発生状況を詳しく調べて行きます。

福岡県では75歳以上の高齢者の死亡事故が増加しています

平成27年に交通事故によって亡くなられた152人のうち、65歳以上の高齢者が87人と全体の57.2%を占めています。内訳をみると75歳以上の方が60人で最も多く、高齢者の死者数の69.0%という高い割合となっています。75歳以上の高齢者の死者数を前年と比べると12人も多く、地域の高齢化とともに今後も増えていくと予測されます。また、65歳以上の交通事故による傷者数に関しても同様に前年より99人多く、深刻な問題と捉える必要があります。一方で、16~24歳までの若年層、60~64歳までのシニア層など前年より死者数が減少している年代も多いのですが、高齢者が多く交通事故の犠牲となっているため県全体の死者数を増やしてしまっているようです。

事故類型別の発生状況

平成27年に福岡県で発生した交通事故を事故類型別でみると、事故の件数は追突及び出会い頭が抜きん出て多く、死者数に関しては人対車両が前年より6人増え63人と最も多くなっています。また、高齢の運転者が第1当事者の交通事故による死者数は前年より10人も増え43人で、全ての死者数の3割近くを占めています。傷者数を事故類型別にみてみると、総数52,758人のうち22,501人が追突による事故で怪我を負っています。追突事故による死者数は6人で割合としては多くありませんが、一般的に追突事故で負傷する場合はむち打ち症など治療が長引く怪我が多く、後遺症が残ることで被害者の日常生活に深刻な影響を与えてしまいます。

福岡県の交通事故 発生の背景

福岡県では交通事故による死者数が全国ワースト10位で、高齢者の死亡事故が多発しています。また、高齢者が第1当事者となる交通事故も増加しており、高齢化が進む地域において大きな社会問題となっています。

福岡県は全国で9番目に県の総人口が多く人口密度も高い

福岡県の人口は平成27年の国勢調査によると5,102,871人でした。この値は全国で第9位という上位のランクとなります。平成22年には5,072,804人であったため増加傾向にあることがわかります。人口密度に関しても全国で第8位と比較的高く、特に福岡市に県外からの転入者が多く、都市部に人口が局所的に集っています。

福岡県の「自動車保有台数」は全国第8位

2015年の統計データによると、福岡県の自動車保有台数は3,317,890台となっており、全国で第8位となっています。20年前の1995年には2,671,639台であったため、人口の増加や経済の発展に合わせて自動車の保有台数も大幅に増加しているようです。乗用車と貨物車、二輪車の割合は全国的な平均値に近く、特に大きな特徴はありません。

福岡県の交通事故の問題点

ここまで見てきたことで福岡県の交通事故に関する問題点、課題が明らかになって来ました。福岡県は人口と自動車数が多いことが交通事故の発生リスクを高める要因の一つですが、高齢者が加害者・被害者となる交通事故が多いこともその特徴です。また、より詳しく見ていくと、交通ルール違反も多いようです。

交通事故の違反別発生状況を調べてみました

福岡県で平成27年に発生した交通事故39,734件のうち安全不確認による発生件数が18,885件と最も多く、47.5%という高い割合を占めています。死者数に関しても安全不確認が原因となるものが61人で最も多く、全死者数の40.1%です。そのほか詳しく見ると、前方不注意が8,972件、操作不適2,660件、信号無視1,092件などとなっています。死者数が最も多いのは安全不確認ですが、ほかにも前方不注意、信号無視などが要因として挙げられており、自動車の信号無視によって10人の方が犠牲となっています。

福岡県の交通事故問題の背景

福岡県では交通事故による死者数が増加しており、高齢者の死亡事故も多く、交通ルール違反による死亡事故も多数起きています。このように、交通事故を減少させるため官民ともに努力している福岡県ですが、なぜ死亡事故が減らないのでしょうか。

福岡県では飲酒運転による交通事故が多い

福岡県では平成27年に飲酒運転による交通事故が156件発生しています。この件数は前年比+3件となっており、2%上昇しています。また、飲酒運転による死亡事故も2件起きている状況です。内容をみると、酒気帯び運転は121件で、酒酔い運転と認められるものが7件あります。福岡県では、平成18年8月25日に福岡市東区の海の中道大橋で、飲酒運転をしていた乗用車に追突された被害者の自動車が博多湾に転落し、車内の3児が死亡する痛ましい事故がありました。そのほかにも飲酒運転による死亡事故が多発し、県ではこれらのことを深刻に捉え、「飲酒運転撲滅条例」を制定し、「飲酒運転撲滅宣言企業・宣言の店」の登録拡大、飲酒運転違反者へのアルコール依存症の受診指導など、官民一丸となって飲酒運転の撲滅に取り組んでいます。平成22年にワースト1位だった飲酒運転事故の件数は、平成26年にはワースト11位まで改善しています。しかしながら依然として件数は多く、今後さらに取り組みを強化する必要があります。

福岡県はこれからも交通事故を減らすべく努力して行きます

福岡県では交通事故の発生件数は減少傾向にありますが、死亡事故は増えてしまっています。また、飲酒運転は全国ワースト11位まで改善されているものの決して充分な成果ではありません。福岡県では、「飲酒運転撲滅キャンペーン」と称して、「飲酒運転は絶対しない、させない、許さない」という県民意識の定着を図るべく様々な活動を行っています。地元民放ラジオ5局のパーソナリティー、地元ミュージシャンなどによる広報活動、福岡県警による特別取り締まり、県内イベント会場での啓発活動など、その動きは県全域に広がっています。

このように、県全体で交通事故を減らすため努力している福岡県ですが、もしあなたが不幸にも事故を起こしたり、予期せず事故に巻き込まれてしまったら、福岡県の交通事故事情を理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善となる事故処理を行う、地域に根差した弁護士のサポートが大切です。交通事故によって生じた様々な問題を一人で抱え込まず、専門家の力を借りて最善の解決方法を見つけましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所