【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

福井県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 福井県の交通事故に強い弁護士に相談
  • 1
112件を表示(全12件)
  • 1
112件を表示(全12件)

福井県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

福井県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、福井県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

朝日町 小浜市 名田庄村
足羽町 勝山市 南条町
あわら市 金津町 西谷村
芦原町 上志比村 春江町
池田町 上中町 福井市
和泉村 河野村 松岡町
今庄町 越廼村 丸岡町
今立町 坂井市 三方町
永平寺町 坂井町 三国町
越前市 鯖江市 南越前町
越前町 清水町 美浜町
大飯町 高浜町 宮崎村
おおい町 武生市 美山町
大野市 敦賀市 若狭町
織田町

福井県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

福井県の交通事故センターへの相談件数は中部地方で2番目に多い

中部弁護士会連合会(中部弁連)に属する福井弁護士会では県民の生活をサポートする無料法律相談に力を入れています。「弁護士白書」のデータから交通事故センターに寄せられた相談件数の件数を見ていくと、2013年度は年間814件でしたが、2014年度には838件まで増加しています。中部弁連に属する6つの弁護士会と比較すると、愛知県弁護士会1,809件、三重弁護士会620件、岐阜県弁護士会426件、富山県弁護士会169件、金沢弁護士会88件となっているため、福井県の交通事故センターに寄せられる法律相談の件数は中部地方で2番目という多さになります。

福井県では無料法律相談が活用されつつあります

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、福井弁護士会による有料の法律相談件数は2013年度には471件でしたが2014年度には326件まで減少していました。一方で、様々な窓口で対応している無料法律相談の総数に関しては、この間2,677件から3,352件まで大幅増となっています。その内訳をみると、弁護士会などが実施する無料法律相談が目立って増加しており、日本司法支援センター(法テラス)や交通事故センターへの相談件数はほとんど変化がありませんでした。中部弁連に属する弁護士会のほとんどで無料法律相談の件数が増加しており、福井県も同様の傾向を見せています。

福井県では弁護士会が実施している無料法律相談の件数が増加しており、弁護士へのニーズが年々高まっています。その需要に充分に応えていけるほど県内で活動する弁護士の数は足りているのでしょうか。「弁護士白書」で調べると、福井県の人口1万人当たりの弁護士数は1.29人(2014年時点)でした。中部地方のその他の県をみると、愛知県2.39人、石川県1.44人、富山県1.03人、岐阜県0.91人などとなっているため、福井県は中部地方のなかでは比較的恵まれているようです。

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 102人
弁護士法人会員 60法人
外国特別会員 0人

福井弁護士会では交通事故に関する無料法律相談を実施しています

福井弁護士会では、(公財)日弁連交通事故相談センター主催の交通事故に関する法律相談会を実施しています。相談料は無料です。開催場所は、福井市宝永4-3-1 三井生命ビル7階の福井弁護士会内です。毎週火・金曜日の午前9時から午前11時30分まで実施していますが、事前に予約が必要です。(予約申し込みはTEL:0776-23-5255)。相談に際しては、交通事故証明書、診断書、後遺障害診断書などの種類や、事故前の収入証明、示談交渉の過程がわかる書類、加害者の任意保険の有無と種類などがあるとスムーズです。

福井県の交通事故の加害者・被害者事情

福井県は交通事故による死者数が減少している

福井県警察がまとめた「交通事故発生状況 平成27年」から県内の交通事故の実態を見て行くと、この年に県内で2,188件の交通事故(人身事故)が発生していました。前年の2,416件から228件の減少となっており、減少傾向を維持しています。負傷者数も事故件数の減少にともない206人減少し、2,572人でした。また、死者数に関しても同様の傾向となっており、平成27年に県内で発生した交通事故による死者数は前年比-2人の47人でした。さらに、物損事故に関しても前年より648件減少しており、福井県の交通事故発生状況は良い方向に進んでいることを表しています。

過去10年間の交通事故に関する統計データを調べると事故発生件数に関しては以下の表のとおり減少傾向を維持していることがわかります。しかし、死者数に関しては年度によっては増加に転じているときもあり、福井県民にとって大きな課題となっています。

年度 発生件数 死者数
平成18年 4,680 64
平成19年 4,658 60
平成20年 4,012 55
平成21年 3,740 54
平成22年 3,624 42
平成23年 3,401 61
平成24年 3,148 37
平成25年 2,893 57
平成26年 2,416 49
平成27年 2,188 47

福井県の交通事故による死者数を全国的にみると、平成27年度はワースト35位でした。同じ中部地方の愛知県は全国でもっとも交通事故が多い県として有名ですが、福井県は中部地方のなかでも石川県に次ぐ交通事故による死者数が少ない県です。

人口10万人当たりの死者数は全国ワースト2位

平成26年に福井県内で交通事故によって死亡した方の数は49人でしたが、この数字を人口10万人あたりに置き換えると6.2人となり、全国ワースト2位という不名誉なランクに位置していました。平成27年人は死者数を47人に減少させてはいますが、依然として高い数字で、全国的に見ても人口が少ないわりに交通事故による死者数が多いと県と言えます。地方都市では自動車の台数、交通量が少ないためスピードが出てしまう傾向があり、交通事故の原因となると言われていますが、果たして福井県で発生する死亡事故の大きな原因は何なのでしょうか。

福井県の交通事故 発生状況

福井県では交通事故発生件数、死傷者数ともに減少しており、良い傾向を見せていますが、人口10万人当たりで計算すると交通事故による死者数は全国的にみても上位に位置しています。また、交通事故による死者数は過去10年の間で増減を繰り返しており、平成27年は前年を下回ったものの油断できない状況と言えます。

福井県では車両単独事故による死者数が多い

福井県警察がまとめた「交通事故発生状況 平成27年版」から交通事故を類型別に分類したデータを見ると、この年、最も多くの死者を出しているのは車両単独事故の18人でした。次に多いのは横断中(歩行者)の10人です。事故発生件数としては追突事故が圧倒的に多く881件となっていますが、死者数は1人にとどまっています。事故の件数が少ないわりに死者数を多く出しているのが単独事故で、件数としては59件ですが残念なことに18人の死者を出してしまっています。事故の原因としては、前方不注視、前方不確認などの漫然運転によるものが多く全体の過半数を占めていますが、ハンドルブレーキ操作不適という運転技能に関わることが事故原因として比較的多く、年間145件発生しています。

死者数が増加している高齢ドライバーの事故

平成27年に福井県で発生した交通事故による死者数47人のうち65歳以上の高齢者が26人と半数以上を占めていますが、同時に高齢ドライバーによる死者数も割合が高く、19人となっています。前年のデータを見ると、高齢死者数は28人で高齢ドライバーによる交通事故死者数は12人でした。被害者は減っていますが加害者(当事者)は増えてしまっています。

若年ドライバーが起こす事故の件数が増えている

全国的に高齢者が加害者・被害者となる交通事故が増加しており、その要因としては高齢者人口の増加があげられますが、福井県では残念ながら16歳から24歳の若年ドライバーが起こす交通事故の件数が増加しているようです。福井県警のデータによると平成26年には年間416件だったものが平成27年には20件増え、436件となっています。死者数は幸いにも1人減っていますが、負傷者数は事故件数の増加に伴い62人も増加してしまっています。

福井県の交通事故 発生の背景

福井県では車両単独事故による犠牲者の数が多く、その原因としては運転操作ミスが考えられています。また、高齢ドライバーによる死亡事故、若年ドライバーによる人身事故が県内で多発しており、大きな問題となっています。続いては、福井県で交通事故が発生する背景を調べて行きます。

福井県は運転免許保有者が多い

福井県は人口10万人当たりの交通事故による死者数が多く、全国でも上位に位置していますが、その原因の一つとしては運転免許保有者数の多さが考えられます。都道府県別・運転免許保有者と人口比較データを見ると、平成26年の時点で福井県は16位となっています。県の総人口806,470人に対して543,051人が運転免許を持っているという比率の高さです。

福井県の高齢化率を調査するため内閣府による「平成26年版高齢社会白書(概要版)」を見ると、全国平均が25.1%のところ、福井県の高齢化率は27.0%と上回る値でした。高齢者の割合が高いということは、高齢ドライバーの数もそれに比例して多くなるわけで、高齢ドライバーが第1当事者となる交通事故が増えていく背景となっています。福井県の高齢化は年々加速していますが、ここ数年の傾向として子供の数も増加しており、全国平均よりも10代の若年人口が多くなっています。若者人口が増えていることで若年ドライバーによる交通事故の発生件数が上昇しているのかもしれません。

福井県の交通事故の問題点

ここまで、福井県における交通事故の現状を調べて来ました。福井県では高齢ドライバーによる単独事故が多く、交通事故による死者数を大きく減らすことができていません。また、死者数47人という数字を全国的に見れば35位という平均以下のランクですが、人口10万人当たりの死者数で考えると全国ワースト2位となっています。続いては、福井県が抱える交通事故に関する問題点を探っていきます。

シートベルト着用率が依然として低い

福井県で発生した交通死亡事故を分析したデータによると、死亡事故においてシートベルトの着用率が低く、特に高齢者の場合は26人中13人がシートベルト未着用の状態でした。高齢者が犠牲となる事故が増加しているなか、シートベルトの着用率が上がらなければ犠牲者の数を減らすことが難しいと思われます。ここ数年の傾向は以下の表のとおりとなっており、シートベルトの着用率が悪くなることはあっても改善されたと言える年はなく、常に半数以上の高齢者が未着用の状態で死亡しています。

年度 ベルトあり ベルトなし
平成22年 7人 7人
平成23年 6人 14人
平成24年 9人 12人
平成25年 11人 15人
平成26年 7人 11人
平成27年 13人 13人

飲酒運転による死亡事故が発生しています

飲酒運転に関する実態を調査すると、平成27年には飲酒運転による死亡事故が2件発生していました。平成22年には年間8件発生していたため大きく改善していることになりますが、依然として悪質と言える飲酒運転が原因の死亡事故が発生しており、飲酒運転の処罰が厳罰化されたにも関わらず犠牲者を出す事故を起こすドライバーがいる状況です。

福井県の交通事故問題の背景

福井県では高齢者が加害者・被害者となる交通事故が多発しており、全死者数における高齢者の割合は47人中26人と非常に高くなっています。また、高齢者が死亡した事故においてはシートベルトの着用率が低いことが特徴的で、その原因を取り除いていくことが大きな課題です。

後部座席のシートベルト着用率は全国ワースト1位

福井県ではシートベルトの着用率が低く、そのことが交通事故において犠牲者を出す要因の一つとなっています。JAF(社団法人日本自動車連盟)と警察庁が調査した都道府県別のシートベルト着用率データを見ると、運転者、助手席同乗者では全国で8番目、10番目に悪い着用率となっており、さらに後部座席に関してはワースト1位という状況です。後部座席のシートベルト着用については数年前に法令が施行された関係もあり、運転免許証を数十年前に取得したと考えられる高齢のドライバーには、まだその法令に対する意識が低いと予想されます。福井県は免許保有者の割合が高く、高齢者においても自動車を運転する機会が多いと考えられます。そのため、死亡事故を減らすためには特に高齢者のシートベルトに対する意識を高めていくことが必要です。

福井県警察では、高齢者事故防止のため運転適性検査や適性相談に力を入れています。また、実践型安全運転講習を実施することで、運転操作ミスによる事故を防ぐことができるよう努力しています。平成29年3月12日には高齢者運転免許制度が変更されます。病気や加齢によって車の運転に支障が生じている方、運転が思うようにできないのではないかと心配されているご家族の方は、福井県運転者教育センターに相談することが出来ます。また、県警では高齢免許返納者サポート制度の活用を推進し、高齢者が車を運転しなくても快適に生活するためのサポートを行っています。

これまで見てきたとおり、福井県では交通事故に関する様々な課題を抱えています。官民が一体となって事故の防止に努め交通事故による犠牲者を出さないために、ドライバーが安全運転を心がけることが大切ですが、歩行者側も交通ルールを守り、自身の身の安全を守っていく必要があります。しかしながら、もし不幸にも事故を起こしてしまったら、予期せず事故に巻き込まれてしまったら、福井県の交通事故事情を正しく理解し、加害者・被害者いずれにおいても最善の事故処理を行ってくれる地域密着型の弁護士のサポートが必要となってきます。交通事故によって発生する様々な問題を解決するためには豊富な実績があり信頼できる弁護士のサポートが大切です。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所