【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

栃木県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 栃木県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全23件)
115件を表示(全23件)

栃木県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

栃木県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、栃木県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

足尾町 葛生町 西方町
足利市 栗山村 西方村
粟野町 黒磯市 西那須野町
石橋町 黒磯町 日光市
市貝町 黒羽町 二宮町
市貝村 国分寺町 野木町
今市市 さくら市 芳賀町
岩舟町 佐野市 馬頭町
氏家町 塩原町 藤岡町
宇都宮市 塩原町 藤原町
大田原市 塩谷町 益子町
大平町 下野市 南河内町
小川町 高根沢町 南河内村
小山市 田沼町 南那須町
鹿沼市 都賀町 南那須村
上河内町 栃木市 壬生町
上河内村 那珂川町 真岡市
上三川町 那須烏山市 茂木町
烏山町 那須塩原市 矢板市
河内町 那須町 湯津上村
喜連川町

栃木県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

栃木県の交通事故センターへの相談件数は関弁連内で5番目に少ない

関東弁護士会連合会(関弁連)に属する栃木県弁護士会では県民の暮らしに役立てるよう無料法律相談を実施しています。そのうち、交通事故センターに寄せられた相談件数は、2013年度は年間358件でしたが、2014年度には350件とごくわずかに減少しています。この相談件数は関弁連に属する13の弁護士会のなかでは5番目に少ない件数となります。興津事故センターに寄せられる相談の件数が少ないということは、栃木県の交通事故発生件数も比例してさほど多くないのでしょうか。これから、栃木県における交通事故の現状を調べていきます。

栃木県の法律相談件数はやや減少

日本弁護士連合会(日弁連)がまとめた「弁護士白書」によると、栃木県弁護士会が行っている有料法律相談の件数は、2013年には1,180件でしたが2014年には920件まで減少しています。また、無料法律相談に関しても2,893件から2,889件まで僅かではありますが減少しています。しかし、日本司法支援センター(法テラス)で行っている無料の法律相談に関しては増加傾向にあり、県民が弁護士費用の立替えなどを行ってくれる法テラスを積極的に利用していることが分かります。

「弁護士白書」で栃木県の弁護士数の現状を調べてみると、2014年の人口1万人当たりの弁護士数は1.06人でした。北関東の他県と比較してみると、茨城県は0.89人、埼玉県は1.04人、群馬県は1.38人となっているため、栃木県の弁護士数はこのエリアでは平均的と言えます。

栃木県弁護士会は県内5か所で法律相談を実施しています

栃木県弁護士会は県民が気軽に法律相談できるよう県内5か所で法律相談を実施しています。基本的に相談料金は30分で5,000円(税別)ですが、交通事故に関わる相談については無料としています。会場によって受付日時が異なりますので、法律相談をする場合は予め電話で問い合わせておきましょう。予約電話は028-689-9001です。ただし、足利市民会館に限っては予約不要ですが先着12名までの対応となります。

窓口 相談日時
栃木県弁護士会館 毎週月~金13:30~17:00
大田原商工会議所 毎月第2金曜日13:30~17:00
小山市立生涯学習センター 毎月第1土曜日10:00~12:00
栃木商工会議所 毎月第3土曜日10:00~12:00
足利市民会館 毎週土曜日9:00~12:00

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 209人
弁護士法人会員 135法人
外国特別会員 0人

交通事故に関する法律相談を無料で実施しています

財団法人日弁連交通事故相談センターでは、栃木県弁護士会館内の栃木相談所において交通事故に関する無料の法律相談を実施しています。取り扱い業務内容は面接相談のほか示談あっせんです。相談を受ける場合はあらかじめ電話などで予約をしておきましょう。

栃木相談所:028-689-9001に電話して、毎週火~金の14:00~16:30の相談時間のなかから予約時間を決めてください。

栃木県の交通事故の加害者・被害者事情

栃木県の交通事故による死者数は全国ワースト13位

栃木県警察が発表している平成27年度の県内における交通事故発生状況を見ると、交通事故(人身事故)の件数は6,327件でした。平成26年には6,413件だったため、件数としては減少傾向にあります。死者数の推移をみると、平成27年には県内で98人が交通事故の犠牲となっていますが、前年には102人だったため、こちらも減少傾向にあります。しかしながら都道府県別ではワースト13位と比較的高いランクに位置しています。

栃木県の交通事故に関するデータを発生地域別に詳しくみると、人口に比例して事故の発生件数は宇都宮市が2,028件と最多ですが、人口10万人当たりの件数でみると足利市の697件がワースト1位となっています。死亡事故に関しても同様に調査すると、死者数が最も多いのは、やはり人口が多い宇都宮市の14人ですが、人口10万人当たりで見たワースト1位は芳賀郡芳賀町(3人)となります。市として多く犠牲者を出してる地域は、前述の宇都宮市のほか、日光市(11人)、小山市(11人)、那須塩原市(10人)、栃木市(10人)等となっています。

高齢者の死亡事故を減らすことに成功

栃木県警察が発表している「交通事故発生状況」をさらに詳しく見て行くと、平成28年には1月から6月末までの半年間で2,679件の人身事故が発生しており、死者数は前年同時期比-2人の46人となっています。このうち22人が65歳以上の高齢者という現状です。その割合は47.8%と半数近くを占めていますが、前年に比べてこの時点で-7人という状況です。全国的に高齢者の死亡事故が増加しており、交通事故による死者数を減らしたい各都道府県にとっては大きな課題となっています。栃木県においては平成28年の上半期に限っては減少させることに成功しています。

栃木県の交通事故 発生状況

栃木県の平成27年度の交通事故による死者数は98人で、全国ワースト13位となっていますが、人口10万人当たりの死者数でみるとワースト11位になります。続いては栃木県で交通事故が発生する状況を詳しく見て行きます。

栃木県の死亡事故の特徴を調べると

栃木県内で発生した死亡事故を様々な方向から分類したデータによると、全死者98人のうち51人が昼間の事故、47人が夜間の事故で亡くなられています。年齢層としては、65歳以上の高齢者が占める割合が最も高く、構成率61.2%となる60人の方が犠牲となっています。この構成率は前年比+36.4%となります。状態別に分けると、四輪車乗車中が37人、二輪車が5人、自転車が18人、歩行者が34人などとなっています。また、車両相互の事故による死者数は減少していますが、人対車両、車両単独の事故による死者数は合わせて6人増加しています。さらに、亡くなられた方のシートベルトの着用状況をみると、17人の方が非着用で、もしシートベルトを着用していたら生存していた可能性がある人の数は11人となっています。栃木県では平成26年から27年の間で高齢者の死亡事故が大幅に増加し、なかでも歩行中の高齢者が交通事故の犠牲となるリスクが高まっているようです。

栃木県の交通事故 発生の背景

栃木県では、平成25年頃から65歳以上の高齢者が関係する交通事故が右肩上がりで増加する傾向にあったため、平成28年度には更なる対策を講じ、事故の件数、死者数ともに減少させつつあります。人口10万人当たりの死者数は全国ワースト11位と高いランクにある栃木県ですが、県内で交通事故が発生する背景を見て行きます。

栃木県では「田園型事故」が多発

栃木県には宇都宮市、小山市、栃木市など経済都市として発展している地域がありますが、内陸部を中心に田園風景が広がるのどかな地域も多数あります。そのような地域では、「田園型事故」と呼ばれる周辺が田畑という見通しの良い道路で発生する交通事故が多発しています。「田園型事故」の主な原因は、コリジョンコース現象・車両の死角・錯覚による心理的落とし穴となっています。コリジョンコース現象とは、左右約35度程度のごく狭い範囲の視界の範囲外を見る「周辺視」においては「動かないものは認識しにくい」という特性によって、お互いの車両を見ることができたにも関わらず、衝突直前まで発見できなかったことによる「衝突=コリジョン」事故のことを言います。車両の死角による事故というのは、自動車のピラー(柱)による死角によって相手の車が認識し難くなることで起こる事故のことです。錯覚による心理的落とし穴による事故とは、見通しの良い道路では交差道路の幅が狭く見えるため、心理的に自分が通っている道路が優先だと思いこんでしまうことで起こる事故のことを言います。見通しが良いから安全だという認識は間違いです。見通しが良いからこそ、予想外の危険が潜んでいることを忘れてはいけません。

栃木県の交通事故の問題点

ここまで、栃木県内の交通事故の特徴や交通事故に関するリスクを詳しく見て来ました。栃木県では、宇都宮市を中心に、高速道路や国道など都市部での交通事故発生件数が多いのですが、郡部の田園地帯においても死亡事故を含む重大な交通事故が多発しています。道路が渋滞していると追突事故が増えますが、渋滞していなくても小さな心の油断によって事故を起こしてしまうことがあるのです。次は、栃木県が抱える交通事故の問題点を探って行きます。

夜間に発生した交通事故の方が死者を出すリスクが高い

栃木県内で発生した死亡事故は昼間よりも夜間に多いのですが、人身事故における死者数の割合をみると、昼間の事故による死者数は51人/4,433件となっていますが、夜間の場合は47人/1,894件となるため、夜間に発生した交通事故の方が確率的に見て2倍以上死亡事故につながりやすいことになります。夜間の事故では横断歩道以外の場所を横断中の死亡事故が多く、反射材など目立つものを歩行者が着けていればドライバーに発見されやすいですが、着用していないと横断する歩行者を見つけ難くなります。

飲酒運転による交通事故の実態

栃木県内では飲酒運転が関係した交通事故が多数発生しています。平成26年には年間  84件でしたが、平成27年には前年より25件増え年間109件発生しています。飲酒運転事故による死者数は6人(昨対±0人)ですが、負傷者数は前年から24人増加し、140人となっています。交通事故の発生件数は全体としては減少していますが、飲酒運転に関わる事故が増えているということは大きな問題です。飲酒運転の場合は、運転操作を誤るなど犠牲者を出す重大な事故になる可能性が高く、全国的にも飲酒運転撲滅に力を入れています。栃木県の現状を県民一人ひとりがしっかりと受け止め、官民が協力しながら飲酒運転をなくすよう努力する必要があるでしょう。

栃木県の交通事故問題の背景

栃木県では飲酒運転に関連する交通事故が増加し、多くの死傷者を出しています。交通安全のための取り組みが成果を上げ、交通事故、死亡事故を減少させている栃木県ですが、未だ多くの課題を抱えていると言えるでしょう。

歩行中・自転車乗車中の高齢者が多数犠牲となっています

栃木県で発生した死亡事故のうち、歩行中、自転車乗車中に事故に遭って亡くなられた方は52人となっていますが、そのうち38人(歩行者34人・自転車18人)が65歳以上の高齢者でした。このような傾向は全国的にも顕著になって来ていますが、栃木県においても同様の問題が発生しています。特に夜間に横断歩道以外の場所を横断中に事故に遭う高齢者が多く、歩行者側も大きな危険を冒していることは否めません。また、田園地帯では見通しが良く交通量が少ないことから速度を出しすぎるドライバーが多く、出会い頭に歩行者、自転車と衝突した場合、死亡事故となる確率が高いと言えます。

自転車関連事故の割合が上昇

栃木県では交通事故発生件数が年々減少している中、自転車が関係する交通事故に関しては約10年間で1.5倍程度増加しています。県内の自転車交通量は市街地部などの中心地に集中しており、自転車交通量の多いエリアでは事故のリスクも自ずと高まります。特に宇都宮市内では自動車の交通量が多いエリアと自転車の交通量が多いエリアが重なっているため、交差点内やT字路などで事故が多発しています。そのため、県では自転車が安全に走行できる自転車専用通行帯を増やすなど、「栃木県晩自転車利用環境創出ガイドライン」を設け、多岐にわたる対策を講じています。

ここまで見て来たとおり、栃木県では飲酒運転による人身事故、高齢者が関わる死亡事故が増加しています。交通事故の件数は着実に減少して来ていますが、未だに死者数は全国ワースト13位という現実があります。栃木県では「交通指導取締り重点違反」を設定し、無免許運転、飲酒運転、著しい速度超過を特に厳しく取り締まっています。

交通事故は小さな気の緩みから起こります。また、予期せず巻き込まれてしまうこともあります。ドライバーは交通ルールを守り、安全運転を第一に考えて自動車を運転しなければいけません。しかしながら、もし不幸にもあなたが交通事故を起してしまったら、交通事故に遭ったら、栃木県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善の事故処理を行ってくれる地域密着型の弁護士のサポートが必要となってきます。交通事故によって発生する様々な問題を一人で抱え込まず、信頼できる弁護士とともに解決しましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所