【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

宮崎県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 宮崎県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全27件)
115件を表示(全27件)

宮崎県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

宮崎県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、宮崎県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

綾町 国富町 東郷町
えびの市 小林市 南郷村
えびの町 五ヶ瀬町 南郷町
門川町 西郷村 西米良村
川南町 西都市 日南市
木城村 佐土原町 野尻町
木城町 椎葉村 延岡市
北浦村 新富町 日之影町
北浦町 須木村 日向市
北方村 高岡町 美郷町
北方町 高崎町 三股町
北川村 高城町 都城市
北川町 高千穂町 宮崎市
北郷村 高鍋町 諸塚村
北郷町 高原町 山田町
清武町 田野町 山之口町
串間市 都農町

宮崎県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

宮崎県の交通事故に関する相談件数は横ばいです

九州弁護士会連合会(九弁連)に属する宮崎県弁護士会では、県民が気軽に法律に関わる相談ができるよう無料法律相談の普及に尽力しています。そのうち、交通事故センターに寄せられた無料法律相談の件数は、2013年は年間423件でしたが2014年も422件とほとんど変わりませんでした。九州地方にある8つの弁護士会のなかでは、交通事故発生件数の多さで知られる福岡県が1,957件と相談件数の多さでワースト1位ですが、ほとんどで減少傾向にありますが、宮崎県は3番目に少ない相談件数となっています。

宮崎県の無料法律相談の件数は増加傾向

日弁連による「弁護士白書」のデータを見ると、宮崎県における有料法律相談の件数は2013年度には274件でしたが2014年度には244件まで減少しています。一方で、無料の法律相談の総数に関しては、この間7,027件から7,271件まで増加しており、県民が無料法律相談を気軽に利用できる環境が整いつつあるようです。内訳としては、弁護士費用の扶助が受けられる日本司法支援センター(法テラス)に寄せられる法律相談の件数が特に増えていました。

 

宮崎県では法律相談の件数が増加傾向にありますが、高まるニーズに応えることができるほど弁護士数は充分なのでしょうか。「弁護士白書」で人口1万人当たりの弁護士数を調べてみると宮崎県は1.16人となっていました。九州地方の他県をみると、福岡県2.25人、熊本県1.43人、大分県1.28人、佐賀県1.17人、鹿児島県は1.14人、長崎県1.13人などとなっているため、宮崎県の弁護士数は九州地方のなかでも少ない部類に入ります。

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 129人
弁護士法人会員 77法人
外国特別会員 0人

高齢者事故が増加している宮崎県

宮崎県警察が発表している「平成27年宮崎県の交通事故」データを見ると、この年、交通事故による死者数は52人となっており、前年の49人を上回っています。交通事故(人身事故)の発生件数は9,759件から9,455件まで減少しているなか、死者数を増加させる結果となっています。物損事故は22,772件発生しており、総事故件数は32,227件に上ります。第1当事者の年代別では、65歳以上の高齢者の事故が最多で、次に20歳代の事故が多かったのですが、高齢者事故は昨年より25件増加し、20歳代の若者の事故は119件減少しています。

宮崎県弁護士会では無料の交通事故相談を実施しています

宮崎県弁護士会では、県央、県南、県西、県北の4地区において、市役所、社会福祉協議会等と協同で無料法律相談を実施しています。会場それぞれで相談対象や申込方法などが異なります。また、県央地区では弁護士会による有料の一般法律相談(30分5,000円)を実施していますが、交通事故相談に関しては無料相談を行っています。さらに、(財)日弁連交通事故相談センターの宮崎支部では交通事故法律相談を無料で実施しています。相談場所は、宮崎県弁護士会館内の宮崎相談所です。開催日時は、第1・3火曜日の13時30分~16時となっています。必ず事前に予約を入れて下さい。電話番号は0985-22-2466です。

宮崎県の交通事故の加害者・被害者事情

宮崎県内の交通事故発生件数・死者数は減少しています

宮崎県は平成27年に交通事故発生件数、負傷者数を前年より減少させることができました。しかし、死者数は前年より3人増加しています。「第9次宮崎県交通安全計画」では、「平成27年までに年間の24時間死者数を39人以下、死傷者数を9,000人以下とする。」という目標を掲げていましたが、いずれも達成することが出来ていません。宮崎県の過去10年間の交通事故発生件数、死者数は以下の表のとおりとなっており、事故の件数は平成22年以降減少傾向を維持しているものの、減少していくスピードは緩やかと言えるでしょう。

年度 交通事故発生件数 死者数
平成18年 10,090 96
平成19年 9,820 80
平成20年 9,384 48
平成21年 11,000 73
平成22年 11,000 51
平成23年 10,967 49
平成24年 10,779 50
平成25年 10,458 59
平成26年 9,759 49
平成27年 9,455 52

宮崎県の交通事故の特徴

宮崎県警察が発表している平成27年度の交通事故概要からこの年の事故の特徴を調査しました。第1当事者の年代別では65歳以上の高齢者の割合が最も多く、全体の22.8%を占めています。前年と比べると25件増加しています。時間帯では17時から19時までの間に事故が1,629件と多く、その割合は全体の17%を超えています。事故の発生原因別では、前方不注意、動静不注視、安全不確認が要因となる事故が全事故の70%を超えており、ドライバーの緊張感を欠いた漫然運転によるものが目立ちます。また、人身事故は減少傾向を維持していますが、物損事故に関しては平成18年より2,000件以上増えており、平成27年には年間22,772件発生していました。

宮崎県の交通事故 発生状況

宮崎県では平成27年に52人の方が交通事故によって尊い命を落としています。また、事故の発生件数は減少していますが、死者数は前年より3人増加している状況です。交通事故の発生件数を都道府県別で見るとワースト18位(平成26年度)となっており、交通事故発生率(事故発生件数/車保有台数)という観点でみると、宮崎県は1.04%で全国ワースト6位という非常に高いランクに位置しています。

宮崎県は高齢者が犠牲となる事故が多発

宮崎県の「平成27年中 交通事故発生状況」を詳しく見て行くと、65歳以上の高齢者が関わる事故の多さが目立ちますが、交通事故による犠牲者を年代別にまとめると、全死者数52人中35人が65歳以上の高齢者となります。また、35人中23人が75歳以上の後期高齢者という状況です。前年と比較すると平成26年の65歳以上の高齢者の死者数は31人であったため、この年代だけで4人増ということになります。次に多い年代は、60~64歳が4人、30歳代が4人となっています。宮崎県では交通事故死者数が増加に転じており、大きな懸念を抱かせますが、高齢者が事故に遭うリスクが高まっていることが大きな要因と考えられます。

65歳以上の高齢者が死傷する事故を状態別でまとめたデータによると、死者数35人中19人が歩行中に事故に遭い亡くなっています。続いては自動車運転中の7人、二輪車運転および同乗中が5人となります。負傷者に関しては自動車運転中が圧倒的に多く、1,129人でした。自宅から事故現場の距離に関しては、死者では500m以下、50m以下が多く、負傷者では2㎞以上が高い割合を示しています。このデータでわかることは、自宅から近い距離を歩行中に事故に遭い、亡くなるケースが多いということです。

宮崎県の交通事故死者数は九州地方でワースト4位

平成27年に宮崎県で発生した交通事故による死者数は52人ですが、九州地方の他県を見ると、ワースト1位は福岡県の152人、2位は熊本県の79人、3位は鹿児島県の77人となっており、宮崎県はワースト4位に位置しています。宮崎県では前年より死者数を3人増加させていますが増減率は6.1%となり、都道府県別ではワースト13位となっています。こちらも九州地方の他県のデータを調べると、最も高いのは沖縄県の13.9%でワースト9位ですが、宮崎県の6.1%は九州地方のなかで2番目に悪い順位ということになります。

宮崎県の交通事故 発生の背景

宮崎県では高齢者が死亡する交通事故が増加しており、特に後期高齢者が犠牲となる事故が目立っています。また、歩行中に事故に遭い被害者が亡くなる事故が多発しており、ドライバーの漫然運転が多くの事故の要因となっています。続いては、宮崎県で交通事故が発生する背景を探って行きます。

宮崎県では高齢者人口が年々増えています

宮崎県では、全国的な傾向と同じく高齢者が加害者・被害者となる交通事故が増えていますが、その背景を調べてみると、以下の表でわかるように高齢者人口、高齢免許保有者数の増加が大きいようです。県全体では交通事故発生件数が減少していますが、高齢者事故に限っては5年間で100件以上増えてしまっています。宮崎県の総人口は平成28年10月10日の時点で1,104,377人となっており、平成22年の総人口1,135,120人から3万人以上減少しています。しかしながら高齢者人口は増えており、少子高齢化の影響もあり、宮崎県の高齢化率は年々上昇していくと予測されています。

年度 高齢者人口 高齢免許保有者 交通事故死者数
平成23年 291,214 154,511 27
平成24年 298,893 164,549 33
平成25年 308,106 176,489 33
平成26年 317,416 186,782 31
平成27年 324,354 194,436 35

宮崎県の交通事故の問題点

ここまで宮崎県で発生する交通事故に関する実情を見て来ました。宮崎県では高齢者事故が増え、交通事故による死者数が増加に転じるなど、その課題が浮き彫りとなっています。では、宮崎県の交通事故の問題点は何なのでしょうか。これから見て行きます。

歩行者事故で25人が犠牲となっています

宮崎県で平成27年中に発生した交通事故によって52人の方が犠牲となっていますが、そのうち25人が歩行者でした。発生状況としては平成27年には547件で、前年より21件減少していますが、死者数に関しては前年より9人増え25人となっています。原因別発生状況をまとめたデータによると、17人が交通ルール違反なしですが、残りの8人中4人が酩酊・徘徊が事故原因と判断されています。ほかには、信号無視、横断歩道外横断、斜め横断があり、歩行者側のルール違反が事故の要因となっていると言えるでしょう。

歩行者事故の年代別発生状況で見ると、死者数25人中19人が高齢者となっていました。負傷者数においては、539人中191人が高齢者、発生件数に関しても高齢者の割合が非常に高く、全年代の合計547件に対して207件です。

宮崎県の交通事故問題の背景

宮崎県では歩行中の高齢者が自宅から遠くない場所で交通事故に遭い亡くなるケースが多く、平成27年には年間19人の方が犠牲となっています。また、交通ルール違反をすることで事故に遭うリスクが高まることもわかっています。全国的に高齢化が進み、宮崎県においても同様の傾向を見せていますが、交通ルール違反が要因の交通事故は県民一人ひとりの心がけ次第で防げるのではないでしょうか。続いては、宮崎県が抱える交通事故問題の背景を調べて行きます。

高齢者が加害者・被害者となる事故が増えています

宮崎県では高齢者が事故に遭うリスクが高まっていますが、同時に高齢ドライバーが増えていることで高齢者が加害者となる事故も増加しています。高齢ドライバーは加齢による動体視力の衰えや運転操作の間違いなど、自身の思いに反して運転能力が低下していくことは否めません。宮崎県には多くの高齢ドライバーがいますが、安全不確認など漫然運転が原因とされる事故が増えていることと関係していると思われます。また、事故に遭う歩行者側も横断歩道以外の場所を横断するなど、ドライバー側が事故を防ぎにくい状況を作り出しています。特に高齢者の場合は、横断歩道まで歩くことが億劫で往来する車の直前直後を横断してしまうことが多いようです。ご自身では急いで横断しているつもりでも、思いのほか時間がかかり、車と接触してしまうこともあるのではないでしょうか。

宮崎県は高齢者事故の防止に尽力しています

宮崎県警察では高齢ドライバーによる事故が増えていることを受け、免許センター、警察署交通課などで高齢者の交通事故防止のための「認知症等高齢ドライバーの相談」を実施しています。加齢により運転に不安を感じるドライバーの免許更新について、家族が認知症と診断されたが車を運転し続けているなど、高齢ドライバーに関わる様々な不安や悩みを解消すると同時に、免許の自主返納制度を推進し、高齢者が加害者となってしまわないようアドバイスしています。高齢者が運転免許証を自主返納すると、バス料金割引、飲食料金割引、温泉入浴料金割引など多くのメリットがあります。また、運転者への安全講習なども行っているため、ご自身で判断が難しい場合は県警の指導を目安にすることができます。

これまで宮崎県の交通事故を詳しく調べて来ました。交通事故は加害者・被害者いずれにとっても平和な日常を奪う最悪の出来事です。自分自身が事故を起こさない、事故に遭わないため、必ず交通ルールを守り、思いやりとゆとりのある運転をすることが大切です。しかし、もしあなたが不幸にも事故を起こしたり、予期せず事故に巻き込まれてしまったら、宮崎県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善の事故処理を行うことができる地域密着型の弁護士によるサポートが必要となってきます。交通事故によって発生する様々な問題はけっして一人で抱え込まず、信頼できる専門家の力を借りて解決していきましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所