【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

岡山県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 岡山県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全69件)
115件を表示(全69件)

岡山県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

岡山県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、岡山県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

英田町 久米町 灘崎町
赤磐市 久米南町 成羽町
赤坂町 倉敷市 新見市
浅口市 興除村 西粟倉村
旭町 金光町 早島町
足守町 佐伯町 東粟倉村
阿波村 作東町 日生町
一宮町 里庄町 美星町
井原市 山陽町 備前市
有漢町 勝央町 備前町
牛窓町 庄村 備中町
大佐町 勝北町 福田村
大原町 昭和町 藤田村
岡山市 神郷町 船穂町
邑久町 新庄村 北房町
奥津町 上道町 真庭市
長船町 瀬戸内市 真備町
落合町 瀬戸町 美甘村
鏡野町 妹尾町 美咲町
笠岡市 総社市 三石町
勝田町 高梁市 御津町
勝山町 高松町 美作市
上齋原村 建部町 美作町
鴨方町 玉野市 矢掛町
加茂川町 茶屋町 八束村
加茂町 中央町 柵原町
賀陽町 中和村 山手村
川上村 津高町 湯原町
川上町 津山市 吉井町
吉備中央町 哲西町 芳井町
吉備町 哲多町 吉永町
清音村 東児町 寄島町
久世町 富村 和気町
熊山町 奈義町

岡山県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

●岡山県では交通事故に関する法律相談が大幅に増えています

中国地方弁護士会(中弁連)に属する岡山弁護士会が行っている法律相談には、有料のものと無料のものがあります。無料法律相談のうち交通事故センターに寄せられた相談件数は、2013年度は年間445件でしたが、翌年の2014年度には1,401件まで大きく増加しています。この相談件数は、中弁連に属する5つの弁護士会のなかで第1位となります。第2位は広島弁護士会の1,120件ですが、広島県は前年比-94件となっており、そのほかの弁護士会を見ても岡山弁護士会のように大幅に増加しているところはありません。

岡山県では弁護士への法律相談件数が急増しています

日弁連がまとめた「弁護士白書」によると、岡山弁護士会が行っている有料の法律相談件数はやや減って来ており、2014年には1,238件(昨対-58件)となっています。一方で、無料法律相談の件数に関しては、2013年には8,192件でしたが、2014年には9,041件まで増加しています。交通事故センターへの相談件数が大きく増したことが、無料法律相談の件数を増加させた最大の要因です。また、有料、無料を合わせた法律相談の総件数も、この間9,488件から10,279件まで大幅増となっています。

岡山県では無料法律相談の件数が大きく増加しているため、弁護士へのニーズも非常に高くなっています。「弁護士白書」で岡山県の人口1万人当たりの弁護士数を調査すると、2014年時点で1.91人でした。参考まで中国地方の他県を見ると、広島県1.93人、山口県1.12人、鳥取県1.17人、島根県1.09人となっています。これらの値だけ見ると岡山県は比較的恵まれた状況にあるようです。

岡山県は13年連続で人身事故の件数が減少

一般財団法人 岡山県交通安全協会が発表している交通事故統計データか交通事故の発生状況を見ると、平成27年には10,627件の交通事故(人身事故)が発生していました。前年と比べると307件の減少となります。平成27年の死亡事故発生件数は86件で、残念ながらこの年に87人の方が交通事故の犠牲となっています。また、このうち53人の方が65歳以上の高齢者で、全体の60.9%を占めています。こちらも前年と比べてみると、死亡事故の件数は-3件、死者数も-3人となります。人身事故の発生件数に関しては13年連続減少していますが、物損事故は前年より1,337件も増加し、48,532件でした。

岡山弁護士会では交通事故サポート相談に力を入れています

岡山県では県内11か所で弁護士による無料の交通事故相談を行っています。日弁連交通事故相談センターによる交通事故の無料相談は県内3か所で行われており、岡山弁護士会による交通事故の無料法律相談は県内8か所で実施されています。主な相談内容は、賠償責任者の認定・損害賠償額の算定・賠償責任の有無・損害の請求方法についてなどです。相談を行う場合は予め予約を入れておきましょう。

日弁連交通事故相談センター
窓口 相談時間
岡山支部 毎週月~金曜 午前9時30分~午後3時20分
倉敷支部 毎週木曜 午後1時~午後4時10分
津山支部 毎週火曜 午後1時~午後4時10分
岡山弁護士会法律相談センター
窓口 相談時間
倉敷法律相談センター 毎週木・金曜 午後1時~午後5時
津山法律相談センター 毎週火曜 午後1時~午後5時
井笠法律相談センター 毎週木曜 午後1時~午後4時10分
東備法律相談センター 毎週水曜 午後1時~午後4時10分
新見法律相談センター 毎週月曜 午後1時10分~午後4時20分
高梁法律相談センター 毎週火曜 午後1時~午後4時10分
勝英法律相談センター 毎週金曜 午後1時~午後4時10分
真庭法律相談センター 毎週金曜 午後1時~午後4時10分

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 368人
弁護士法人会員 198法人
外国特別会員 0人

岡山県の交通事故の加害者・被害者事情

岡山県の交通事故による死者数は全国ワースト16位

岡山県では交通事故発生件数が13年連続減少しており、死傷者数も減少傾向を維持していますが、平成27年度の交通事故による死者数を都道府県別で見ると、ワースト16位という状況です。中国地方のなかではワースト15位の広島県に次ぐ順位となります。人口10万人当たりの死者数は4.5人となっており、全国ワースト18位です。また、高齢者が犠牲となる死亡事故が大幅に増加しており、高齢化が進むこれから先を考えると大きな問題と言えます。全死者数における高齢者の割合をみると、以下の表のとおり高い割合で推移しています。

区分 平成25年 平成26年 平成27年
全死者数 107人 90人 87人
高齢死者数 58人 58人 53人
構成率(%) 54.2% 64.4% 60.9%

※岡山県交通安全協会調べ

また、高齢者が第1当事者となる死亡事故の割合も高く、全死亡事故86件のうち32件が65歳以上の高齢者が関係するものです。その内訳をみると、四輪車18件、二輪車3件、自転車5件、歩行者5件、その他1件でした。

多発するスピード違反による死亡事故

岡山県交通安全協会が調査した死亡事故に関するデータを見ると、死亡事故の多くはスピードの出し過ぎと前方不注視など漫然運転によるものでした。また、歩行者の事故に関しては前年比-6人と減少しているものの、薄暮時や夜間には高齢者が被害に遭う死亡事故が多発しています。最高速度超過が要因と思われる死亡事故は平成27年に9件発生しています。9件のうち4件が16歳から24歳まで若年ドライバーによる事故です。

岡山県の交通事故の発生件数は全国第13位

岡山県では13年連続で交通事故を減らしていますが、平成26年の時点では都道府県別でワースト13位という状況でした。人口、経済規模ともに上回る広島県が14位であるため、比較して考えると岡山県の交通事故の多さがわかります。同年の人口10万人当たりの交通事故死者数は4.7人であるため、この点でも広島県(4.1人)を上回っています。岡山県は南部の岡山市、倉敷市などに人口が局所集中していることもあり、都市部において事故が多いことが人口10万人当たりの交通事故死者数を増やす要因なのかも知れません。

岡山県の交通事故 発生状況

岡山県は人口10万人当たりで見ると広島県を超えるほど死亡事故が多いのですが、県民の努力によって着実に交通事故の件数および死傷者数を減少させています。一方で、高齢者が加害者・被害者となる交通事故は増加しており、全国的な傾向と同じく歩行中の高齢者が交通事故に遭うリスクが高まっています。また、前述のとおり岡山市、倉敷市など南部の大都市に人口が集中しているため、それらの地域で死亡事故が多発しています。続いては、岡山県内で交通事故が発生する状況を詳しく調査して行きます。

市町村別で死亡事故の発生状況を調査

平成27年に発生した交通事故で亡くなられた方は87人でしたが、その大半が岡山市、倉敷市で発生した死亡事故によるものです。岡山県警察がまとめた「交通事故発生状況」によると、死者数が最も多いのは岡山市の30人でした。続いては倉敷市の19人となっており、この2市で全体の56.3%を占めていることになります。また、それぞれに占める高齢者の数は、岡山市が18人、倉敷市が13人です。そのほか、津山市7人、備前市4人、玉野市3人、笠岡市3人など、人口の多い都市部で死亡事故が多く発生していることが分かります。一方で、瀬戸内市、美作市などでは平成27年に交通事故による犠牲者を出していません。

岡山県は単路での交通事故が多い

交通事故および死亡事故が多い場所というと全国的に交差点および交差点付近ではないかと思われますが、岡山県では単路での死亡事故の発生件数がより多く、全体の59.8%を占めています。岡山県では速度オーバーによる人身事故が多いと岡山県交通安全協会が発表していましたが、単路で速度を出し過ぎたことにより、犠牲者を出す重大な交通事故を起こしていると考えられます。死亡事故の発生状況を事故の類型別にみると、車両相互の事故による死者数が33人と最も多く、車両単独事故による死者数は31人、人対車両の事故による死者数は23人となっています。車両相互の事故においては正面衝突が最も多く、10人の犠牲者を出しています。岡山県で死亡事故を減らすためには、速度違反をしないよう県民の意識を向上させる必要があるようです。

岡山県の交通事故 発生の背景

岡山県では交通事故発生件数が全国ワースト13位で、人口10万人当たりの交通事故による死者数が比較的多く、西日本のなかでも交通事故が多い県と言えます。交通事故の原因としては速度オーバーなど交通規則違反も多く、交通事故を減少させていきたい岡山県にとって大きな問題となっています。次は、岡山県で交通事故が発生する背景を調査します。

岡山県は高齢者が多く都市部に人口が集中

岡山県の総人口は1,922,181人(平成28年4月1日時点)で、都道府県別では第20位となっています。人口の推移を見ると、国勢調査が行われた平成22年には1,944,986人であったため減少傾向にあることがわかりますが、他県からの移住者が多く、減少速度は比較的緩やかです。内閣府がまとめた「平成26年版高齢社会白書」によると岡山県の高齢化率は27.1%となっており、県民の4人に1人以上が65歳以上の高齢者というデータが示されています。将来予測としては高齢化が加速すると考えられており、全国的な傾向と同じく、これからは高齢ドライバーが増えて行くことになります。また、年々内陸部よりも瀬戸内海側の都市部に人口が集中してきており、岡山市、倉敷市などでは人口密度が高まっています。

岡山県の市町村別人口を調査

2016年6月1日時点の市町村別人口データを見てみると、最も人口が多いのは県庁所在地である岡山市の720,745人でした。県の総人口が約190万人であるため、1/3以上が岡山市に居住していることになります。次の多いのは倉敷市の477,501人、続いて津山市102,863人となっています。これらの地域は岡山県南都市圏と呼ばれており、そのほかの都市と合わせて約150万人の人口を擁しています。地方都市としては珍しく今後の成長が見込まれている都市圏であり、岡山市の政令指定都市移行を機に、再開発が進むと期待されています。このような状況にあるため、岡山県では人口が多い都市部において交通事故が発生しやすいと考えられます。

岡山県の交通事故の問題点

ここまで、岡山県の交通事故に関する実情を見て来ました。岡山県は13年連続で交通事故の発生件数を減少させるなど、県として交通安全対策に力を入れていることがわかります。一方で、交通事故による死者数は全国ワースト16位となっており、全国平均を上回っています。また平成27年中に県内で起きた交通事故による死者数87人のうち53人は65歳以上の高齢者という特徴的なデータがあります。今後、高齢化が進むと予測される岡山県において大きな問題と捉える必要があるでしょう。

岡山県では高齢者が第1当事者となる死亡事故が増加しています

岡山県では高齢化が進んでいるため高齢化率が比較的高く、自ずと65歳以上の高齢者が交通事故の犠牲となるリスクも高まっています。また同時に、高齢ドライバーが加害者となる交通事故も増加しており、事故類型を見ると車両単独事故において用水路に転落するなど運転操作ミスによる事故が多発しています。平成27年に県内で発生した死亡事故においては86件中32件が高齢者が第1当事者となる事故です。その内訳は、四輪車が18件、二輪車が3件、自転車が5件、歩行者が5件、その他が1件となっています。また、平成27年の歩行中の死者数は24人(前年比-6人)でしたが、そのうち65歳以上の高齢者は全体の79.2%を占める19人でした。

岡山県の交通事故問題の背景

岡山県では高齢者が加害者・被害者となる交通事故が増加しています。なかには運転操作ミスによる車両単独事故もあり、犠牲者を出しています。岡山県は瀬戸内海側の都市部を中心に再開発が進み、県外からの移住者も年々増えています。続いては、岡山県が抱える交通事故に関する問題点の背景を調査します。

シートベルトの着用率が低下しています

現在、「道路交通法第71条の3」によって、自動車(大型自動二輪車及び普通自動二輪車を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(以下「座席ベルト」という。)を装着しないで自動車を運転してはならない。自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(当該乗車装置につき座席ベルトを備えなければならないこととされているものに限る。以下この項において同じ。)に乗車させて自動車を運転してはならない。と義務付けられています。しかしながら、岡山県ではシートベルトの着用率が下がっていることを示すデータがあります。平成27年に発生した交通事故による死者数のうち、四輪乗車中の死者数は34人でしたが、そのうちシートベルト非着用死者が22 人となっており、前年比3人増です。さらに、うち21人(95.5%)はもしシートベルトを着用していたら命が助かっていたと判断されています。

非常に残念なことですが、高齢者などベテランドライバーのなかには運転中にシートベルトを着用しないひとが多く、助手席に乗車している際にも着用していない割合が高いと言われています。加齢によって運転操作を誤ることや、咄嗟の場合の反射動作が遅れるなど、交通事故につながる大きなリスクを抱えているのが高齢ドライバーですが、さらにシートベルトを着用していないとなると、死亡事故に発展するリスクを高めることになります。

岡山県は交通事故を減少させ続けることができるでしょうか

岡山県では高齢者の事故が増えているため、そのことに特化した交通安全対策を実施しています。交通安全協会では高齢者の方への交通安全講習・指導に力をいれており、まみむめも運動ともいわれる「高齢者交通安全5則」」を推進しています。「ま」は待つ、「み」は見る、「む」は無理せず止まる、「め」は目立つ、「も」はもっと知る、です。また、高齢者が歩行中に交通事故に遭わないよう反射材の着用を薦めるなど、行政機関も様々な活動を行っています。

このように、県全体が一丸となって交通事故の削減に尽力している岡山県ですが、交通事故は予期せぬ時に起こります。もしあなたが不幸にも事故を起こしてしまったら、また突然事故に巻き込まれてしまったら、岡山県の交通事故事情を正しく理解し、加害者、被害者いずれにおいても最善となる事故処理を行うことができる、地域に密着した弁護士のサポートが力になります。交通事故によって発生する様々な問題を一人で抱えず、信頼できる弁護士の力を借りて最善の解決方法を見つけましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所