【厳選掲載】交通事故問題に強い弁護士ランキング

三重県の交通事故に強い弁護士に相談

    • HOME
    • 三重県の交通事故に強い弁護士に相談
115件を表示(全35件)
115件を表示(全35件)

三重県の交通事故に強い弁護士に相談!
交通事故問題は?

三重県の交通事故専門弁護士 サービス対応地域

このページでは、三重県の下記市町村での交通事故に対応する弁護士事務所を掲載しています。交通事故への実際の対応については、各弁護士事務所へご確認ください。

青山町 川越町 鳥羽市
阿児町 紀伊長島町 豊里村
朝日町 紀勢町 長島町
安濃町 木曽岬町 長島町
安濃村 木曽岬村 名張市
阿山町 紀宝町 南勢町
飯高町 紀北町 南島町
飯南町 紀和町 白山町
伊賀市 楠町 浜島町
伊賀町 熊野市 久居市
伊勢市 桑名市 久居町
磯部町 芸濃町 藤原町
一志町 菰野町 二見町
いなべ市 島ヶ原村 北勢町
員弁町 志摩市 松阪市
上野市 志摩町 三雲町
鵜殿村 鈴鹿市 三雲村
嬉野町 勢和村 美里村
大内山村 関町 美杉村
大台町 大紀町 御薗村
大宮町 多気町 南伊勢町
大山田村 多度町 御浜町
小俣町 玉城町 宮川村
尾鷲市 大安町 海山町
亀山市 大王町 明和町
香良洲町 津市 四日市市
河芸町 東員町 度会町

三重県で交通事故の弁護士をお探しの方へ

三重県の交通事故センターへの相談件数は全国平均以下

中部弁護士会連合会(中弁連)に属する三重弁護士会が実施している無料法律相談のうち、交通事故センターが対応した法律相談の件数を調査すると、2013年度は年間719件でしたが、2014年度には620件まで減少しています。中弁連に属する他県の弁護士会のデータを見ると最も多いのは交通事故死者数が全国ワースト1位の愛知県(1,809件)ですが、三重県は中弁連内で3番目に多い相談件数でした。全国平均は約900件であるため、三重県の交通事故に関する法律相談の件数は決して多くない値と言えます。

三重県民は法テラスを積極的に活用

日本弁護士連合会(日弁連)がまとめた「弁護士白書」によると、三重弁護士会が行った2014年度の有料法律相談の件数は763件でした。前年は964件だったため大きく減少していることになります。一方、無料法律相談の件数の推移を調査すると、3,630件から3,760件まで増加していました。法律相談全体としてはわずかに減少している状況にありますが、詳細をみると、弁護士費用に関する支援が受けられる日本司法支援センター「法テラス」の活用が進んでいるようです。

三重県の弁護士数を「弁護士白書」にて調査すると、2014年の人口1万人当たり0.93人となっていました。中部地方の他県を見ると、愛知県がもっとも多く2.39人、続いて、石川県1.44人、福井県1.29人などであるため、三重県の弁護士数は充分とは言えない状況です。

三重弁護士会は県内6か所で法律相談を実施

三重弁護士会は法律相談が県民にとって身近なものとなるよう以下のとおり県内6か所に法律相談センターを設けています。交通事故に関する相談は交通事故証明書を持参すれば基本的に無料です。事前に必ず相談日時の予約を入れる必要があります。相談日時は内容によって異なりますので三重弁護士会のホームページなどでご確認ください。尚、電話やメールでの相談は行っていません。

交通事故無料相談に関しては、相談者は事故の当時者又は4親等以内のご家族の方のみです。相談時間はお一人20~30分程度となります。相談できる内容は、事故の過失割合、保険金・治療費・慰謝料の金額、今後の対応方法などです。

窓口 受付電話番号
津法律相談センター 059-222-5957
四日市法律相談センター 0570-022808
伊勢法律相談センター 059-222-5957
松坂法律相談センター 059-222-5957
熊野法律相談センター 059-222-5957
名張法律相談センター 059-222-5957

会員数(2015年3月31日現在)

弁護士 178人
弁護士法人会員 98法人
外国特別会員 0人

交通事故証明申請手続きについて

三重弁護士会で交通事故に関する無料法律相談を行う場合、交通事故証明書が必要です。交通事故の発生場所に関係なく、自動車安全運転センター三重県事務所にて交付されます。事務所に直接行って申請するほか郵便振替で申請することもできます。(059-223-1231)月~金曜日(祝祭日を除く)の午前8時30分から午後4時30分まで対応しています。

三重県の交通事故の加害者・被害者事情

三重県の交通事故による死者数は大きく減少

三重県警察が発表している統計データ「平成27年交通事故発生状況」によると、この年三重県内で発生した交通事故(人身事故)の件数は7,169件でした。平成26年度は年間8,100件だったため、発生件数は前年を下回っています。負傷者の数を調べると平成27年度は9,517人で、こちらも前年比-1,200人と大幅に減少しています。死者数に関しても同様に減少しており、平成26年度から25人減の87人となっています。これらの数値を中部管区内6県と比べてみると三重県の交通事故(人身事故)発生件数はワースト3位となります。死者数も同じくワースト3位です。全国における三重県の位置を調査すると、死者数はワースト16位ですが、平成26年から27年の間の死者数増減数で評価すると、-25人という結果は全国でベスト1位となっています。

平成27年に三重県内で発生した交通事故による死者数は全国ワースト16位ですが、人口10万人当たりに換算すると4.77人となり、全国ワースト14位になります。しかし、前年の死者数112人を人口10万人当たりにすると6.11人で全国ワースト3位だったため、状況は非常に好転していると判断できるでしょう。

死亡事故の被害者を年齢層別調査

三重県警察がまとめた平成27年度の交通事故による死者数は87人ですが、被害者を年齢層別にみると、最も多いのは70歳以上の高齢者の40人でした。この数は全体の46%を占めています。続いては60歳~69歳の17人(19.5%)です。この2つの年齢層だけで全体の65%以上を占めており、三重県においては多くの高齢者が交通事故の犠牲となっていることがわかります。前年からの増減率をみると、50~59歳までの+20%が最も多く、続いて70~79歳までの年齢層が+11.1%となっています。

三重県の交通事故 発生状況

三重県の平成27年度の交通事故による死者数は87人で、前年に比べて25人減少していますが被害者の年代としては高齢者が多く、これから高齢化が進むと予測される地域にとって大きな問題となっています。一方、人身事故による負傷者に関しては30代から40代の働き盛りの方々の割合が多いのですが、仕事などで自動車を利用する頻度が高いため事故に遭う確率が高いことが原因と考えられます。

人身事故の第1当事者について

三重県警察がまとめた統計データ「平成27年度交通事故発生状況」において人身事故の第1当事者に関して詳しく見て行くと、自動車が起こした人身事故では30~39歳、40~49歳のドライバーによる人身事故の割合が高く、全体の約35%を占めています。また、65歳以上の高齢ドライバーによる事故の件数も多く、6,616件中1,263件です。三重県では若年運転者よりも高齢運転者の方が人身事故を起こす確率が高く、交通事故によって亡くなられる高齢者が多いことの要因にもなっています。

状態別に死者数をみると、平成27年に交通事故によって亡くなられた87人のうち最も多いのは自動車乗車中の32人ですが、歩行者も28人とかなり多い比率となっています。しかしながら、三重県では平成27年度に交通事故による犠牲者の数を大きく減らしており、歩行者の死者数が-8人となったことは評価できるでしょう。

三重県の交通事故 発生の背景

三重県は、人口10万人当たりの交通事故死者数が全国ワースト14位と比較的上位に位置していますが、平成27年には前年より25人も犠牲者の数を減らしており、非常に良い傾向となっています。一方で、高齢者が加害者・被害者となる人身事故、死亡事故が増加している現状があり、今後も増えていくことが予想されます。続いては、三重県において交通事故が発生する背景を調べて行きます。

三重県では都市部に人口が集中している

三重県の2016年4月1日時点の人口は1,815,827人です。都道府県別では第22位という平均的な順位となっています。2010年の国勢調査では県の人口は1,854,742人であったため緩やかではありますが減少傾向にあります。地域別にみると、人口が増えているエリアと大幅に減少しているエリアがはっきりと分かれており、経済的に発展している四日市市、津市、鈴鹿市、松阪市などに人口が集中する傾向があります。県内の人口密度ランキングを調べると、第1位は四日市市の1,510人/キロ平米でした。続いては桑名市、鈴鹿市、鈴鹿市となっています。県内の交通事故(人身事故)の発生件数においては、人口の多さに比例して四日市市が最多ですが、死者数でみると松阪市が圧倒的に多くなっています。

三重県では高齢化が加速していくと予測できる

内閣府がまとめた都道府県別高齢化率に関するデータによると、三重県の高齢化率は平成25年の時点では26.2%でした。全国的にみて平均的な値ですが、未来予想として平成52年には36%まで上昇すると考えられています。3人に1人以上の県民が65歳以上の高齢者という状況が訪れるということは、今後さらに高齢者向けの交通安全対策を強化し、高齢者が事故を起こさない、事故に巻き込まれない社会を作らなければいけません。

三重県の交通事故の問題点

ここまで、三重県における交通事故の発生状況を詳しく見て来ました。三重県では高齢者が当事者となる人身事故が増加し、人口が集中する都市部において交通事故が多発しています。続いては、三重県内で発生する交通事故の問題点を探っていきます。

高齢者事故の実態の調査

三重県の平成27年中の交通事故による犠牲者の数は87人となっており、前年より大幅に減少していますが、87人中52人が65歳以上の高齢者という状況です。三重県としては近年交通事故による死者数を着実に減少させていますが、高齢者の死亡事故に限って見てみると、以下の表のとおり減少傾向にはあるものの年度によっては増加に転じている年があり、けっして油断できない状況です。構成比率という面においては年々増していくのではないでしょうか。

年度 死者数
平成17年 67人
平成18年 70人
平成19年 55人
平成20年 56人
平成21年 65人
平成22年 71人
平成23年 53人
平成24年 48人
平成25年 49人
平成26年 57人
平成27年 52人

さらに、高齢者事故の実態を詳しく調べると、時間帯としては夜よりも昼の方が圧倒的に多く、構成比率は82%以上となっています。また類型別では追突事故が最も多く全体の30%以上を占めています。死亡事故のデータを見てみると、人対車両の事故においては横断中の事故が最も多く、こちらも構成率が30%以上となっています。車両相互の事故においては出会い頭の事故が多いのですが、注目すべきは車両単独事故における死亡事故の多さです。駐車車両に激突して亡くなられた方、路線逸脱によって亡くなられた方は合わせて3人ですが、工作物に衝突して亡くなられた方は9人と多く、前年から5人増加しています。工作物にぶつかる要因としては運転操作ミスによるところが大きいと思われ、高齢ドライバーが抱える重大なリスクであると考えられます。

三重県の交通事故問題の背景

三重県では、高齢ドライバーの単独事故が増えており追突事故も多いことから運転操作ミスのほか、危険を回避するための反射速度が弱まっていることが事故を起こすリスクを高めていると考えられます。人身事故の原因としては、安全不確認、静動不注視、前方不注意などが多く、死亡事故に限ってみるとハンドル・ブレーキ操作不適、安全不確認が最多要因となっています。また、歩行者の事故においては横断歩道外横断や車両の直前直後運転など歩行者側にも交通ルール違反があり、このことも高齢者が事故に遭う確率を高めています。

三重県は免許保有率が全国第9位

三重県警察がまとめた「交通白書」によると、三重県民の免許保有率は全国で9番目に多く、県民1.44人に1人が免許を持っていることになります。全国平均は1.55人に1人です。そのため自動車の保有率も高くなり、こちらは全国で第11位となっています。平成27年10月31日時点の県内の登録台数は1,508,752台ですが、自動車1台あたりの人数は1.21人となります。全国平均は1.57人です。免許を持っている人が多く、自動車の台数も多いということはその分交通事故の発生リスクが高くなるということです。これから高齢化が加速していく三重県では高齢ドライバーの数も自ずと増えていくため結果的に高齢者の事故が増えるということになるでしょう。

三重県では交通事故による死者数を10年間で半減させています

平成27年、三重県警察が設置された昭和29年以降における交通事故の死者数が最低を記録しました。10年前の平成17年には死者数163人であったため、半減させていることになります。昭和29年以降でもっとも死者数が多かったのは昭和46年の352人です。エアバッグの標準装備など自動車の安全性の向上、医療の進歩、交通安全対策の強化など、交通事故による死者数が減少している要因は数多くありますが、自動車を運転するひとが多い三重県において着実に死者数を減らしていることは大きく評価できるでしょう。しかし、平成25年から26年までのデータを見ると94人から112人まで一時的に死者数を増やしているため、今後もけっして油断はできません。また、県内のほとんどの地域で交通事故の発生件数が減少していますが、松阪市など一部地域は死者数が増加傾向にあり、より一層交通安全対策を強化する必要があります。

三重県警察では、交通事故抑止のための4S対策(シルバー・シートベルト、サケ、スピード)を強化し、様々な取り組みを推進することで交通事故を抑止できるよう努力しています。しかしながら、ドライバーのちょっとした油断、気の緩みから予期せず交通事故を起こしてしまうこともあります。もし不幸にもあなたが交通事故を起こしてしまったら、交通事故に巻き込まれてしまったら、三重県の交通事故状況を正しく理解し、加害者、被害者いずれの場合も最善の事故処理を行ってくれる地域に密着した弁護士のサポートが重要となってきます。交通事故によって発生する様々な問題を一人で抱えず、経験豊富で信頼できる弁護士とともに解決していきましょう。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害(むちうち症など)の認定を相談したい。

弁護士案内

電話相談
完全無料!
掲載弁護士数
1
本日の問合せ数
0
累計問合せ数
0
交通事故専門の
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所