交通事故の慰謝料

慰謝料の種類・算定基準など交通事故被害者に役立つ慰謝料の基礎知識

慰謝料の基準は3種類!もっとも金額が高い「裁判基準」の慰謝料を得る方法

この記事のポイント

  1. 慰謝料とは、事故が原因で負った精神的・肉体的苦痛に対する補償金
  2. 交通事故の慰謝料には、相場(算定基準)がある
  3. 慰謝料の算定基準は3種類あり、「裁判基準」による金額がもっとも高い
  4. 保険会社は金額の低い基準で算定した慰謝料を提示してくる
  5. 保険会社との交渉や裁判を弁護士に依頼すれば、「裁判基準」にもとづいた慰謝料が得られる

損害賠償金のなかで大きな割合を占める「慰謝料」

物損事故の場合は慰謝料を請求できない

交通事故の損害賠償金のなかで大きな割合を占めるのが「慰謝料」です。これは事故が原因で負った精神的・肉体的苦痛に対する補償金のこと。車の修理代やケガの治療費、休業損害などとは異なる損害項目です。ただし、被害者にケガのない物損事故の場合は慰謝料を請求できません。

3種類の慰謝料「入通院」「後遺障害」「死亡」

交通事故の慰謝料には以下の3種類があります。

(1)入通院慰謝料

交通事故が原因で入院、または通院を強いられた際の精神的・肉体的に苦痛に対する慰謝料です。その金額は治療日数などに応じて決まります。

(2)後遺障害慰謝料

交通事故が原因で後遺障害が残った際の精神的・肉体的に苦痛に対する慰謝料です。その金額は後遺障害の等級(重さを表す指標)に応じて決まります。後遺障害が認められるためには通院が必要なので、「入通院慰謝料」も併せて支払われることになります。

(3)死亡慰謝料

交通事故が原因で被害者が亡くなった際、遺族に対して支払われる慰謝料です。「亡くなった被害者本人に対する慰謝料」と「遺族に対する慰謝料」という2種類の損害賠償金が発生します。なお事故から亡くなるまでに期間があったケースは「入通院慰謝料」も支払われます。

慰謝料の金額を決める基準は3つもある

自賠責保険基準<任意保険基準<裁判基準

事故による精神的・肉体的苦痛は人それぞれですが、支払われる慰謝料の金額には“相場”が存在します。つまり、一定の基準にそって(治療日数や後遺障害の重さなどに応じた)慰謝料が決まるわけです。

個別の具体的事情が考慮されて金額が増減することもありますが、ベースとなる慰謝料の算定は定型化されています。

同じ条件でも各基準によって慰謝料の金額が異なる

しかしながら、慰謝料の相場はひとつではありません。慰謝料の算定には以下の通り、3つの異なる基準が併存しています。同じ条件でも使う基準によって慰謝料の金額が異なるので、注意してください。

① 自賠責保険基準

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は法律にもとづく強制加入保険です。国が決めた必要最低限の補償のため、3つの基準のうちでもっとも低い金額になります。

② 任意保険基準

それぞれの任意保険会社が独自に定めた基準です。内容は保険会社ごとに異なりますが、自賠責保険の基準よりも少し高い程度。加害者が任意保険(いわゆる自動車保険)に加入していると、原則としてこの基準による慰謝料が提示されます。

③ 裁判基準(弁護士基準)

過去の判例で認められた金額にもとづき、弁護士が任意保険会社と交渉するときに使用する基準です。いちばん金額が高く、法的に適正な基準です。裁判になれば、この基準をもとにした慰謝料が支払われます。

具体的な金額は公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する書籍『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準』(通称:赤い本)に記されています。

保険会社から示談案を提示されたらココに注意!

最初に提示される慰謝料は「裁判基準」より大幅に低い

事故による損害内容が確定すると、加害者側の保険会社から示談案(慰謝料を含む損害賠償金)が示されます。そこでの慰謝料は「自賠責保険基準」や「任意保険基準」にもとづいた金額です。「裁判基準」と比較して、半額以下におさえられていることも珍しくありません。

基準が違うだけで、数百万円から数千万円もの差が生じるケースも

死亡事故や重い後遺障害が残った事故の場合、数百万円から数千万円もの差が生じているケースがあります。ですから、示談書に安易にサインしないように注意してください。まずは弁護士に相談して、裁判基準での慰謝料を確認したほうがいいでしょう。

相手方の保険会社は被害者の味方ではない

ただし、被害者や遺族が保険会社と交渉しても、裁判基準による慰謝料が提示されることはありません。担当者から「これが最大限の金額です」などと増額した慰謝料を説明されたとしても、少し金額が上乗せされた程度。「任意保険基準では最大限の金額」という意味にすぎません。

任意保険会社が「自賠責保険基準」を意図的に使う理由

本来、任意保険は自賠責保険で足りない金額を補うための保険です。しかし、自社の支出(保険金の支払い額)をおさえるために、最初は自賠責保険と同じ金額しか提示しないケースがあるのです。当然、「裁判基準」の存在についても説明してくれません。相手方の保険会社は被害者の味方ではないのです。

もっとも高い「裁判基準」の慰謝料を得るためには

弁護士に保険会社との交渉、または裁判を依頼する

では「裁判基準」の慰謝料を得るためには、どうすればいいのでしょうか?それは弁護士が保険会社と交渉、または裁判を行うことです。裁判基準は過去の判例にもとづいているので、訴訟を起こせば同基準での慰謝料が認められます。

訴訟も辞さない姿勢を示せば、裁判基準に近い金額が提示される

加害者側の保険会社も「訴訟を起こされたら、裁判基準で支払わなければならない」ということは理解しています。そのため、弁護士が訴訟も辞さない姿勢で交渉すると、示談交渉でも裁判基準に近い水準の慰謝料が提示されるでしょう。

保険会社が譲歩しなければ、訴訟か紛争解決機関に申し立てを検討

もしも保険会社が譲歩してこなかったら、実際に訴訟を起こすか、公的な紛争解決機関(交通事故紛争処理センターなど)への申し立てを検討してください。ただし、過失割合など争点の有無によって最適な手段は異なります。

当サイトでは初回相談無料の法律事務所を紹介しているので、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

この交通事故問題に関する記事が役に立ちましたら共有お願いします。

交通事故に巻き込まれてしまい、弁護士をお探しの方へ

当てはまるなら、すぐに弁護士に相談!

  • 保険会社の対応に不満がある。
  • 保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない。
  • 過失割合に納得がいかない。
  • 後遺障害の認定を相談したい。

「交通事故の慰謝料」記事一覧

弁護士案内

電話相談
完全無料
掲載弁護士数
3788
累計利用者数
200,000人~
交通事故に強い
弁護士をご案内します。

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東地方
甲信越・北陸地方
東海地方
関西地方
中国・四国地方
九州・沖縄地方

問い合わせの多い
弁護士事務所